スタジオセッション-454
希望小売価格10290円。購入価格約2000円。
製品HP(エツミ) http://www.etsumi.co.jp/catalog/product_info.php?cid=375&pid=1357&page=1
貼ったHPはエツミですが買ったものはエツミのでは無いです。いろいろなところからこの製品は売られてますが基本的に全部一緒のものです。
うさんくささ満載のパッケージ。アメリカ国旗ドカーンなんてなってる製品ロクなもの見たことない。ちなみにアメリカ製かどうかもわかりません。どこ製との記載はどこにもなし。まぁ毎度おなじみ謎の中国製だと思いますが。
そんなことで商品の質はおさっしのようなもの。しかし写真や動画を撮る上でかなりの便利アイテム。そんなへんなもののご紹介。

スクリーンショット (1453)
エツミの製品ページから画像拝借。どんなものかってことですが名前の通りカメラをハンズフリーにするショルダーパッドてこと。こういうのを見るといわゆるのステディカムという装備を思い浮かべる方が多いかと思うが、それとはちょっと違っていて前にスリックのプロミニという小型三脚のところで紹介したチェストポッドのハンズフリー版と思っていただいたほうがいいです。ステディカムのようにブレを吸収するということはできないが手離しでカメラをがっちりと固定はできるという自分を三脚化するというもの。
三脚つかわずカメラが固定でき両手が空くとなるといろいろと使いかたは思いつくと思います。

スタジオセッション-455
重量は880g。大きさは広げると縦横40センチくらいかな。金属でできてるように見えますがオールプラ。実物はものすごいちゃっちいです。製品の質もひどいものでキズだらけ。スポンジもついてますがかなりやすそうなウレタンスポンジ。880gってきくと重そうですが大体の人が持つと見た目より軽いと思うはず。

スタジオセッション-456
付属品はベルトとカメラプレートと延長プレートと袋。延長プレートなどについてるネジはいわゆるのカメラの小ネジってタイプのもの。そういうことなんでカメラの三脚につけるようなものならなんでもくっつきます。
そういえばベルトはふにゃふにゃ。袋もいまどきこんなの探すほうが難しいというようなペラペラのもの。

スタジオセッション-457
肩にパッドをのせ腹というか肋骨したあたりにパッドをあて挟んで固定ってもの。ちなみにこれは右肩専用。けど左でもつけられなくもなくというかどっちでもいい感じ。固定力はひとそれぞれでしょうね。体型でかなりかわる。けどベルトをぎっちりしめればなんとかなるかなと。使いやすいかどうかは別ですが。

スタジオセッション-458
こんな風に俺は三脚用の雲台つけての運用。カメラを直につけると細かい角度調整がやりづらいのでなにかしら雲台のようなものつけたほうがいいのかなぁと。雲台つけなくても角度の調整はパッドの位置をずらすことによって可能。ここらへんは使うカメラだったりなんだりでどれがいいってこともないのよな。

DSC_7413
なにはともあれ実戦。あとで使うようの写真ですがこんな感じで両手離して写真が撮れると。左手にリモコン見えますがリモコンでセルフタイマーで撮ってます。三脚使えばいいじゃんってなるでしょうが、顔と手の間に三脚立てるってけっこうつらいというか三脚を置く場所や三脚がうつっちゃたり、こういう手持ちはいいが動かせないようなもので両手で触ってとなると高さ調整がけっこうやっかい。てことで体にカメラくっついてるといろいろ楽。これからバイク整備とかたくさん書くことになるんでそういう時は両手必要なんでね。

スクリーンショット (1454)
と本題というかこの商品を見つけるきっかけというか買うきっかけの話にもなるんですが、バイクの車載動画が撮りたいなぁとずっと前からは思ってたが本格的にちゃんとしようといろいろとカメラやバイクにつけるホルダーやらなんやらと物色。GoPro買えばいいだろと言われそうですが個人的に買うには納得いかないところが多いものでね。それに使ってる人多いのでおもしろくない。でこれを発見。これにカメラつけてバイク乗ればいいんじゃね?と。バイク車載動画の場合の一番の問題の車体の振動による揺れってのも体につけるとかなりマシになるし、今持ってるカメラも使えるし一番は費用が安く上がるってことですがね。なんだかんだいろいろ考えてたら数万コースになりそうだったもんで・・・。これで試しで満足して終わりにしましょと。買わないと収まらない衝動は何か買ってごまかすです。

それはいいとして上の画像は俺が撮った動画のキャプ。一眼つけてるのかよww ってことですが一眼つけなきゃなにつけるってS95つけろよってな。いや一眼動画の車載のしかもバイクってあんまりないじゃん?みたいな。
これもいいとしてこれで体にカメラつけて運転となるとよく考えなくても危ないです。見た目が危ないじゃなくて転んだらどうなるかなんてよく想像しないでもひどいことにしかなりません。これ見てマネしてみようって人はそういう危険があるってことは重々承知の上で自己責任でお願いします。
まぁそのまえに見た目の危なさというかひどさにだれもマネしたがりませんがね。その装着画像撮れよってことでしょうが何があっても撮らねーよ恥ずかしいw まぁカブにまたがってヘルメットかぶって変なの体につけて肩から一眼飛び出してるって文章だけでもひどいです。

DSC_7414
見た目や危険性とかは抜きにしてバイク車載用に使うとしての問題点が一つ。それなりにがっちり体に貼りついてるように見えますし実際一眼乗せたとしてバイクにのっても体からパッドが取れちゃうってことは無いんですが腹部分のパッドがずれてカメラがナナメになったり体からパッドが離れるので上下に揺れちゃう。撮れなくはないんですがちょっとね。てことで改造。安いものだしもともと傷物みたいな質なんで躊躇なし。
胸パッドがついた棒の付け根をハンダゴテで穴空け。樹脂なんで普通にハンダゴテで穴あけられます。で部屋にころがってたなんかのバックの腰ベルトをちょっといじって穴に通して完成。胸あたりにするベルトを追加したってことです。どうして胸にもベルトないの?と思うくらい固定力は上がります。バイク車載というなら胸ベルトはほしいね。
改造をもしするって人に注意はこのやり方だと強度がさがるって不安はあるので壊れてもいい人はやりましょう。これ以外にもいろいろやり方はあるかと。同じやりかたでもベルトなんてねーよってなると思いますが100円ショップにあるウェストバックのベルト取ったりなんだりいろいろ方法はありますよ。


ということでこれも実戦を。カメラはニコンD90。動画数本あげてますがD90のは初だったり。音がモノラルなので使いたくなかったのよ。動画を見る人に注意点としては風切り音がひどいです。音消してとも考えたが音はどうでもいいのでそのままがいいかなと。気になる人は音消してください。あとは画質が悪いです。正直D90の動画使い方よくわかってなかったり。ついでに世界初の動画搭載一眼なので使い勝手が悪いのよ。それとエンコや編集もたしかミスでついでにピントもどこにあってるんだかなんだか。ついでになんか左に傾いてるし。あと5分で強制的に撮影終了ってのも知らなかったので変なところで終了に。
見てほしいところは動画のブレ具合のただ一点。このショルダーパッドに胸ベルトつけたもので一眼つけてカブにのって普通の速度で走るとこんな感じに撮れますよと。ただそれだけです。
運転自体は突っ込みどころは無いかと。スピード違反とかしてませんよ。それ以前に4分くらい動画あるのになぜ対向車の一台もでてこないの?とかいろいろ突っ込みたくなると思うのでw まぁこの製品に興味なくてもお暇で田舎の道見たい人はどうぞ。

まとめますか。2000円にしてはけっこう遊べるいいおもちゃだなと。いろいろと写真や動画の創作意欲がわきます。が逆にいえばおもちゃのいきは出ていない不完全ともいえるもの。誰にでもすすめられる使い方はビデオやカメラのチェストポッドとしてのみ。ハンズフリーとはなってるが誰でもうまく撮影というなら片手はそえたほうが無難ですし、ビデオに使うというなら歩きながらもつかえるビデオスタビライザーのほうがよさそうだし、カメラでもこれ使うようなところって意外と無いしなくても今はいけなくもない。
何度もかくが結局はおもちゃ。ただしおもちゃなだけに無限の可能性もある。完成度が低いだけに工夫次第でいろんなことにつかえる幅の広さはあります。値段が値段なんで素人が手だしちゃいけないとまではいいませんがカメラ玄人という言葉も変ですがカメラというよりその周辺機器が好きな人にはお勧めなんじゃないのかね。
それにこれを体に取り付けた姿に耐えられるのはある意味で素人は無理って話ですw
ただし値段が安いですのでお試しはありでしょう。ビデオスタビライザーって高いしね。けどダメな場合があるのは重々承知しましょうね。そして通販で買うとして価格の幅は広いです。商品の質みるかぎり3000円以上はだしちゃいけないってもの。変に高いところから買わないようにしましょう。
2013/8