スタジオセッション-465
発売日2012/4 緑と水色は2013/5 希望小売価格819円(税込)購入価格約550円
バイク用品で手袋とか安くていいのと探すと必ずでてくるともいっていいメーカーがおたふく手袋。基本的にはお仕事用の軍手みたいなのや安全靴など売ってるメーカー。
で夏、バイクとなるとそこらへんでよく見ると思いますが半袖Tシャツで乗るわけですよ。ってこのごろなんか一枚は羽織る癖ついてる俺ですけどね。それはいいとして夏半袖でバイク乗るとどうなるかというと止まると日光で腕が焼けるように暑くなる。でちょっと涼しいと運転してるときは寒い。で雨でカッパみたいの着ると汗で腕がカッパにくっつく。正直夏場はバイクにゃきついのよね。長袖Tシャツ着ろよといわれそうだがあれはあれで暑くてね止まると。でそういえばアームカバーってあるよなと。あれだとつけ外し簡単そうだしバイク乗るときつけて降りたら外してみたいにするといいんじゃね?みたいな。で試してみようとアームカバーの中で安いこれを。
なんでこの色?となるが安かったんでw まぁ黒とか白とかのTシャツで腕まで白か黒でもしゃーないだろうってのもあったがね。バイクで使うなら目立っていいやろってのもありました。
そんなことでレビュー。

スタジオセッション-466
カラーは黒白緑水色。黒はかなり人気あるんですぐ売り切れますのでご注意を。
長さは44センチくらいか通常だと。思いっきり伸ばすと70センチくらいになります。サイズはフリーですが長さが足りなくなるって人はいないかと。
素材はポリエステル95%ポリウレタン5%。かなりつるつるっとした手触り。

DSC_7413
袖口、これは広いほう、腕の上のほうにいくほうですね。通常時が13センチくらいで伸ばすと写真みたいに18センチくらいまで広がります。腕下ののほうのせまいほうは通常9センチの伸ばすと13センチくらいまで。円周の長さじゃなくて写真みたいに片側の長さね。
これもだいたいの人で大丈夫だとは思うが。個人的には袖口、腕下のほうのせまいほうがもうちょっと狭くてよかったかなと。

スタジオセッション-467
上が表で下が裏。縫い目のところで判断するしかないのよな。けっこう裏で装着してしまいますw こういうアームカバーだと袖口に滑り止めのゴムみたいなのついてたりするんですがこれは無し。そういうところでカブレちゃったりする人もいるんでないほうがいいのかな。そこまでずり落ちるという感じは今のところなし。
かぶれの話ですがからだに密着してしまうし素材が素材なんでかゆみやかぶれが絶対出ないとは言えません。だめだと思ったらすぐに使用は中止しましょう。こればっかりはしょがないことなんで。

スタジオセッション-468
さてまとめ。正直こういうのってどうなの?冷感とかなってるけどどっちにしろ一枚服着ると同じなんだから暑くなるだろ?ドライTシャツとかけっきょく微妙だったりよくするじゃんそれと同じだろ?みたいに思ってたのですが、いや〜いいっすねw つけたら肌だしてるときより涼しく感じるんだよねー。汗の乾きがよくなるのでそれでこう感じるのかね。でバイクで使用。乗ってなくても涼しく感じるので乗ったらやばいんじゃね?と思ったらそういうこともなく。日がてってたり暑い日だと太陽が素肌にあたらずちょうどいい感じ、ちょっと寒いときは風が防げてちょうどいい温かさに。乗ってるときでも降りたときでもほぼ腕の温度の感じはかわらない。涼しくするというよりは腕の表面の温度を一定に保ってくれるというのが正確なのかなといや〜なんかすげーやとちょっと感動。

バイク降りたら暑いだろうからすぐ外そうって思ってたがその必要はまったくなし。恥ずかしい格好だが付け心地いいのでコンビニにこのまま入っていってしまいましたw それこそ室内だと冷房よけになっていいのよね。
バイクだけじゃもったいない他にも使いたいとすぐもう一本注文しようとする勢いで、他のタイツやロンTみたいなのも買いそうな感じに。
バイクは言わずもがなだが自転車乗る人にもいいですし、ランニングしてる人も最高。外でいろいろと作業する人もいいと思いますよ。半袖だとこの時期は蚊にくわれますからね。それ対策にもなりますし。
値段もやすいし効果もいい。いい商品です。
バイクで使う場合はメッシュジャケット着ろっていわれそうですが、そこらへんちょろっといくのにはいつも着るのもつらいわけで。かといって半袖で乗るのもねと。ぶっころんでもかんけーねーって半袖で乗ってるひとも多いと思いますが、そういう人にこれはおすすめ。つけるのも簡単ですし半袖より涼しいし寒いってこともないよ。半袖はだめとはいいづらいですしジャケット着ろとも言えないがこれくらいはつけてみたらどうでしょうかね。
2013/8