スタジオセッション-555
オイル(潤滑油)は大事!とけっこうこのブログで書いてる気がします。バイクメンテするようになってオイルの重要性ってのは昔よりわかるようになりました。と月に数回使うバリカン。これも潤滑と保護のためにオイルを使わないといけない。てこのバリカン、テスコムTC391のレビューに書いてるが前の機種で最初に2回ほど、今現役のバリカンにいたっては一回もオイルを塗ったことは無し。オイルなくてもほぼ問題なく動くし安いものなんでダメになれば買えばいい。
と先日このバリカンを使おうとしてスイッチいれて電池の残量確認。あれ?動きが鈍い、電池ないかなとACアダプター接続。それでも動きが鈍いまま。壊れたかな?と刃を外すとモーターはガンガン回るので刃に問題アリってことに。そっかオイル刺してないから動きが鈍いのかと。まぁ3年何もせずに動くのもすごいけど。
じゃーオイルを刺すかと付属のバリカンオイルなんてどこいったかしらねーよと。写真に写ってますが必要なくなってからこうやってでてくるw 家庭用バリカン購入するとちっちゃいオイルが付属。この量あればほぼ問題ないんですが小さいのでなくす確率のっほうが高く、初めてこの小さいオイルみるとなくなるだろ?と心配になるのよ。バリカンオイルなんてどこに売ってるかもわからないし。
で代用品は?ということを考える。オイルならなんでもいいんだろうが変なものだと皮膚とかに触れたら危なそうだし何買ったらいいかわからな〜い。ということでそういうお話です。
素人が適当に書いてるものなので正確じゃないです。書いてる内容全部信じないでくださいね。

スタジオセッション-559
まずバリカンのどこに注油するの?って話を。家庭用バリカンの刃はこんな感じになってます。本体にモーターが入っていてそれがスイッチオンで回転。そのモーターに軸をちょっとずらしたシャフトがついててそれが刃に接続。
でそのちょっとずれた横回転のモーターの力を刃に伝え高速に左右に動かし毛を切るって構造。
と構造いわれてもどこに注油していいかわかりませんね。まずだいたい考えつくのが表にでてる刃に注油。基本的には刃への注油は刃の防錆のため。塗るのは使用後の刃の清掃後。油を塗ることにより空気中の水分による錆を防ぎ切れ味低下を防ぐため。
でこの油は使用前に基本的にふき取ります。ふき取らないと髪に油ついちゃうからね。髪の毛とのスベリをよくするために刃にたっぷり油をとか書いてるの見たことあるんだがそんなことしてたら坊主にするのに何百回もオイル塗らないとアカンがな。違うという人もいるかもだが刃にオイル注油は潤滑の意味は無いと俺は思います。

スタジオセッション-561
じゃーどこに塗るのよってことですが、バリカンによって場所は違えどどこかは接地してる部分があり高速でスライドする部分があります。動きが鈍くてそれを直す潤滑用での注油というならそういうところを探す必要が。
このテスコムの場合刃の金属部分の根元。見ずらいですが写真真ん中、レールのようになってるのわかりますよね。潤滑のためにつけるというならここにまず注油。実際動きが鈍かったのはここに注油で直りました。

スタジオセッション-562
あとは刃先のV字になってる根本部分。ここも軽いレール状になってます。でここにも注油。潤滑目的というならこの2か所だけでOK。他の部分への注油は保護目的となります。
こんなこと書く必要ないだろといわれそうですがオイル類をちゃんと使用するにはどういうものをどこに塗りどのような効果がほしいのかってのがしっかりわかってないと正しく使えませんし、無駄な使用になってしまう。
オイル類は高いってこともありますが多くぬったり無駄なところに塗ったりしていいことって一つもなし。無駄に塗ることにより逆に固着を生み出し故障の原因になったりすべらないでいいところが滑ることにより怪我の原因になることも。
塗る場所はバリカンによって違いますがよくバリカンを見てどこにどのように塗ればいいのかよく考えてくださいね。説明書に注油のしかたがかいてあればその通りにやりましょう。

スタジオセッション-563
さて本題。代用するにあたりまずバリカン油ってなによ?てことを知らないといけない。テスコムバリカンに付属のオイルをみるとスピンドル油と書いてありました。スピンドル油?てなりますよね。正直自分もよくわからずでしたが、基本的にはスピンドル油とミシン油は同じもので流動パラフィン系の炭化水素化合物の油ってことのようです。
謎の呪文みたいな単語使うなってな。簡単にいえば液状のロウみたいなもの。みたいなものであってロウではないよ。固形パラフィンの代表的なものはロウソクのロウ。でその液状ものがこういうスピンドル油やミシン油、あと化粧品や医療用、身近なものだとベビーオイルなんかも流動パラフィンを使ってます。
体に直接バリカンオイルが触れるってのは少ないですが、体に直接触れるものに使うオイルなんでこういうものをつかってもしものことがあっても安全だよと。
安全といってもこのオイルの注意書きにもありまうが飲みこんだりしてはいけませんし大量に皮膚に塗るって行為もよくありませんのでお間違いなく。

代用品を探すにはまずちゃんとしたものの成分を知るのが大事ってね。ということ流動パラフィンならいいんでしょ?と。

スタジオセッション-564
スタジオセッション-565
まずは入手が一番楽で一番安いともいえる100円ショップの万能オイル。成分はスピン油。ミシンにも使えるってなってていわゆるのミシン油です。付属のオイルがなくなったらミシン油を使ってくださいと説明書にはだいたいかいてあります。
さきほど書いたようにこれも流動パラフィン系のオイルってことになります。個人的には代用いうならこれが一番だと思うがね。入手性や値段から。ただしちょいと問題が。

スタジオセッション-566
ティッシュにたらしてみました。左がテスコム付属のホワイトスピンドル油で右が100円ショップの万能油。粘度はほぼどちらも同じで潤滑性はどちらもほぼ同じでしょう。
けど見てわかるとり100円ショップのものにはちょっと色がついてるのよね。ついでにニオイもほんの少しだがする。テスコムのはオイルというよりはロウという感じなのだが100円ショップのは完全にオイルと感じる。正直あんまりバリカンにつかって気持ちのいいものでは無い。
同じ成分のようで性能は同じでも見た目などはかなり違うものなのよね。この違いは精製方法の違いによるもの。安いものは適当とは言わないが精製方法に高度なことはしないのでこういうことになる。
バリカンオイルは流動パラフィンのものと書いたがもっと詳しくかくとしっかりとした精製をした流動パラフィンで無色で無臭のものということになります。

しかし代用品ってことを考えればこれがベスト。正直バリカンに塗りたくないとは書いたが潤滑目的であればほぼ肌や髪に触れるところには塗りませんし大量にも使わない。もし肌や髪に触れたところでこのくらいの量でどうにかなることはまずないしニオイが残るってこともない。成分はほぼ同じなんで効果もほぼ同じ。コスパと入手性がよくないと代用品とは言えないのでこれ以上のものは無いとも言えるのよな。

スタジオセッション-567
スタジオセッション-568
ちょっと流動パラフィンから離れましてシリコンスプレーに。実際に今回代用として使ったのはこれ。バリカンにオイル塗るとして気になるのが体に有害か無害かってこと。絶対無害ってことではないが化粧品やティッシュなんかに使われてるオイルがシリコンオイル。
シリコンオイルは無色で無臭でこれも精製方法によって変わるが基本は人体には無害。潤滑性能も問題はほぼなくホームセンターにいけば確実に手に入る入手性のよさと低価格(これは150円くらい)。実際オイルくささは無いですし手についてもすべすべになるだけ。成分しらなくても体にそこまで影響はなさそうと感じることができます。
100円ショップのオイルのニオイなどが気になるっていうならこれが第2候補なのかなぁと。

スタジオセッション-569
そして今回の目玉。ってそんな大げさなものでもないが代用というよりバリカンで使うオイルとして最適と思えるものを発見。それがこのフードオイルっていうもの。フードオイルっていうと食べられるものっぽいですがそういうことじゃなくて食べるものを扱う機械に使う潤滑油がこのフードオイル。このフードオイルを知るまで気にしてなかったんですがそういえば自分たちが口に入れるもののほとんどが今は人の手より機械だけが触ったようなものがほとんど。機械なんで潤滑油ってのものは絶対に必要。今はただでさえ食の安全にうるさい時代。食品が触れないところに使ってるので大丈夫なんていいわけは通じない。ってことでそういう機械で使われるのがフードオイルといわれるもの。
業務用と家庭用で違いは確実にありますが成分は流動パラフィン。そして特殊な精製をして食品添加物規格に適合させた流動パラフィンがこのフードオイルとなります。
オイルですが規格上は食品添加物なんでもし口から入ったとしてもそこらへんのオイルより安全性は保障されてますし、食べずに皮膚や髪につくくらないなら安全そのものってね。これならどんな人にでもこのオイルなら安全だよって納得させられる。


スタジオセッション-570
といってもあたりまえですが注意書きには飲んじゃだめって書いてあります。顔や皮膚に触れないようにとも書いてあります。一応はこういうこと書かないとしょうがないのでね。食べ物ではないので。と関係ないが火吹きの人とかが使うのはこういうオイル使ってるのよ。そんな関係のないマメ知識。
個人的にはバリカン用でオイル買うのならば専用のものよりフードオイルがいいのかなぁと。最初に書いたがバリカンオイルってそんなに量使わないのよ。そうなると市販のバリカンオイルは量が多くて使いきれない。でこのフードオイルならいろいろなものに使える。お子さんがいるような人ならおもちゃの注油にはフードオイルがいいですし、ドアなどの注油にもこれを使っておけば安心。それにバリカンオイルってスプレー式はほぼ無いのよな。個人的にはスプレーのほうが使いやすいのでこっちのほうが便利。
ただし問題もある。問題は値段と入手性。この製品で値段はホームセンターで600円くらい。通販だと1000円くらいになるのがほとんど。1000円だすならバリカン専用オイル買えるのよね。そして入手性も悪い。農業用のもあるんで農家が多い地域なんであるかとおもったらないのよなぁ。なんだかんだとホームセンター4件まわってやっと見つけられました。ちなみにこれ探しにいこうとしてカブ110の燃ポンぶっこわれましたw 
いろいろ使えるので入手性もっとよくてもいいんだけどね。このAZ製以外にもクレからもシリコンフードスプレーてでてるしそれは手にはいってもいいはずなんだがな。

そんなことでまとめ。今はネット通販の時代。お金さえ出せば手に入らないものは無いといっても過言じゃない。てことでバリカンオイルほしいならバリカンオイル買えばいいわけで。バリカンオイルと検索すればさらっとアマゾンのページがでますのでそれを買えばいい。今回書いたものはすぐに使いたくて代用というならこんなものがあるよってこと。
あと書いてない代用品だと電気シェーバー用のオイル。口回りに使うのでバリカンなら大丈夫でしょ?と。

どこかでオリーブオイルを使うなんてのがあったが個人的には食用のはやめたほうがいい。食用のは逆に何入ってるかわからないので滑りはよくなったとしても錆の原因になる場合があるので。
こんなところが代用品のまとめ。あとは予算、入手性、コスパ、用途、いろいろと考えて自分の用途にあったものを選んでください。これも最初のほうに書いたが家庭用バリカンってそこまで注油気にしないでもちゃんと動きますし錆たりもしませんのであんまりオイルのこと難しく考えないほうがいいのかなと。
それと体に悪影響が〜ということですが正しい量を正しい場所に塗り正しく使用すればオイルが肌に触れたり口に入ることは無いです。そういうこともいろいろとよく考えてくださいね。正しい知識で正しく怖がる。それが大事な時代ですので。
長々書きましたが最初に書いたように素人の戯言。話半分で全部は信じないでください。
2013/9