スタジオセッション-571
発売日2012/9/6 購入価格約20000円(レンズキット)
製品HP http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_j2/index.htm
ニコン1マウントの3台目の機種といっていいのかな。ニコンのエントリ−向けミラーレス、レンズ交換式カメラとなってます。
いつものように購入理由を。動画とマウントアダプターFT1を使ってのFマウントレンズの使用が目的。それ以外はどうでもいい。発売2年でJ1レンズキットが2万円台うろちょろし始めそろそろ買い時というかこれ以上の値下がりは期待できないので買おうとしてたら最安の時に買いそびれ悩んでたらJ2が一気に値下がりでJ1より安くなり買うしかないべや〜で購入。赤にしたのはピンクが一番安かったがさすがにピンクわねということで次に安い赤に。
本当はボディだけ買ってFT1購入と考えてたがオクでもボディだけはけっこう割高。車載動画で広角側を考えるとなにかしら1マウント専用レンズがないとしょうがないのでレンズキットを。レンズだけだと中古で15000円くらいするのでまぁいいかと。
そんなことでレビュー。

スタジオセッション-573
仕様はニコンのページでもみてください。まず外観の話から。デザインはすっきりしてかなり好み。質感も金属の感じがかなりよく高級感バッチリ。レンズキット2万はどう考えてもバーゲンプライス。もともとは6万以上の値段だったんでそれくらいが適正価格よね。
右下ホクロみたいの見えますがリモコン受光部。使えるリモコンはML-L3。もう5年以上俺が愛用してるリモコンです。リモコンのことなんてまったく考えてなかったのでリモコン使えてしかも共用ってのはよかった。
ここらで悪いところは、ボディはちょっと重い。まぁ高級感と引き換えってことでしょうがないのか。あとはレンズがつけづらかった。ちょっとFマウントとは勝手が違うのよね。なんかうまくいかないって人はレンズについてる銀色の長方形のポッチとマウントにある白丸あわせてくださいね。そうするとうまくはまります。

BlogPaint
裏。モロに顔写っちゃったんで一部モザイク処理。撮りなおすのめんどくさくてねすいません。ここでよかったのが液晶。92万画素の今では普通の画素のものなんですがものすげーヌルヌル動くのよな。60FPS対応液晶ってことなんだろうね。まだそんなに60FPS表示の液晶のデジカメも多くないので見たことない人はけっこう感動するかと。スムーズに液晶が動くので撮りやすていいです。
あとはまぁ普通か。ニコン系のカメラ使ってた人なら何もみずにだいたいの操作はできるはず。
ここで悪いところはエントリー向けってことでモードダイヤルにPASMが無いこと。それにともない絞りやシャッタースピード変更もかなりやりづらい。ここらへんはエントリー向けだしそれが嫌ならV2買えよいわれたらおしまいなんでね。
あとはフラッシュのポップアップスイッチか。なんかにひっかけて不意にフラッシュ上がっちゃうのよな。電動ポップアアップは無理にしろ一眼みたいに電源入ってないなら上がらないようにはできなかったものなのかね。
あとは固定液晶。なんだかんだとバリアングル液晶は便利ですのでね、ファインダーは無いわけでなんとかそうしてほしかったかなぁと。

スタジオセッション-575
横。レンズつけるともう小型でもなんでもない。Nikon1はレンズにボタンがついててそれを押しながら回すと本体の電源と連動って機能がついてます。
これがいまだに慣れない。あ~そうだったななとガチャガチャっとやってしまう。レンズのロック機構と一緒になってていいわいいし、バイクに乗ってカメラだしてとやることが多くグローブしたたままでも電源いれやすくていいんですが、なんかやりづらいのよね。悪くない機能ではあるんで慣れなきゃってことなでしょうが。

スタジオセッション-576
上。電源シャッター 動画ボタンって並び。左のでかい四角はフラッシュ。ちゃんと距離基準マークがあるのはいいですね。
電源ボタン押しづらそうですがそんなことはなく。シャッターもちゃんと半押しの感覚がしっかりしてて悪くない。シャッターのとなりの動画ボタンで押し間違いしそうですがそんなこともなし。この上の部分はヘアライン加工してあって高級感ばっちり。

スタジオセッション-577
下。三脚穴はしっかりとマウントセンター。で電池の蓋。この電池の蓋がね個人的には気に入らず。開けるときはいいんですが閉めるときに勝手に閉まらないで自分でロックをスライドしないと閉まらないのよな。いろいろ考えはあるんだろうが閉まるのはパチっといったほうがいいと思うのよね。

スタジオセッション-578
カードと電池は同じ場所に。こうなってるとカード交換しようと開けると電源も切れるものが多いですがこれはふたあけても電源は切れずいいです。バッテリーは普通に使う分には問題ないが動画とかばんばん撮ればへるのは速い。もう一本はバッテリーもってるほうが安心はできるかと

スタジオセッション-580
付属品。ストラップがボディと同色なのよな。まぁそんだけです。

DSC_0001
画質について。CXフォーマットのことについては前に書いたが、そこに載せた撮像素子の大きさ比較のまんまというか、APS-C以下コンデジ以上というそのままの画質。レンズキットのレンズが画質面ではよくは無いのでその影響もあるがAPS-Cに慣れた目では解像感がいまひとつと感じる。画素数じゃなく解像感ねってそこらの話はいいか。
それとダイナミックレンジも狭く補正幅も狭い。といってもコンデジよりは全然いいですが。
正直作品撮りには使えない。ブログならまぁなんとか。高感度画質についてはD40あたりの一眼ともうかわりらない感じでいいですね。

スタジオセッション-579
そんなことでまとめますが、動画に関しては文句なく。動画撮影中にAF追従はほんとう便利。ただしつべが60FPS対応じゃなかったのが想定外だった。
あと目的のFT1についてはまだ購入してないのでそのうち。今年中に買えればいいが・・・なにかと物入りなんで無理っぽい。
あとはまったく期待してなかった静止画関係が悪くないというか機能豊富すぎてすごいねと。インターバル撮影まであるとは思ってなかったです。でPASMもできるしバルブ撮影もできるってのが意外でした。機能はD90より上で使いきれないです。画質はちょっと期待してたよりはだめでしたかな。サンプル見る限りもっとキレがあるように見えたのだがね、やっぱりそこは撮像素子のサイズ並みってことか。
あとは機能が豊富だがそれをやるのに手間がかかるってことかしら。ここらへんはV系買えよてことで終わりなのでこれ以上文句いいません。あとは上に書いた通りかしら。

正直2万で売っていいカメラちゃうよ。というかこれ2万で売られたらニコンかわいそうな気がするんだが。2万前後で売ってるのならば買わなきゃ損。ニコン一眼ユーザーなら動画機、サブ機としておすすめ。FT1買えば望遠機にもなるしね。
ニコンがまんをじして出したニューマウント。悪いわけがないというか買った人は絶賛なんですがね・・・それが売上につながらないってな。俺も買う前は売れんがなって思ってたししょうがないか。
そんなことでいいカメラです。迷っているなら買い。ただそれだけです。
2013/10