DSC_7486
こういうカカトがほぼ無く前がサンダルのように開いてないものはクロッグシューズやサボシューズなんて呼ばれ方をします。
クロッグ=clog=木靴という意味。木靴って木をくりぬいて先が丸くてカカトがないようなつくりしてますよね。それに似てるからクロッグと呼ばれ、シューズのものがクロッグシューズ、サンダルのようなものはクロッグサンダルなんて呼ばれる。
サボってのはフランス語で木靴。でサボタージュのサボでもあり、「サボ」る靴みたいなことでサボって言われることもあるらしい。
バブーシュという言い方をする人もいますがバブーシュはカカトはあるがそのカカトを踏めるようになってるもの。
と基本的にカカトの無い靴のようなものはこの3つのいいかたがごっちゃになってるのが現状。どれが正解ってのは無し。

クロッグいわれると思い出すのがクロックス。木靴のような形をししていてクロスライトといわれるゴムというかなんというかそういう素材を使って作ったシューズをおもに販売してるメーカー。
クロックスは、ワニのクロコダイル(crocodile)とclogを合わせた造語らしいです。ワニは水場で生活しますがそういうところから濡れてもいい木靴状の靴というかサンダルを販売してるメーカーだからクロックスだそうな。
クロックスって言葉が一般的になってるのでクロッグと濁点が入らずクロックシューズとなってるというか勘違いしてるものも多いみたい。
と話終わってしまったが、クロッグシューズってどうなのよ?と使用感のレビューなんかを書こうかなと。

DSC_7493
俺が買ったクロッグシューズは豊天焦点(ブーデンしょうてん)のもの。しまむら系列のアベイルで2000円でした。ゴミ捨てだったりなんだりでちょこちょこ外にでますが、そういうことすると普通のシューズのカカトを踏んで使ってしまうことがしばしば。そしてカカトをだめにしてしまうこともしばしば。サンダル使えよって言われるだろうがサンダルが苦手なのもあるし先が開いてるので雪や雨ふっちゃうと足濡れちゃうのもいや。クロックスも興味はあったがあれもサンダルなんでね買うにはいたらず。
でナイキやアディダスなどのクロッグシューズを売ってるのを見る。これいいんじゃねといろいろ探しこれいいなと思ったので購入。
よかったのは軽さと履きやすさか。見た目考えるとナイキの〜とか思ったのだがサンダルがわりに履くのでそこより履き心地重視。まぁ見た目アディダスに間違えそうですがね。

DSC_7487
カカトが無いわけでなくすこしあるのがクロッグシューズ。まぁあんまりこれが役だったことはなく。履き心地の話書いたが、サンダルと普通のシューズの半々という見た目そのままのもの。サンダルより安定はするが普通の靴より安定はしない。基本的には走れたりはしないしバイクや車の運転もしづらい。というかバイクでつかっちゃだめよ。
あくまでサンダルの代わりになるもので靴の代わりにはならないもの。

DSC_7492
選ぶポイントとしては底も大事なところ。個人的にはやわらかめのものが履きやすい。ここらへんは試着して自分のいいもの決めてほしいですね。

DSC_7489
後ろから見なければ普通の靴履いてるように見えるのもポイント。この服装だとサンダルあわねーから靴履くしかないって場合も多いわけで。そういうときにクロッグシューズなら見た目壊さないってことも多い。
どっかのレビューでみたが職場などでサンダル禁止となってるがクロッグシューズはOKってところがあり、そういう職場用でも便利。まぁ動き回らない職種ならこれがベストかもね。

DSC_7488
DSC_7490
個人的な問題点はこの靴がもう販売してないこと。これだめになったら次どうしようかなぁと。
文の構成がぐっちゃで何書いてるか自分でわからなくなりましたが、俺みたいにサンダル苦手でいつのまにか靴のカカトつぶしてしまうような人にはクロッグシューズはいいです。安いものでもないですが自分のお気にいりの靴のカカトがつぶれて買い直しとか考えたら逆に安くつくことも。
そんなことでこんなものもありますのでどうですか?ということでした。
検索する場合は「クロッグシューズ」「サボシューズ」なんかで検索かけるといろいろでますよ。
2013/10