スクリーンショット (2714)
もう雪が降っちまうてことで冬でも走るためにカブ110にしたのでタイヤ買わないとってことで今販売されてるスノータイヤを書いてみましょうと。まぁいつもの自分用のメモ記事です。

さてタイトルにスノータイヤと書いたがスタッドレスタイヤじゃないの?ってことですな。厳密にはスタッドレスタイヤって売ってるバイク用タイヤは無い。スタッドレスタイヤとスノータイヤって何が違うの?ってことですが、スタッドレスタイヤを正確にいうとスタッド(スパイクが)レス(なくてもスパイクタイヤ並みの性能がある)タイヤということになってます。
スノータイヤは、広い意味では冬に使えるタイヤでスパイクタイヤなどすべてを含む。でスノータイヤってのはスパイクタイヤがまだ車でつかえてた時からありまして、スパイクタイヤが凍結路面用、スノータイヤは凍結してない雪道用となってました。カブ用スノータイヤはこの2つの意味で使われてるのよね。なもんで凍結路面じゃあんまりよろしくないタイヤてのもあるようです。そこらへんはまだ使ってないのでどれがどれとは完璧には区別できずです。

あとはタイヤサイズですな。現行17インチタイヤのカブのタイヤサイズは上のようになってます。60/100-17とかなってますがスノータイヤのサイズ表示はインチ表示の2.50-17とかなのよね。でどれ買っていいかわからないとなるが、大事なのは60/100とあれば最初の60のところを見ればいい。この60はタイヤの幅の長さをmmで表示したもの。
てことで1インチ=2.54cmで計算してやればいいだけ。まぁフロント2.25でリア2.50か、フロントリア2.50って選び方で問題なし。タイヤが太すぎるといろんなところに干渉するってことがあるんで。細い分には問題は無し。

そんなことで必要な基礎知識書いたので本題へ。タイヤのラインナップは2013/10現在のもの。時間がたつと変更される場合があります。


スクリーンショット (2716)
まずはブリヂストンから。
製品HP http://www.bridgestone.co.jp/personal/mc/products/standard/
日本向けHPにあるのはWB01の2.50-17だけ。ネット通販価格は3500〜5000円くらい。7000円以上のバカ高いのも出てるのでそういうの間違って買わないようにしましょう。
評判のいいスノータイヤの一本。スノータイヤではあるが車のスタッドレスのようにサイプがしっかりと入ってるので凍結路面でもそれなりには大丈夫のようです。
あとスノータイヤは基本的に台形のようになっててタイヤ角部分が角ばってるものが多く倒してのコーナリングがしづらいんですが、いろいろな画像みるかぎり角が普通のタイヤのようになめらかに丸くなってる。コーナリングは他のものよりやりやすい気がします。

このタイヤ購入しましたのでそちらの記事もどうぞ
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1590173.html

スクリーンショット (2720)
世界各国向けのHPだとちょっとバリエーションが増える
http://www.bridgestone.com/products/motorcycle_tires/products/standard/index.html
17インチだと2.25もあるんだよねコッチは。けど検索するとわかるがネット通販には2.25も出てます。店舗で買えるかは不明。
リトルカブやカブプロで履ける14インチのWB02 WB03もラインナップ。これもネット通販ではあるのは確認。

スクリーンショット (2715)
次はダンロップ。HP http://ridersnavi.com/catalogue/other/index-snow.html
D501A D502 D503 S106の四種のスノータイヤがあり17インチがあるのはD502とS106。D501がジャイロや一部スクーターのサイズが、D503が14インチでカブプロやリトルカブで使える。

スクリーンショット (2719)
まずS106 製品HP http://ridersnavi.com/catalogue/tyre/S106/index.html
ネット通販価格は2500〜4000円
いわゆるこれが最初に説明したスノータイヤに近いもの。スタッドレスのように細かいサイプはなく、深い溝で雪をかき分けるというタイヤ。なもんで凍結路面が多いときついようです。たまに雪がふりふっても凍結はほぼ無いってところにあったタイヤ。


スクリーンショット (2718)
D502 HP http://ridersnavi.com/catalogue/tyre/D502/index.html
ネット通販価格は3000円前後
これはサイプがしっかりと入ってるのでS106よりは凍結路面もいけるみたい。けどS106よりかなり角ばったタイヤになるので倒してのコーナリングには不向き。レビューが少なすぎるのでなんとも言えないがちょっと評判悪い気もするのよな。

スクリーンショット (2717)
次はIRCこと井上ゴム工業。製品HP http://www.irc-tire.com/ja/mc/products/standard/standard02.html
車だと馴染みのないメーカーですがバイクや自転車の2輪の世界ではけっこう有名なタイヤメーカー。
IRCだけスノータイヤは冬季限定販売ってなってるのよな。まぁヤフオクなり使えば夏でも買えますけどね。SN22とSN12、SN1とあり、SN22はジャイロと一部スクーター用。SN1 SN12はサイズが豊富でジャイロからスクーター、カブといろいろに使える。

まずはSN1。価格は2500円前後
これも典型的なスノータイヤで凍結路面には弱い。けどその分、雪が無いところでの性能は悪くないらしく耐久性もいいみたい。豪雪地帯じゃなく年中つけっぱいうなら安いですし悪くないのかな。

次がSN12。価格は4000円前後。これはサイプがしっかりと入っていて凍結路面もいけるみたいです。雪でもSN1よりこっちほうがいいみたい。これも評判はいいほうだと思う。雪国ならこっちでしょうね。
購入しましたのでそちらの記事もどうぞ。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1590753.html

でカブ用の冬タイヤというと話題にでるスパイクタイヤも一応紹介。ネットでててくるのはBONSANのスパイクタイヤ。
17インチだと2.25と2.50があるみたいです。価格は5000円前後
メーカーがノーブランドってなってたりIRCとなってたりするがタイか中国かにBONSANってメーカーがあるようです。
スパイクタイヤって今履けるの?といわれそうですが125cc以下のバイクなら何も問題なし。
スパイクは今のところ購入予定はなし。凍結や圧雪ならいいがそうじゃなく雪がなければ滑るんだよねピンのせいで。雪国ですが除雪がしっかりしてるので大きい道路走るのならば半分以上は雪がないところ走ることになるんで。まぁ必要ならば導入は考えます。
購入してレビューしましたのでそちらもどうぞ。
2.25/17 http://momomhf.doorblog.jp/archives/1640174.html
2.50/17 http://momomhf.doorblog.jp/archives/1640327.html

確認できたカブ用冬タイヤはこれだけ。他にあるかもだがその時はご了承ください。
購入予定はSN12かWB01。一本づつ買って前後交換してみたいなこともおもしろいかなと思ってたり。今年は無理だがそのうち全部買って試す予定。ブログネタのためというよりこれからのためにどのタイヤならいいのかだめなのかってのがわからないとつらいもので。
2013/10