DSC_7663
タイヤ交換やブレーキ交換などするにはホイール外さないとできないのでホイールの外し方を。まずはフロント。
車種はカブ110(JA10)他のカブでも基本は同じなんですがちょっと違っているので他の形式のかたはご注意ください。
ホイール外す前の下準備としてセンタースタンド立ててリアキャリアに何か重いものを乗せます。今回乗せたのは水20リットル。こうすることによってフロントがあがりタイヤがなくても問題なしに。センスタとリアキャリアあるカブならではってことでしょうか。メンテスタンドなどがあるならそれに越したことは無いですがね。これやらなくてもリアのほうが重いので大丈夫だと思うがやれるならこういうことはしておきましょう。キャリアに載せるものはできれば固定したほうがへんなことにはならないと思いますよ。

DSC_7723
ホイール外すのに必要な工具は19メガネ、14メガネ、マイナスドライバー、グリスガンに入った万能グリス。あとブレーキクリーナーあったほうがいい。絶対必要なのは19と14のメガネ。メガネじゃないとだめ?ってことですがかなりトルクかかってるorかけるのでメガネのほうがいいよ。
グリスは一応今回使うところの指定はマルチパーパスオイルになってますのでリチウムで十分。あとあったほうがいいのはトルクレンチ。今回は予算の都合上買えず。買う人は59Nが使えるもの買いましょう。

DSC_7664
さて外し始めます。
フロントホイールにはブレーキとスピードメーターのケーブルがついてるのでまずそれを外します。まずはブレーキケーブルから。
指でさしてるフロントブレーキアジャスタブルナットから外します。指で適当に反時計回りに回してると簡単に外れます。

DSC_7670
ナット外れました。でケーブルも抜くとブレーキアームジョイントピンっていう写真左のものも外れます。わかりやすいところに保管しておきましょう。

DSC_7671
こんな風にケーブルが外れました。どっかに縛ったりしないといけないかな?とおもったが地面につかない程度の長さだったのでそのままだらんとさせました。

DSC_7672
次はスピードメーターケーブル。マイナスドライバーで刺してるタブを押すと外れる構造。

DSC_7673
上の細いマイナスではだめで太目のマイナスでぐっと押すとヘコムので、凹んだらケーブル抜きましょう。左で押して右で抜くて感じ。

DSC_7674
外れました。このスピードメーターのケーブル先はグリスがついてますのでゴミなど付着する場合が。なんかつきそうなところで作業してるなら袋かなんかかけておくといいかもです。これもだらんとさせておきました。

DSC_7675
次が本番ともいえるアクスルナットを緩めてのアクスルシャフト抜き。指でさしてるのがアクスルナット。

DSC_7676
ブレーキホースなどあるほうが19のメガネでその反対側が14のメガネが合うようになってます。19のナットを緩めて外して14のほうからシャフトを抜くってことに。
基本的には14で押さえて19を回すというやりかた。

DSC_7677
手で回しましたがまったくびくともしませんでしたw なんだろねこのJA10はここに限らずナットやネジはものすごい硬い。やべーどうしようインパクトレンチとかないし〜と思ったら俺が買ったのは片口メガネ、このレンチのレビューで紹介したが片口はきついとき用にパイプ延長がしやすい構造。てことでパイプという名のものほし竿で延長して回すことに。
延長するとなんで力が強く?という人もいるかな。力点の距離を離すことによって同じ重さでも重くなるってやりませんでしたかな。それの応用です。つーか物干しざおなもんで4mくらい長さあって邪魔でしょうがないw 延長用に切っておこ。

DSC_7678
ということで外れました。延長しても動かなかったらどうしようとおもったが2mくらい延長でぐっぐっと動いて安心しました。ナットがちょっと緩むまでは片側おさえないでも問題なし。ナットが緩んでくると片側おさえてないとまわりません。

DSC_7679
でシャフトを抜きます。今回は手でおしたら出ましたが硬い場合もあるんでそのときはゴムハンマーなどキズがつかないハンマーでナット側のほうたたいて出してください。
でいきなり抜かないように。タイヤやいろいろが落ちちゃうので慎重に。

DSC_7680
ハイ外れました。シャフトと一緒にサイドカラーってのもの取れますので大事に保管してください。でホイールが取れたと。

DSC_7681
ホイールが取れるとこんな風にブレーキパネルも外れます。そうするとドラムブレーキの中身が登場です。ブレーキ交換はまた別で書くが、ブレーキパネルについてるシュー交換すれば終わりです。今回はやりませんがホイール外したらついでにやりたいのがドラムの中の掃除。買って半年、4000キロくらいのったカブですがダストで真っ黒です。タイヤ交換などしたくてホイール外してるならやらないでもいいが、ブレーキクリーナーをかけてしまえばそれなりにキレイになるので外したらついでにやりましょう。

DSC_7714
いきなりですが取り付けです。一応タイヤ交換は成功したってことにして続けます。タイヤ交換についても見たいかたはこちらへどうぞ。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1590484.html
まずアクスルシャフトを戻します。外したものは汚れは一応落とすってのがメンテの大事なことってことでシャフト拭くくらいは一応やりましょう。やれるならパーツクリーナーでやったり、段付きとかあるのならばヤスリでとかもやるのがいいかな。あんまりひどい場合は交換ということになります。一応パーツの値段は1120円だそうな。まぁ交換するほどになることはあんまりないと思うが。
キレイにしたらグリスを塗りましょう。指定量とか書いてないのな。まぁ適当にべたべたにしてみてください。多いとはみ出ると思うのでそうなったらはみ出たの拭けばいい。

DSC_7715
シャフトちょっとさしてカラーを刺します。カラーをホイール側でもいい気がするがこっちのほうが楽かなぁと。

DSC_7716
でホイールをつけてシャフト貫通。とホイールにブレーキパネルつけるのですが中に突起があってしっかりとはまらない場所があります。パネル回すとパコンとしっかりと閉まりますのでそういう状態で組み込んでください。

DSC_7717
組み込みの注意点としてもう一つ。こういう風にブレーキパネルに溝があるんでフォークのボス、出っ張りにしっかりとはめてくださいね。
書きわすれてましたがブレーキパネルとかフォーク裏とか掃除しずらいところが多いのでこの機会にしっかりとキレイにしておきましょう。俺はプレクサスでふいただけですが。

DSC_7718
つぎはスピードメーターケーブルを戻します。指さしてますがマニュアルだとこのOリングは外したら新品に変えろという指定が。水入る可能性があるんでそういうことになってます。まぁ見てわかるとおり新品になんかしてません。でグリスをぬれとなってるのでグリスだけは塗りました。指定ではOリングとこの黒い押す部分あたりにグリスをぬれってことだそうです。万能グリスでOK。まぁ水漏れ防止のためなんでモリブデンとかつかってもしょうがないよ。

DSC_7719
はい刺しました。ゴミの付着とかはしないように気を付けましょう。

DSC_7720
次はブレーキケーブルを戻す。ジョイントピンをはめてケーブルさしてアジャストナットをくるくると締めます。回しづらいなってときはブレーキアームをちょっと押してやると回しやすくなります。

DSC_7721
でそれなりに締めたらブレーキレバーの調整。ナットを締めれば締めるほどブレーキは硬く、逆はゆるく。ブレーキレバーの遊びの指定は10〜20mm。まぁ自分のいいくらいでやってください。と今書いてておもったがアクスルナットしめてから調整しないと意味ないよな。

DSC_7722
でアクスルナット締めて終了。外すときと同じように14メガネで押さえて19メガネを回してって感じになります。アクスルナットは指定トルクがあって59N・m(6.0kgf・m)となってます。トルクレンチあるかたは指定でしめましょう。無い人は適当に。ものすごいバカ力じゃないかぎり手で締められる限界まで締めてOKかと。で心配なら数日後に確認かな。外すのがものすごい硬かったからといってレンチ踏んで締めたりしないように。締めすぎもいいわけじゃないですので。まぁトルクレンチは買いましょうね。って俺に言われてもしょうがないか。

そんなことで終了。わかっていたことですがアクスルナットさえ緩められれば外すのは超簡単。取り付けも簡単。タイヤ交換はあれですがフロントブレーキのチェックと交換はけっこう簡単にできますのでやってみる価値はあるのかなと思いますよ。
リアホイールの外し方はこちらへ http://momomhf.doorblog.jp/archives/1590814.html
2013/11