スタジオセッション-812
購入価格1180円(送料込み) 製品HP http://www.gentos.jp/products/flashlight/gtr/GTR-931H/
昔から買おうかどうしようか迷ってた頭につけるヘッドライトタイプのLED懐中電灯。LED懐中電灯はもってるので絶対必要かと言われればそうでもなく。と雪かたししてまして朝5時くらいからやるんですがまだ暗い時間。暗い中ずっとやってたが懐中電灯ためしに使ったらこんくらい照らしてくれるといいなと気づく。と手にもっては雪かたせず、口にくわえるのも長時間は無理。で前からほしかったヘッドライト型の懐中電灯がほしいなで、単三が1本で値段も手ごろで評判がいいこれを購入という経緯。使い慣れたジェントスのってのも決めての一つですが。
そんなことでいつものようにいきますか。

スタジオセッション-823
明るさ45ルーメン 電池寿命Highモード8時間 Lowモード24時間 点滅17時間 光源チップタイプ白色LED1灯 使用電池単三アルカリ電池x1 本体サイズW63xH50xD51mm 重さ89g 付属品ヘッドバンド ポーチ

こんな商品詳細。つけると写真みたいな感じに。このマネキンの頭は人間のおとなの頭より二回りくらい小さいので実際つけるともうちょっとライトは顔の面積にたいして小さくなります。
つけていて大きいとも感じませんし重いとも思わない。数時間つけてたりしましたが何も問題なく。

スタジオセッション-824
右側。頭の上のバンドを調整すれば横のバンドはもっと深くもできますし、逆に浅くも可能。調整は簡単。子供の頭の大きさでも大丈夫ですし、かなり大きい人もで大丈夫のはず。
バンドは表面が毛のようになってるゴム。けっこうよく伸びてフィット感は抜群。走ったりなんだりでもずれることは無い。

スタジオセッション-827
反対側も一応。

スタジオセッション-826
スタジオセッション-825
ライト角度は上下限界まで可能。90度くらいの範囲だけカチカチっとした感じに角度調整できます。角度調整は適度な強さできつくもなくゆるくもなく、ストレスなく調整可能。

スタジオセッション-828
後ろはこんな感じ。上のバンドの輪っかに横のバンドが通ってるって状態です。

スタジオセッション-829
上から。なんかラグビーボールみたいに見えるな・・・。それはいいとして電源スイッチは上にあります。

スタジオセッション-831
これが電源ボタン。素手であれば押しづらいことは無い。手袋などしてても慣れればなんとか大丈夫。ちょっと特殊な電源スイッチとなってまして、一回押すとハイモード。で3秒以内にまた押せばローモード。また3秒以内に押せば点滅モードに。次おすと消灯。3秒以内と書いたように3秒以上たつとハイモードやローモードからでも一回押せば消灯。
ハテナ?と思った人もいるかしら。簡単に言えば連打すれば消灯せずにモードがかわり、連打しなければモード切り替わらず消えるって感じ。なんかやりづらそうと思うかもだが慣れますので。

スタジオセッション-830
電池は右側の丸い蓋回すと入れられます。ベルトループがあるんでちょっと回しづらいしちょっときついかな。あと左右同じ形状なんで回らない左側回してあかねーよなんてことをやっちまいます。蓋にOPENとか書いてあるほうが回るのでしっかり見て回しましょう。
でこの手のものはエネループが使えるかどうかキモなわけで。と説明書にエネループでの使用は動作確認済みと書いてあり、写真のように問題なく使用できました。ただしエネループだと最初に書いた仕様よりは持続時間は短くなりますのでご注意ください。

スタジオセッション-837
おでこに当たる部分。すこし湾曲しててスポンジが貼ってあって滑らないようになってます。こんなですがけっこう安定していい感じ。

スタジオセッション-845
頭の上のベルトがだせーよ・・・なんて人もいるかもだが、推奨されてるわけじゃないがこんな風に頭の上のベルトだけ外すということは可能。本体のベルトループの割れ目からベルトを取って、横のベルトも片方取って通してるの抜けばこんな風にハチマキ風に。
これでも使えるは使えるが安定感はかなり落ちる。上の部分がなんかパカパカしちゃうのよね。上のベルトが〜って人は最初からないタイプを買うのをおすすめします。

スタジオセッション-839
さて大事な明るさを。まずは手元を照らしてみました。頭にライトつけて机で作業みたいな状況。モードはハイです。ちょっと狭い感じはしますが問題なし。

DSC_8009
歩いて1m前を照らしてみました。下向いて歩くって状況ですね。メジャー置いたけど数字見えないっていうね・・・w
光量は十分だが照射範囲はやはりせまく感じられる。けど真っ暗から比べれば明るくてよく見えるし歩行に問題がでるってことは無し。

DSC_8010
3mくらい前を照らしてみました。まっすぐ前向いて歩くみたいな状況です。これもスポット的な照射に見えるが暗くて歩けないなんてことは無し。

DSC_8037
そういえばの付属ポーチはこんなの。100円ショップ以下のクオリティってことでポーチに期待しないでください。

さてまとめ。買ってよかったというかもっと早く買えばよかったと後悔するくらいいいですね。手持ちのLED懐中電灯使わなくなってしまいました。照らしながら両手使えるって本当便利って当たり前ですね。この手のヘッドライトで心配してたのは装着感と操作性と照射範囲そして見た目。装着は帽子かぶると同じ感じですぐにでき、操作性もよい、照射範囲も狭いと書いたが必要十分。逆に作業するときは狭い分集中できる。見た目については壊滅的ですがこれつけて人に会うわけじゃないので問題ない。ランニングなんかでも使ってみたいがそのときは帽子の上からつければ緩和はできるかと。
手持ちとヘッドライトどっちか一つと言われればヘッドライト。まぁ両方あるのが理想ですがね。もっと上のランクで明るいものと悩んでる人もいるかもだが本格的に夜間に山歩くとかじゃなければこれで十分。明るくなるとでかくなり電池多くつかい重くなるんでね。個人的にこれ以上重くなるときびしいと感じる。

そんなことでコスパいいヘッドライト。ヘッドライトは手持ち懐中電灯より敷居が高い気がしますが、懐中電灯よく使うって人は一度お試しを本当便利ですので。
2014/1
LED懐中電灯一覧へ