スタジオセッション-847
発売日2012/3 メーカー希望小売価格23000円 購入価格約14000円
製品HP http://www.ogkkabuto.co.jp/motorcycle/products/avand-02/
OGKのジェットヘルのフラッグシップモデル。あんたジェットヘル買ったばっかりじゃんてことですが今使ってるリード工業のSJ-9になんの不満も無いのですが、ただ一つの問題は冬のシールドの曇り。簡単に試せるものはやったが効果が無しでピンロックシート使うしかないという結論に。汎用の曇り止めシートというのもあるが100%で使えるとは限らないので専用のピンロックシートがあるヘルメットを探し、たしか一番安いのがこれ。冬用いうなら同じOGKのフルフェイスのカムイとかのほうがいいんじゃない?ということだがジェットが好きなのもあるしもともとほしかったからねアヴァンド。てことで本番?ともいえるレビューはピンロックシートのほうなのだがそれはあとででヘルメットのほうを。

スタジオセッション-849
色は六色あるんですがオレンジを。正確にはシャイニーオレンジ。かなりキレイなオレンジで満足。他にグラッフィクモデルのフラッグやタモン、チッタなんてのもあります。実売で2〜3000円高くなりますがね。
重量は約1300gということらしい。前につかってたSJ-9が1400gでそれより明らかに軽い。けっこう大きいメットなので重さと見た目がちょっと合わないのよね。まぁメットは軽いの越したことは無いので悪くは無い。
正面からみて気づく人は気づくかもだが、下のほう、口、顎あたりが狭くなった形状に。これによってジェットですがフルフェイスのようなフィット感が。しかしかぶりづらい。アライやショウエイのだとこんな感じなのかね。今までのジェットではここまでかぶりづらいことはなかった。
メガネ使用の人でメガネかけたままかぶれるからとジェット選ぶ人もいるでしょうが、メガネかけたままだとかぶりづらいかも。試着できるならいいが、そうじゃない場合はそこらへん覚悟して買いましょう。

スタジオセッション-850
シールがいろいろ貼ってあってすいません。届いてすぐ写真撮ったもので。ちなみにシールは当たり前ですがキレイにはがせます。
横から。けっこう派手な形状してます。横に線というかシワみたいな形になってますが強度アップと軽量化になってるそうな。
でここがポイントってシールが見えますがウェイクスタビライザーという形状で乱流をコントロールして直進安定性と首ふりがスムーズになるそうな。
まぁ効果はよくわかりませんw 風切り音が〜というレビューをよく見たのだが個人的には何も気にならず。まぁ冬で首まわりネックウォーマーだったりしてるのでよくわからないということかも。

スタジオセッション-851
後ろ。スタビラーザーのおかげでけっこう派手なバックスタイル。よく言われるガンダムチックって感じのデザインですな。

スタジオセッション-852
反対側の横も。

スタジオセッション-853
シールドあげてみました。シールドの開閉はなにも問題なく。チークパッドがかなり厚いのがわかると思います。チークパッドをもっと薄くとか厚くというのはオプションパーツで可能。そこまでやる人はあんまりいなさそうですけどね。

スタジオセッション-854
顎ひもはワンタッチバックル式。SJ-9のラチャット式に慣れたものでちょっと戸惑うが昔はこれだったのですぐなれる。バックルは前につかってたテレオスと同じなので耐久性は大丈夫でしょう。でテレオスでヘルメットホルダーにつけるリングがいつのまにかどっかにいったのだがこれは大丈夫かしら。今みた感じは大丈夫だと思うが・・・。
あと気になったのはベルトの長さ。なんか短くない?けっこう深めにかぶるメットだからこれでいいのかね。ネックウォーマー2枚つかって一枚を顎ひもに通すって使い方してるものでけっこうギリだったりします。

スタジオセッション-856
内装。けっこうしっかりとした高級感ある仕上がり。これくらいの値段のでも昔はやすっぽかったんですがね。内装脱着はまぁ可もなく不可もなく。すこしコツがいるが一回やれば大丈夫でしょう。クールマックスという内装で夏でも涼しいみたいなものなんですが冬だから寒いてことはなし。
とさっき書きましたがみてわかるとおり入れ口は狭いですよね。メガネ外さずそのままかぶりたいっていうならぐいっと広げてかぶるとなんとかいけます。

スタジオセッション-857
スタジオセッション-858
ベンチレーションは二つ。かなり大型に見えますが出口は小さ目というか昔のテレオスと何もかわらず。ベンチレーションは最低限はあるでしょうがあまり期待しないほうがいいかと。開閉はやりやすいのでいいんですがね。

スタジオセッション-859
シールドはシングルアクションシールドシステムというものでワンタッチで外せる。簡単ってのをよくみたがそんなに簡単でもなくそれなりにコツはいる。説明書見て数回やれば慣れると思うので買ったらやってみてください。
ちなみにアヴァンド2に使えるシールドとピンロックシードはSAJとSAJ-Pというもの。Pがついてるものがピンロックがついててピンロック対応のものってこと。2がつかないアヴァンドのものも使えますがピンロックは無いのでご注意を。
あとSAFというシールドがありますがこちらはフルフェイス用なのでアヴァンド用にというならこれかってもだめなんで間違わないように。

DSC_8102
DSC_8103
他より大きいとよく言われますがこんなです。大きいは大きいがそれより上のほうが膨らんでるってのが気になるかも。

まとめます。フィット感はよくジェットですがかぶっててかなり安心感はある。そういう感じなので速度をだしても安心感が。けっこう飛ばす人にも悪くないジェットかと。色質感そのたもろもろも問題なし。15000円以下のものとは見えないですね。あとはピンロックシートのために買いましたがそういうオプションが豊富なのもいいところか。
不満点っていうとなんかおかしい気がするが思ってたのと違っていたのがかぶりづらさ。入れ口が狭いのでワンサイズ大き目を買えば済む問題でもなく困るところ。あとはシールドと口のスキマが狭いというか当たる。口が前にでてるような顔の形状だとそういう感じになります。かぶり方をちょっと後ろめにするとマシにはなるんですがね・・・。ここらへんは試着してチェックしてもらうしかない。バイクパーツ屋さんならアヴァンド2は絶対あるのでできるなら試着してください。
てことで本番はピンロックシート。それは別記事で
2014/1