スタジオセッション-948
発売日2012/8 希望小売価格12600円 購入価格約3500円
製品HP http://www.tiger.jp/front/productdetail/confirm?productId=PCH-A
タイガーの電気ケトルの2012年モデルでいいのかな。現在(2014/2)のモデルはPCH-G型。ほぼ同じモデルとなってます。違いはあとで。
昔から電気ケトルはほしかったが無くてもいいかと買わずで母親がほしいみたいなことだったので買ってみたと。電気ケトルというとCMバンバン流してるティファールが今は売れてるが、いろいろと納得できずこちらにしてみた。いつものようにさらっといきます。

スタジオセッション-950
サイズ(幅x奥行x高さ)14.8x22.6x19.6(cm) 重さ0.99kg 
大きさのイメージがつかみづらいかもだが、保温できる味噌汁とか入れられる弁当箱あるじゃないですかあれをちょっと短くしたくらい。って相変わらずわかりづらいたとえ。小さくは無いです。ちなみに0.8Lモデルもありますが高さが2センチ高くなるだけです。

スタジオセッション-951
スタジオセッション-952
スタジオセッション-955
各方向から。定価なんて今はあってないようなものだが一応は1万円以上という定価のものなんで質はよろしいもの。さすがの日本メーカー製ってことかしら。というかこれらのレビューみてると「日本製」と書いてる人がよくいますがこれはメイドインチャイナ。日本メーカー製はよくあってもメイドインジャパンの家電はほぼ無いよなぁと。そんなことはいいか。

スタジオセッション-966
底。プレートにささる穴があります。バネみたいなのがなんか入ってて抜けやすくなってます。ちょっと慣れるまでプレートに刺しづらいのよね。

スタジオセッション-956
上。銀色のは給湯ロックボタン。これを押さないとお湯はでてこない。 で二つあるのが開閉レバー。これを押さないと蓋は開かない。でハンドルにあるのがスイッチで、水いれてプレートにのせてスイッチを押すと湯沸し開始で沸くと勝手にスイッチが上がってオフに。写真撮り忘れましたが電源オンだとオレンジのランプがつきます。

スタジオセッション-957
蓋を外してみました。蒸気レス構造で倒してもお湯が漏れないって構造のためけっこうガッチリとした蓋。ちょいと取りづらく閉めづらい。まぁ慣れの範疇で解決する問題ですが。

スタジオセッション-958
スタジオセッション-959
こんな蓋。灰色のパッキンは取れます。パッキンがダメになれば蒸気が漏れたりするそうな。パッキンは1年で変えろと説明書にはなってるがまぁだめになったら終わりでしょうね。

スタジオセッション-961
中はこんなフッ素加工になってます。で目盛がついてまます。目盛以上にいれても沸くは沸くがお湯が漏れたり蒸気がでたりする場合もあるみたいです。
と沸騰時間書いてませんでしたね。140mlで55秒 満水0.6Lで3分だそうです。で現行機種のPCH-Gだと140mlで45秒に。満水の時間はかわらず。ここが現行機種との一番の違い。まぁ10秒くらいどうでもいいってのが本音ですかね。

スタジオセッション-963
電源プレート。これにのせて通電させるって構造。

スタジオセッション-965
スタジオセッション-964
コードは1mくらいかな。長い場合は裏で写真のようにグルグルと巻いて長さ調整。けどコード逃げが一箇所しかないので思い通りの長さにしづらい。そしてこのプレート単体だと軽すぎるので安定しないのよな。ケトルのせればいいだけだがもうちょっと頑丈でもいいのかなぁって気はする。

スタジオセッション-962
お湯出すときはこのように押してつかいます。

さてまとめ。湯沸し能力については問題なし。200mlくらいだとカップとか用意してる間に沸きます。で蒸気レスで沸騰しても熱くなるところが無いのはいいところ。倒してもお湯もこぼれないのもいいわな。
電気ケトルのレビューだとよく書かれる、カルキくさいやプラくさいってのはこの製品で、俺は感じませんでした。
気になったところは、電源プレートの軽さとコードの逃げ口の少なさ。いまいちちゃんと置くポイントが定まらないのよなぁ。あとはこぼれないのと蒸気レスのためにちょっと開けづらく閉めづらい蓋。そしてお湯出すのにボタン押さないといけないのもめんどいとは思ってしまう。けどこれのおかげで蒸気レスだしと思うと妥協はできる。

まぁそんな感じです。小さいお子さんだったり、お年寄りだったりそんなかたが家にいるなら蒸気レスで倒れたも大丈夫という構造はありがたいかと。0.6Lって少なくない?ってことですがこれ以上沸かすなら鍋でとかのほうがいいと思うというか1Lくらいだとけっこう時間かかるのであんまりメリットないのよね。

あとは現行品だとけっこう高いのでこういう型落ち品を狙うのがおすすめ。そこらへんはうまいこと時期みて買ってみてください。
2014/2