DSC_8161
購入価格3690円(送料込み)
製品HP http://www.kitajimasteel.com/cathand/detail-10610.html
モノが多いわけではないがそれなりの高さの棚っぽいものがあればここ一箇所でモノが収まって便利なのにと思う場所があり、ホームセンターやらネットでいろいろ物色。いいなと思ったのがルミナスラックというかメタルラックというか、銀色で四本の25mmの丸パイプに網上の棚板がつくものってありますよね。あんなのがそれなりの値段で通販だと買える。これでいいかなと思ったがネックが網の棚板。悪いってわけじゃないが棚板にそのままモノを置くとなると不便なことも多い。掃除ってのもしづらい。オプションで木材の棚板など網じゃないのもあるが高い。まぁ薄いベニアあまってるしそれ切って乗せるかと思ったところこのラックを発見。値段もメタルラックより安いし棚板平らじゃん。これぞ俺の理想の棚じゃんってことでポチっとしました。なんかいろいろ大変でした・・・。そんなことでレビューを。

DSC_8151
今回買ったのはNC-875 5段の黒。黒以外にはベイジュ グレー シルバーがあります。
サイズは幅87.5x奥行45x高さ180(cm) 重さ16kg 基本はこのサイズ。棚板が一枚少ない4段だとちょっとお安くなります。
シリーズは違うものになるが、サイズは豊富。予算があるならいいサイズというのはキタジマ内で見つかるはず。
ちなみにこのNCシリーズがキタジマでは一番安いシリーズのようです。高いと何が違うの?といえば耐荷重が増えるのと、ものによってはかなり組み立てやすくなってます。ちなみにこのNCシリーズは耐荷重70kg。ここらへんはあとで書きます。

上の写真みたいな感じで届きます。楽天で買いましたが配送会社は福山通運。それはいいとしてこういう感じに2口で送られてくるので足りなかったらいいましょうね。でけっこう長くてでかくて重いので、送られてくる前に置く場所ってのはすこし考えておいたほうがいいかも。

スクリーンショット (518)
先ほどだしたキタジマの製品HPのところの説明書PDFから。説明書は一応付属してるのだがこのPDFのように親切なものじゃないので購入した人はこのPDFは読んだほうがいいよ。というか俺が組み立てる前に読みたかった・・・。
2人で組み立ててと書いてあるが一人でも組み立てはできます。がつらいです。手伝っていただけるかたがいるなら手伝ってもらったほうがいいよ。男でもね。と俺はそんな感じの人いないので一人でやりましたがね。
軍手もあったほうがいいわいい。できればゴムつきのね。手を切るとかは無いが重いものなんですべって落としても危ないので。
付属部品はこんな。5枚の棚板があるんですが一枚天板があるので注意。というかこれ書いてて初めて天板は別ってことに気づきましたがね。アハハどうすんのよ・・・。
それはいいとして四隅にヘコミがあるのが棚板で無いのが天板。ちなみに間違って棚板を天板にしても組みあがりますよw まぁ途中でなんか変だなとは思ったんですがね・・・。無理やりやっちまったよ。
工具は10mmのスパナがあれば組み立て可能。ここらへんもあとで詳しく。

DSC_8152
箱を開けました。銀色のいっぱい入ってる袋見えますがここにナット、ボルト、ワッシャー、安定座、スパナが入ってます。ナットなどは予備が入ってないのでなくさないようにしてください。
でさきほど書きましたが四隅にヘコミみめあすよね、笑ったクチみたいなの。これがついてるのが棚板で左に見えるのにはついてないですがこれが天板。俺は間違えましたがみなさんは間違えないでね。
とその前にもっと目立つものがありますわな。レビューをみて棚板がへこんでるへこんでるとたくさん書いてあったので覚悟してたがここまで凹んでるのかよとびっくり。 

DSC_8153
これって返品というか交換してくれるのかね?問い合わせするのもめんどくさいので叩いて直すw どのくらいなら交換の応じてくれるのかは不明。安いものなんで俺みたいに叩いて直すのもアリだとは思います。というかこういうことが多い商品みたいですので、購入するならこうなってたらどうするってのは決めておきましょう。

とこうやって叩いて直したので目立たない天板にしちゃえーってこれを天板に。見てわかるとおり隅にヘコミのマークがありこれは天板じゃないわけで。
付属の見づらい説明書にもちゃんと書いてあるのなぁ。ごちゃごちゃしてるので見たくないのもあったし棚組み立てるだけだから見なくていいだろってやったのが間違い。組み立てものはどんなものでも説明書ちゃんと読まないとだめですね。説明書読むの大好きなんですが厚くないと読む気が起きないもので。

ちなみに棚板を天板に使うとどうなるか。天板のほうが若干棚板より大きいみたい?柱の外に出すので。なもんで柱の間隔ちょっとせまくなったり広がったりてことに。そうなるとボルトが締めづらくなったりします。まぁそんなくらいです。完成できないってことは無いです。まぁこれ読んだのなら間違うことは無いはずですが。

スクリーンショット (517)
さて組み立てかたとなります。これも説明書PDFから。とおれこんな風に組み立ててないんですよね。だって組み立て終わってからこれ見つけたんだもんw 付属の説明書はこんな丁寧じゃないので。
1人で組み立てるという場合はこの方法が一番かと思います。組み立ての最初のつらいところはアングル(支柱)がブラついてしまうこと。説明書の方法ならたしか大丈夫。
用意できるのならば説明書のように枕木のようなものを用意する。横にすると持つところがなくなるのであったほうがいいが無くてもできます。最低限、本体と床のキズ防止にダンボールでもなんでもいので敷きましょう。

DSC_8157
次の問題は工具。付属工具だけでできますが、やりやすいとは言えない。写真のように狭いところのボルトを回すことになるのでスパナ形状のものだと何回も外したりつけたりでかなり時間がかかることに。
理想はラチェット式のレンチ。ナットからレンチ外さなくても締め続けることができるものね。ホームセンターにいけば絶対にあります。100円ショップもあったと思うが100円だったか忘れた。
俺はラチェット系はぶっこわしていらい持ってないので手持ちので。ラチェット以外でやりやすいのは写真のようなドライバーのような形のレンチ。
今回は最初指でナットをつけて、これで仮止め。本締めはメガネレンチでやりました。付属の工具でやってもいいですが何かしら10mmの工具は買ったほうがいい。
100円ショップのメガネレンチにするだけでも作業効率はかなり上がります。

工具なんてなんでもいいよと思う人もいるでしょうが、このラック作るのに回すナットの数は44本。すこしでも回すのが早くなるとそれだけ早くできあがる。逆に一本回すのにすこしでも手こずれば、カケル44になるのですごい時間かかることになります。工具は本当用意したほうがいいよ。

DSC_8155
あと注意点は、ボルトがかなりやわらかく容易にネジ切れる。このラックをしっかりと組み立てるポイントはできるだけボルトを強くしめること。けど目いっぱい締めると切れるっていうね。
レンチで硬いと感じるところまで締めたら、そこから45度くらい締めたら限界です。最初に書いたが予備のボルトは無いので、切ったら足りなくなりますのでご注意を。一本切ったのにあんたどうしたの?と思いますよね。一本ないですよw 必要ならあとでなんかしら買ってこようかなって感じです。たしかこのまま一本たりないままでいくでしょうがね。

DSC_8158
説明書のPDFはこの時見てないので、めちゃくちゃな組み立てかた。まず天板つけて、一番下の棚板つけて、支柱を四本つけて、そこからあとの棚板をつけるといやりかたでした。
このやりかただと支柱の3本目四本目つけるのがかなり大変。支柱がぶらんぶらんになるのでもうねって感じに。
まぁ説明書通りにやればいいのさ。

DSC_8159
足元につける安定座ってのもあるんでつけましょうね。向きに迷うかもだがこれも説明書よく見てください。

DSC_8160
写真撮る予定もあったので外のガレージで仮り組して、そこから接地する場所にもっていき調整と本締め。できれば水平器はあったほうがいい。
ただし全部の箇所、完全に水平垂直ってのはむずかいしはず。だいたいでやめたほうがいいです。ちなみにこの水平器も100円ショップ。

DSC_8162
調整がおわればがっちりと本締め。最初の組み立てのときにしっかり締めたからいらないって人も思うかもだが、しっかりくみ上げて調整してとなると各部がきっちりあってもっと締められるようなところがでてきます。めんどくさいですが、きっちりと最後は全部のボルトを締め直しましょう。

DSC_8165
そんなことで完成です。曲がってるように見えますが、写真の撮り方の問題てことで。狭いので全体の写真撮るにはこんな構図しかできなくて。
棚板の間隔が違いますが、こんな風にすきな間隔にできます。が均等にしたときより強度は落ちることになるかもです。

さてまとめ。組み立ててるときは、こんなひょろひょろで大丈夫?と思ったが全部組んだらかなりがっしりでぐらつくこともなく、写真で電子レンジ乗ってますがこういうの開閉しても何も問題なし。補強プランも考えてましたがそんな必要もなく。誰がみても3500円のラックだなんて思わないでしょうね。
と完成したあとは満足なのですが、問題は組み立て。作業時間は3時間以上かかってます。休憩時間いれると4時間近く。
写真撮ったり、試行錯誤してやってたからこんな時間かかってるのもあるが、めんどくさいと思ってる10倍めんどくさいです。ナット44本あるのは大変。しかも回しづらいしね。もう一回説明書通りにやったとしても2時間近くかかってしまうんじゃないのかな。家具組み立ては苦手分野ですが、それでもナット締めるとかは普通の人よりは慣れてるつもり。それでもこんなかかります。一回組み立ててしまえば終わりなんでいいっちゃいいのだが・・・。
誰にでもいいよと手放しではすすめられないですね。組み立てが不安というなら1000円高くなるが同じキタジマでKTラックというボルトが少なく作りやすいものがあるんでそっちのほうがいいのかも。

このサイズの棚を木材で自分で作ったとしてもこの価格では無理なんだよね。そういうことで組み立てがめんどくせーなんて関係ねー安さこそ、コスパこそ正義!という人には最高のラック。そういうかたは購入してみるのもいいかと思います。
2014/2