スタジオセッション-1074
※このレビューはThruNite様より商品の提供を受けて書いています。過去のスルーナイト製品のレビューはこちらへ
販売価格3998円
スルーナイトの単三x1のLED懐中電灯。よくあるタイプのものっぽいですが拡散ディフューザーがつくのが特徴のモデル。そこはあとでしっかり説明。
てことでまずはパッケージ。Saber1A2014と似たパッケージというか書いてある文字以外同じもの。個人的にパッケージが共通ってのは整理するのに便利なので好きですね。

スタジオセッション-1080
スタジオセッション-1081
スタジオセッション-1082
サイズ長さ93.5x直径19(mm) 重さ63.5g(電池なし) 防滴性能IPX-8(潜水可能) 素材ステンレス鋼
素材のステンレスそのままという銀色がけっこうかっこいい。けどこの季節(冬)だとちょっと冷たい。重さもかなりあるがその分頑丈そうだなってのはもっただけでよくわかる。
デザインはいたってシンプル。クリップは最初はついておらず自分でつけるようになってます。丸い穴二つありますがそこにクリップがつきます。長方形のストラップ用と思われる穴もあります。

スタジオセッション-1078
スイッチ部分。ここもステンレス。よくあるゴム製のものよりなんか高級な感じもする。ちょっとすべりやすいかなぁとも感じたが操作に問題なし。
ちなみにスイッチを2秒以内に押すことにより明るさのモード切替ができます。とスイッチはここだけじゃなく先端のライト部分を回すことでも可能。自分はテールスイッチのほうがやりやすいが手袋なんかしてると回すスイッチのほうがやりやすいので選択肢があるのはいいですね。

スタジオセッション-1079
LEDはCree XP-G2。ここらへんのことは詳しくないのでさらっと流す。

スタジオセッション-1083
この用に先端が外れて電池を入れられます。エネループも問題なく使用できます。前のスルーナイトの製品にも書いたがプラスマイナスが書いてないので最初迷う。まぁ単三モデルだとバネあるほうがマイナスなんでだいたいわかりますが。
というかLEDがあるほうがプラスなのよね単三でも他の電池でも。スルーナイトのLED懐中電灯3個目でやっと気づきましたw 

スタジオセッション-1084
付属品はホワイトディフューザーとクリップとネジ4本と替えパッキン。でネジを締めるレンチ。ネジは2本でいいんですが予備がついてるのはありがたい。かなり小さいのでなくしやすいですしね。そしていつものパッキンもありがたいです。

スタジオセッション-1085
クリップつけました。どうしてもってことがなければクリップはつけたほうがいいかと。つけると転がらないので。取り付けはちょっとめんどう。ネジが小さいのもあるがネジ頭の六角穴がちょっと精度が悪い感じ。4本あるので穴がいいもの使いましょう。細かい作業苦手な人はがんばって。

456
モードはHigh(169ルーメン1.5時間)Low(20ルーメン39時間)firefly(0.2ルーメン147時間)。時間は持続時間。
ここらへんは同じLEDで同じ単3モデルのSaber1Aと同じ。写真撮ってないですが光の広がりもほぼ同じ感じでした。

画像2
あいかわらずのパトリオ6いじめの比較写真。前も書いてますがパトリオ6がすごい暗いわけじゃない。必要十分な明るさですよ。けどこのごろスルーナイト製品使いだして明るいのに慣れすぎて暗く感じるようにはなったのよね・・・w 
2m位前のカブを照らした状態の写真です。すごい広いわけでもなくすごい狭いわけでもなく、よくあるLED懐中電灯と同じ光の広がり。けど明るいので反射光も使えるのでかなり明るくは感じます。

DSC_8196
3m前くらいを腰のあたりで構えて照らすという懐中電灯もって歩くって状態の光り方。十分な明るさでこれも問題なし。

スタジオセッション-1086
やっと本番といえるディフューザーの紹介。ディフューザーって何?って人もいるかもだが光を拡散するものです。写真撮ってる人だとけっこうおなじみの単語。LED懐中電灯の欠点は光が拡散しづらいこと。逆に直進性が強いのが長所とも言えますが。
てことで全体を照らすというのは苦手なことが多い。てことで先端にディフューザーをつけてLEDランタンのようにして光を拡散させようってもの。別売りでこういうのうってるところもあるが付属してるってあんまりないのよな。
取り付けかたはライト先端にかぶせるだけ。きっちりとはまります。

画像3
てことでHighモードでディフューザーありなしの写真を撮ってみました。一目瞭然ですな。ディフューザーつけるといい感じで光が広がりました。
かなり広くをってことはできませんが手元に立てれば本など読むには問題なしの明るさと広がりはあります。と写真みたいに平なところだと立ってくれます。バランスがいいのか、ステンレス製で重いからかわかりませんが立てやすく安定性もあります。

123
明るさモード別でディフューザーつけたものを。何かを照らすというならHighじゃないときびしいですね。真っ暗は嫌ですこしでも灯りがほしいというならLowかな。fireflyは自分の位置を一応知らせるってのには使えるかしら。ちなみにHighはディフューザーつけてもけっこうまぶしい。発光部はあまりみないほうがいいです。

さてまとめ。質感がよく単三x1モデルだと所有感ってのが出づらいがこれはそんなこともなくちょっと見せたくなる感じのもの。懐中電灯としては普通とも言えるがディフューザーは便利ですね。ちょっと広く照らしたいてときにかぶせるだけはいいです。こんな形状ですが立ちやすいのも好印象。
しかし単三x1モデルでこの明るさとしては正直ちょっと値段が高い。しかしオールステンレスの質感とディフューザー付属と考えると高いってわけでもないのかなぁと。懐中電灯とランタン買うと思えばねってことで。
そんなことで一本でいろいろしたいって人はいいモデルなんじゃないのかな。
2014/2
LED懐中電灯一覧へ