DSC_8206
参考になるんだからならないのかわからないが今シーズン(2013〜2014)の冬のバイク乗ってた時の服装でも書いてみましょうかなって。冬って一言で言っても地域格差が激しいので自分が乗ってたコンディションを。
温度3〜-5。乗ってる時間は約1時間。雪もじゃんじゃん降ってたりつもってたり。だいたいこんなです。まぁバイク乗っていい状況ではございませんわな。こんな極限状態で乗る人ほぼいないのでこれ書いてもどうなんだと自分が一番疑問だったりしますw 

スクリーンショット (568)
ハーレー乗りのための防寒ガイドより http://www.virginharley.com/harley-feature/080104/index.html
寒い時にバイクを乗るための服装で一番大事なのは防風。上の画像みてわかるとおり理論上バイクに乗るとこういう体感温度になる。60kmで走れば気温よりも体感でマイナス16度。気温5度でもマイナス20度以上と感じてしまうってことですな。これは素肌でってことで何かしらみなさん服を着てますのでこんな体感温度にはなりませんが、普通の服装で5度以下だと、60キロで10分も走ると体の感覚なくなるくらいにはすぐ冷えちゃう。
寒いんだからあったかくということで厚着をするってことが最初に思い浮かぶでしょうが、肉襦袢着てるみたいに着込んだところで風が入ってくるようでは全然あったかくないです。風が入るというのはスキマからでなくて生地表面から。冬にバイク乗るとよくわかりますがジーンズみたいなものでも穴あいてるんじゃね?ってくらい風が通ってるって感じることができるのよ。
そんなことで、冬のバイクの服装を考えるならまず防風。そして防水。そこらへんをまず完璧にするってことですね。それができたならあとはどうにでもなったりします。

DSC_8109
上からいくか。まずヘルメット。OGKアヴァンド2ピンロックシートというもの。フルフェイスじゃないの?といわれそうですがメガネっ子なんでフルフェイスはめんどくさいもので。フルでもジェットでもいいが最低限顔はシールドなどで覆われるものを使いましょう。半ヘルとかもでいいけど耳かけとかしないと寒くてやってられんので。
で大事なのが曇り止めのシールド。冬のように気温が低いと何も対策してないシールドはどうしたって曇る。曇るとシールドを上げることになる。上げると顔面に直に風受けることになり超寒い。曇り止めシールドは視界の確保もありますが防寒の効果も高いというか、ありなしでは雲泥の差があります。気温マイナスで60キロの風うけると笑えないくらい寒いのよね〜。
俺が使ってるようなピンロックシートがオプションにあるものは少なかったりしますが、冬も乗るって予定があるのならば予算が少しかかっても曇り止めシールドのオプションがあるものを選びましょう。汎用のはおすすめはしません。
最悪はというかそういうのが無いのならば、スキー用のゴーグルかけてフェイスマスクみたいなことになりますね。けど曇らないゴーグルってのもけっこう高いのよな。どっちにしろ視界が曇らないようにして走行中に顔を出さないようにするってのは冬の運転には大事なことですので、いろいろと対策考えてください。

DSC_8208
首と顔はネックウォーマー。このネックウォーマーはホームセンターで200円くらいのもの。高いもの買うのもいいが安いの何枚もかって2重にしたり3重にしたりってのでも十分対応は可能。
ネックウォーマー使うときに大事なのが上着と首のスキマを埋めるってこと。首と上着のスキマから入る風をさえぎるだけでかなりの防寒に。ネックウォーマーじゃなくてもいいのでクビからの風の侵入を防ぐ対策は絶対にしましょう。

スタジオセッション-134
上着はユニクロのブロックテック。てなんでブロックテックなくなってしまったの・・・。それはいいとして止水ジッパーなど装備した本格的なレインウェアってのを一番上に着るってのが俺のおすすめ。こんな薄いのだけじゃ寒いだろってことですがこの下はどうにでもなるんでね。プラス気温ならトレーナーの上にこれ着て終了。寒いときはトレーナーの上にやっすいフリースのもの着てこれを一番上に。
冬用のモコモコしたようなもの着るのが悪いってわけじゃないがそういうのってけっこう高いし、融通が利きづらかったりもする。それなら夏にレインウェアとしても着れるこういうものを一番上にして中は気温や動きやすさなど自分好みにインナーで調整というほうがいろいろと都合がいい。プロテクター類もすきなものつけられますしね。

上着に使うレインウェアはケチらず最低でもゴアテックスじゃなくてもいいので防水透湿性素材を使ったものを。適当なナイロンウェアだとものすごい風通すので寒いです。あと透湿じゃないと厚着することもあり蒸れます。蒸れてしまうとその水が今度は冷えにつながります。汗かかないというか蒸らさないってのも防寒にとっては大事。
夏でもカッパとして使えますのでケチらずいいもの買いましょうってユニクロで安くなったときにこれ買ってる俺が言えることもでもないですが。

DSC_8207
手袋というかグローブ?どっちでもいいか。これはホームセンターの500円くらいのやっすいもの。これだとマイナス気温になるときびしいですね。マイナス5度越えると氷水に指突っ込んでるような感じになりますw
ハンドルカバーなどしないなら手袋はいいものを買いましょう。これも防風防水をまずは重視。寒い場合はインナー手袋でみたいなことのほうがいいのかな。インナーいっても毛糸の手袋でいいですが。
あと大事なのが手袋の長さというか上着の袖が手袋に入れられるものがいい。上着の袖はきっちり締まるものでも風は入ってきやすいので手袋に袖いれるのが一番防風効果は高い。
ただあんまりごっつい手袋しちゃうと操作がしづらくなるってこともあるんだよね。うちのバイクはカブですが、カブで冬と言えばハンドルカバー。あれつけて薄手の手袋ってのが一番ではあるんですがね。個人的にいろいろあるんでまだ装着してません。
安くていいのということになるとバイク用にはこだわらず山岳用なんかに手だすのがいいんじゃないかなと。どっちにしろグローブ選びは難しいのよなぁ。

DSC_7822
パンツはモンベルのサンダーパス。パンツ関係いろいろありますけど上着と同じくこれもレインウェア着ちゃってその下に履くもので調整ってのが一番楽で融通も効き予算もかからないし温かい。
わかってるけどダサくてここらへんのは履きたくないって人も多いよね。けど氷点下で雪が降るとかなるとそうもいってられずです。というか次に書くが足元長靴なんでねこういうもののほうがコーディネート的には合うのよな。
ちなみにこの下はスウェットだったりフリースのものだったりです。ジーンズとかならその下はタイツみたいなのは履くかな。

スタジオセッション-712
靴は長靴。これは弘進アスパーライトKL531ってもの。冬履くなら内側がウレタンでモコモコとなってるものが断然あったかいです。これに靴下一枚で問題なかったですね俺は。
長靴はなぁ・・・て人も多いでしょうが、防風、防水という観点から見ればこれがやはり最強。ブーツ系だといくらいいものでも縫い目などからの浸水はどうしても避けられないのでね。雪道も乗ること前提で書いてるが雪道は最後にはただの水になるわけで、水たまりみたいの突っ切るのはよくあることだし、対向車に水ぶっかけられるのもよくあること、というか消雪栓ていう道路から水でる場所もあるんで長靴以外は正直不安で使えません。

てことでこんな服装でこの冬(2013〜2014)を乗り切りました。もうすこし長い時間のるとなると、グローブはパワーアップさせ、あとはカイロ系を使うってくらいですかな。金があるなら電熱系のベストやらなんやらがほしいですけどね。さすがに高すぎてあれは手がでない。
てことで最初のほうに書いたが冬にバイク乗るならまず大事なのが防風と防水。そしてお金かけたくないなら見た目は二の次ってことですかな。俺と同じようなコンディションで乗る人はそういないと思いますが、そういうときがあるならいろいろと服装は考えてくださいな。
2014/2