スタジオセッション-1184
発売日2013/4/26 購入価格963円
製品HP http://ctlg.panasonic.com/jp/charge/eneloop/eneloop-3/BK-3MCC4.html
パナソニック全面押しデザインになったエネループをやっと購入。避けてたってわけじゃないですよ。手持ちに余裕があっただけ。で余裕がなくなったので購入。アマゾンブランドのニッケル水素とも考えたがあえてこっちにしました。気づいたらロゴ変更の騒動から一年もたってるのよな。ときの流れるのは早いです。

スタジオセッション-1185
デザインはかわりましたが、パッケージをそのまま電池ケースにってところは変わらず。

スタジオセッション-1186
新旧エネループ比較写真ですな。エネループは最終モデル?というかエネループロゴが全面にってのの最終モデル。見てわかる通りのパナソニック押し。個人的にはエネループには見えないがダサイとは思わない。もともとパナのロゴは嫌いではないので。質感はそのままでキレイな電池なんでね別にパナロゴだろうが気にはならずってのが正直なところ。一応外装は抗菌加工してあるそうな。

スタジオセッション-1187
裏というか後?同じような違うような。王冠マークってのがなくなったのね。この新型がバージョンアップしたら今度はどこがかわるかしら。まぁガラっとデザイン変えてくるんでしょうが。

スタジオセッション-1189
注意書きのところも同じようで違う。個人的に一番気になったのが三洋版だとMade in Japanだったのがパナ版で日本製となったところ。どっちがいいのだろうか。まぁどっちでもいいが。読む人あまりいないだろうが注意書きはパナ版のほうが文字大きくなって読みやすくなりました。

スタジオセッション-1190
大きさは同じなので前にかったエネループのケースにもしっかり入ります。そういえばこのケースのパナロゴ版もうってるのよな。

さてまとめ。ロゴが〜ロゴが〜ばかり言われる新エネループ。ロゴ問題を別にすれば基本性能はしっかり上がりコスパ信頼性と一番のニッケル水素充電池には変わりなし。ロゴせいなのかはわからないが前よりすこし値段やすくなってるのよね。そんなことでロゴさえ気にしなければ前よりもコスパはかなりよくなってる。前のロゴがよかったというのは同意ですが無いならしょうがないわけで。前のもまだうってるは売ってるがバカみたいな値段になってる。わざわざそれかう意味は無い。電池なんてどうせ使うときは見えないもの。割り切ってつかいましょう。
2014/3