スタジオセッション-1148
購入価格758円(送料込) 製品HP http://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=K35
バイクや車の六角対辺が16mm用のプラグレンチ。21mm用はK36。16mmで長いタイプのK185とエーモンから発売されてます。
プラグレンチの選び方って書きましたがあれでカブ110(JA10)用のプラグレンチは16mmってわかったので16mmのカブによさそうなレンチを探してこれに。カブの場合外装外さないでプラグ取るんだと狭いところでの作業になるんでユニバーサルタイプという軸がいっぱいあるこのタイプがいいのかなぁと。そういえばプラグレンチ買うの初めてだったり。

スタジオセッション-1150
全長は約25cm。一番先の六角部分が約6cm。その次の軸の長さが約3.5cm。最後の長い棒が約17cm。ってことになってます。シュミレーションしろっていっても難しいですが、こういう三本が二つの軸でつながって動くってのをよくイメージして、このレンチで大丈夫なのかどうかよく考えてくださいね。

スタジオセッション-1152
横。軸が縦横となってるのもポイント。ここらへんの3D的な動きがイメージしづらい。

スタジオセッション-1154
一番下の軸は約180度。二番目の軸は200度くらい動く。

スタジオセッション-1155
六角の中はゴム式。カブ用なんかの細いものは固定できません。磁石式のほうが何かと便利なんでお金あるならそういうものを。六角の壁は薄くは無いです。銀の丸の直径は約21.5cm。薄いものが必要な車やバイクだとたしか無理。そこらへんも確認しましょう。

DSC_8217
カブ110に使ってみました。レッグシールド外さずプラグレンチはささりました。がここからがけっこう大変で。軸が多いのは狭いところでも刺さり、レンチを動かせるのはいいが、力は非常に入れづらい。軸がどう動き、どう回せば力が入るのかってのをよく考えないとグダグダに。カブのような細いプラグなんでなんとか外せたがけっこう太目でそれなりにトルクかかってると無理な場合もあるかも。

DSC_8220
最初緩められればぐにゃぐにゃさせながらクルクルと回すことも可能。

DSC_8222
無事外せました。このあと新しいプラグも問題なくはめることができました。
さてまとめ。プラグの脱着取り付けはできたので及第点はあるが、コツがいるレンチだなと。工具なれしてる人はいいが、慣れてないとなんじゃこりゃ〜となる可能性大。でさきほども書いたがトルクはかけづらいレンチ。スペースがある作業であるならこういうものじゃないもの買ったほうがいいです。あとは磁石ついてないのでプラグは落ちる場合が多い。手も入らないような場所で使うレンチだが本当に手も入らないようなところなら高いといっても磁石つき買いましょう。
そんなことで安いので初心者というか工具慣れしてない人が買うことが多い感じですが、それなりの人向けの工具。そういうことを重々承知したうえで買いましょう。で俺みたいにカバー外さないでいいから〜って買う人も多いでしょうが、カバー外して交換できるものはカバー外しましょう。なんだかんだそれのほうが精神的には楽よ。
2014/3