スタジオセッション-1234
希望小売価格3.132円 購入価格約2.900円 製品HPはこちら
アシックス製のランニングキャップ。クロスってのはクロスカントリーのクロスでいいと思うが。そういう野山駆け回るような競技でも使ってねことだと思う。
自分は走る時に帽子はかぶらない人。暑くなるのでかぶってられなくなっちゃうので。けど小雨くらいで走れるなぁってときに頭びしょびしょになるんでやめようってことが多々。で防水のものとかいろいろ探したがしっくりこずで撥水加工がされてるっていうこれを発見で購入。フリーサイズだと小さいのでLサイズがあったというのも購入ポイント。

スタジオセッション-1236
色はこの白のほかに赤青ライム黒が。素材はポリエステル。つばの先の黒いところはニットメッシュ。肌触りがいい感じになってます。

スタジオセッション-1235
前。前のこめかみ?というかサイドにスリットありますよね。空気穴ってことでなくテンプルホルダーというサングラス用の穴。

スタジオセッション-1246
サングラスもってないのでメガネでテストしてますがこんな。感じになります。

スタジオセッション-1247
こんな風に貫通して頭に固定。かなりガッチリとサングラスが固定されるので落ちる心配はなし。サングラスをここに刺すのも簡単。なんだかんだと地味に便利。

スタジオセッション-1239
後ろ。ベルトがあって大きさ調整可能。とどう調整していいか最初よくわからず。

スタジオセッション-1248
ベルトの端がキャップの中に入ってました。調整する人はこれ引っ張り出しましょう。端は戻すことも可能ですがちょいとめんどくさいというか何か道具使わないと無理かも? 俺は毛抜きでひっぱってたりします。

スタジオセッション-1237
俺はベローンと出した状態でつかってたり。かぶったあとにベルト締めるときっちりと頭に固定されるので。

スタジオセッション-1245
上。まぁシンプルなものです。

スタジオセッション-1242
スタジオセッション-1243
スタジオセッション-1244
裏側。頭密着する帽子のすそ?でいいのかしら、そこもニット状になっていて肌触りがいいです。汗もきっちり止めてくれるかなと思いますし、固定力も十分。

スタジオセッション-1250
撥水加工についてはテスト不十分。どっちにしろ防水では無いので土砂降りではだめだと思うし、小雨でも長時間は期待しないようにしましょう。

スタジオセッション-1249
洗濯は手洗いで乾燥機、アイロンだめってもの。まぁ洗っていいよってなってるだけマシです。帽子系は洗濯だめなんてことが多いので。

スタジオセッション-1251
さてまとめ。ランニングキャップとしてできは申し分なし。とランニングキャップで一番問題になるのがかぶりが浅いこと。これも例にもれず浅い。がけっこうしっかりかぶれる。走る程度ではまず落ちないですし風もかなり強くないかぎり大丈夫。
普通のキャップでも浅く感じる俺ですがこれはなんとか大丈夫だったのでキャップは小さくてって人は試してみる価値あるかもです。かぶるコツとしては最初は調整ベルトを緩めてかぶり、かぶってからベルトを引っ張って締める。そうするとけっこうきっちりかぶれます。気になる方はぜひ試着してみましょう。

サイズに問題無いかたはさっきも言いましたができはいいキャップ。デザインも悪くないですしサングラスホルダーもあり、あんまりない撥水加工のもの。けっこうおすすめのランニングキャップだと思いますよ。
2014/4