DSC_8348
バイクのミラーってけっこう緩む。こけるとだいたい緩むよね。あとはヘルメットとかひっかけてるといつのまにかグラグラ。で手で回して締めようかなと思うとうまくいかなったり逆にゆるんでみたり、へんな方向で締まったり。バイクメンテ初心者だとけっこう頭悩ましたりするものです。そんなことでそんなもの書いてみましょう。
記事の車両はカブ110(JA10)。JA10型のクロスカブだったりも同じ。あとホンダ車も基本同じなのかな。他のメーカーだとちょっと違ったりですがまぁだいたい同じといってもいいのかなぁ。まぁミラーはいろいろあるんで、その中の基本のパターンってことで。

DSC_8349
このごろのバイクの場合カバーがついてる場合が多いかな。カブ(JA10)もゴム製のカバーがついてるのでそれを上にずらす。なんかナット2個あるってな。ナニコレどっち回すの?なんてことになる人もいるかしら。

DSC_8350
ということでミラーの調整や取り付けなどにはスパナ系が2本必要になることが多い。カブ(JA10)の場合は14のスパナが2本必要。まぁミラーくらいならモンキーでもいいですがね。モンキー含めてもいいので同じサイズのものが2本必要なことが多いので無いなら購入してきましょう。

DSC_8351
軽くナットというかこのミラーの構造を。ナットが二つのダブルナットになってますが、下のナットはアダプター、上はミラーのナットになってます。
下のアダプターのナットは右ネジですので画像みたいに時計回りに回すと閉まります。緩めるときは反時計回り。ただついてるミラーをアダプターごと外したいというならこの下のナットを半時計回りに回すと外れます。

DSC_8352
で上のナット。ホンダ車だったり片側だけだったりまぁいろいろあるんですが今回の場合下のアダプターが逆ネジアダプターになってまして上のナットは逆ネジ、いわゆる左ネジになってる。なもんで締めるとなると画像のように半時計回りにナットを回す。ミラー自体もつけるときは反時計回りに回して取り付けます。うむ。文章にするとなんかものすごいめんどくさいこと書いてるきがするw

なんで逆ネジに?てことですが正直よくわかりません。これのほうが調整しやすいからなのかなぁと個人的にはおもってたり。倒れたときに緩まないためってのもあった気がしたがよくわかりません。

799
だからなんやねんってことですがこういう逆ネジアダプターがついたミラーの場合、ミラーを固定しようと上のナットを半時計回りに回し締めたと思ったら下のアダプターが緩んで、締めても締めてもどんどん緩むなんてわけのわからないことになったりします。
ということでレンチを2本使うわけですな。ミラーをいい位置に調整して、下のナットは時計回りの方向、上の写真の左のほうに力を入れ、上のナットは反時計回り、これも写真で左のほうに力を込める。レンチ2本もって絞るみたいな感じになります。そうするときっちりとミラーが固定されるってことに。やり慣れてる人にしたら当たり前のことですが、やったことないとなかなかうまくやれないものですからね。頭こんがらがるかもしれませんががんばってやってみてください。

DSC_8355
ミラーだけ取り外すって場合は、こういう風にアダプターはバイクにつけたままで外したほうがやりやすいことのほうが多い。アダプターごと外してあとでアダプターを外せばいいんですが、レンチ2本うまく使えないと外しづらいのでこのほうが楽かと。

DSC_8356
ということで取り外せました。カブの場合はネジは直径10mm。下も上も同じです。

DSC_8357
そんなことでまぁこんなことになってます。ちょいとわかりづらい感じになった気がしますがすいません。
最初に書きましたがこれはスーパーカブ(JA10)のことで他だと逆ネジじゃなかったり、ぜんぜん違ったりします。が2個のレンチを使ってってのはよくあることなんで2個つかってがんばってやってみてねん。
2014/4