スタジオセッション-1265
希望小売価格2.200円 購入価格約2.000円(送料別)
製品HP http://nankaibuhin.co.jp/goods/kani/index.html
バイクにナビやらなんやらつけたいなと思いそういうステー類を探すわけですが、そういうものはだいたいが丸パイプに挟んで固定するパイプクランプ式というもの。バーハンドルタイプのバイクが多いので問題ないこと多いのですが俺の乗ってるカブ110などのようにカバーがされててハンドルパイプが一切見えないものも多い。セパハンの場合もつける場所が無い場合が多い。カバーに穴開けろ、溶接しろと手が無いわけじゃないが誰にでもできるものでもないし取り返しがつかないことになってしまう。でそういうときに使うのがこれ。
「ミラー」と名前に入ってるのでわかるかもだがミラーの取り付けネジに挟んでパイプクランプを後付けしようってもの。

スタジオセッション-1267
パイプ長さ約9cm クランプ有効長5.8cm。黒い円柱ありますがここにステーなどつける。これの全長は9センチですがネジ部分があるんでクランプとして使える長さは約6センチってこと。
素材はスチール。重さは約180g。みたまんまといえる重さかな。色は黒とシルバー。黒は塗装。塗装がはがれやすいって感じはないが剥がれないことはないでしょう。

スタジオセッション-1266
Zアームってものに穴があいててここにミラーのネジを入れて締める。銀色のところに六角レンチいれて円柱を動かしいい位置に。

スタジオセッション-1269
スタジオセッション-1268
横。高さはだいたい6.5センチ。アームに穴があいてますが落下防止用のストラップを接続するもの。他のKANIシリーズにストラップがついてる?らしいです。ちなみにこの穴の大きさは約直径6mm。

スタジオセッション-1270
六角レンチは6mmでちょうど。ない場合は購入しましょう。締めたり緩めたりは問題はなかったです。

スタジオセッション-1271
こういう風にパイプ部分を外すことも可能。可能ですが外したところでどうするってことに。

スタジオセッション-1272
パイプの横はプラスチックのカバーがついてるだけ。両側このようになってます。これがゆるい気がする。走ってて落ちたことは無いが落ちたら嫌って思ったら接着剤みたいなもので補強したほうがよさそう。

DSC_8323
さて取り付けてみましょうか。まずミラーを取り外す。取り外し方などは前に書いたやつをどうぞ。一般的なミラーなら取り付けに問題はでないはず。カブ(JA10)の場合はアダプターとミラーの間につけるしかない。

DSC_8328
アダプターに挟むこともできるがネジが最後まで締まらないしカバーに干渉するのでおすすめはしません。

DSC_8325
そういえば対応のネジは8mmと10mmとなってますが、これの穴は10mm。10mm以下のネジなら、やりようでなんとでもなるってことですな。

DSC_8329
DSC_8331
取り付け完了。わかっていたことですがカブ(JA10)でアダプターとミラーの間に取り付けるとこういう風にへんに浮いた感じになるのよね。まぁいろいろ対策はありますがそのうち余裕があればやってみます。

DSC_8332
さてまとめ。まぁ何も問題なく。安いってものでもないのでそれなりに質もよく問題はないかと。まだないですがスマホナビなどつけるにはちょうどいいです。揺れもここまでなら問題はなし。
ただし上の写真のようにこれに何かつけてカメラとなると揺れがものすごい。カブだからってのもあるしカメラがでかいってのもあるがびっくりするくらい揺れます。カメラで動画用でって思ってる人はあまり期待しないほうがいいとおもいますよ。
そんなことでクランプものつけるにもパイプがないがなって人にはいいものなのでいいと思いますよ。バイク変わってもつかえますしね。
2014/4