スタジオセッション-1253
希望小売価格1.950円 購入価格約1.700円
製品HP http://www.minoura.jp/japan/holder-j/vc100-j.html
丸パイプのハンドルバーなんかに簡単に取り付けられるカメラマウント。雲台みたいに三脚穴に入るネジがついてるので三脚穴ついてるカメラなら取り付けられる。
ハンドルバーがないカブですがナンカイのマルチホルダークランプを買ったので興味があったこの手のカメラマウント買ってみようかなと。で価格手ごろでよさそうなこれを。ちなみにかったのはSサイズのやつです。
とこんなの買う人はバイクや自転車にカメラつけて車載動画撮るためってことですがメーカーは走行中の使用は推奨してません。停止状態での三脚変わりってのが適切な使用方法。
そういうことで走行中の使用でうまく使えないからって文句いってもダメですよと。そういうことはよくよく理解してください。

スタジオセッション-1254
付属品は本体と、ビニールというかそういう感じのハンドルに巻くものが。これがないとぎっちりは固定できませんのでなくさないようにしましょう。まぁ代用品作るのは簡単ですが。
サイズはSとMがありSが直径22〜29mmに対応でMが28〜35mm。大は小を兼ねるってことではないので自分のサイズに合うもの買いましょう。わからないっていってもどうしようもないので自分が取り付けたいところ測りましょう。100円ショップのノギスで十分測れますので。

スタジオセッション-1256
写真の状態で高さは約7.5センチ。クランプから上の部分、ハンドルより上にでる部分がネジの上までで約3.5センチ。コルク部分までなら約3センチ。本体重量は約100g。素材はアルミとステンレスとコルク。ネジ部分がステンレスなのかな?
けっこうキレイでいいデザイン。一応日本製なのかな。

スタジオセッション-1257
幅は下の金具部分で2.7センチ。クランプ部分で1.7センチ。

スタジオセッション-1258
逆側、どっちが前とか後ろとかあるんだろうか?とこれ書いてて疑問に思う。製品HPみると六角穴あるほうが後ろになってるんでそういうことなんでしょう。

スタジオセッション-1259
こっちが前側ってことですな。

スタジオセッション-1261
スタジオセッション-1260
下と上。三脚ネジはいわゆるの小ネジ。三脚穴は今はこの小ネジサイズなんで穴あいてるカメラならどれもはまる。
カメラ本体をクルクルと回し最後の締めはコルク下の銀のものを回して本締めってタイプ。
クランプ部分は一応すべりどめっぽい溝が。

スタジオセッション-1262
横の六角ネジの説明。レンチささってますがここを調整してパイプの太さに合わせる。で下でパチンと締めて固定。ぎっちり締めたい場合はクランプを閉じてからレンチで締めると二度と外すことができないくらいぎっちりしまります。ちなみにここの六角のサイズは5mm。付属してないのでどっかから買ってきてください。レンチ無しでも問題ないがあったほうがいいです。

スタジオセッション-1263
もう一個六角の穴あるのよね。さっき回したうえに小さいのがあります。これのレンチのサイズは2mm。

スタジオセッション-1264
で回すとどうなるかっていうとこのように分解できます。というか三脚穴用の小ネジを固定してるもの。ここを回してゆるめることによってネジの長さが調整できると。調整しなくてもなんら問題なく使えますが、ネジの長さが〜って人はこんなこともできますよと。

DSC_8332
さてまとめ。車載カメラのマウントとして使えるの?ってことよね知りたいのは。固定に問題は無しで、カメラが落ちることもなく使えるといえば使える。ちょっと不便なのはカメラの角度や方向はすぐかえられないてこと。雲台挟めばいいんですが車載だと高くすればするほど揺れるのでね・・・
写真みたいなつけかたでどうなったて?動画も貼ってないのでお分かりでしょうがというかマルチホルダーのところで書いたがカブでこんな取り付け方だともうすごいことになって動画どころじゃないですw 
バイクのマウントでの揺れをどうにかって人が多いと思いますが、まぁ車体に直接つけて揺れなくするのはどういうマウントでも無理よ。まったく揺れなくというなら体につけるのが一番よ。こんな風に
まぁマウント自体はしっかりしてるし高さも低い。幅も調整自由ですのでゴム挟んだりの対策もしやすい。大きいバイクならなんとかなるのかなぁ?と。
あとは自転車だとそれなりにいけるかなぁと。車載用のカメラマウントいろいろありますが、そういうのやりたいっていうなら安いですのでいいんじゃないかな。そしてダメーってあきらめるのもいいことです。このままオクラってこともなくインターバルでの静止画用にはいいかなとおもってるのでそんな風に使う予定です。
2014/5