スタジオセッション-1352
希望小売価格3.715円(税抜) 購入価格3.749円(送料込)
製品HP http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1108669
いわゆるのレイングローブでオーバーグローブ。単体で使ってもいいですが何かの手袋の上からつけることもできるってもの。雨用手袋は昔からほしかったのだが絶対いるわけでは無かったので長年保留してきましたが冬に本格的にバイク乗るようになり雨でバイク乗るのも抵抗がなくなり、ランニングや散歩時もあるといいのよなぁといろいろ物色。モンベルでもアウトドライっていう完全防水のレイングローブはあるんだが高いしそこまでのはいらんし夏に使えるものじゃないので、こういうオーバーグローブなら中の手袋を工夫することによって冬でも夏でもいけるかなってことで購入。

スタジオセッション-1355-2
モンベルのオーバーグローグは現在(2014/5)4種。5本指のオーバーグローグ、親指以外がまとまってるミトンタイプで長いのと通常が、で今回買ったトリガーフィンガーミトン。ミトンの状態から人差し指だけ別れさせたってやつですな。
手袋の上からつけるものなんでミトン状態のほうが装着楽だろうし冬もあったかいだろうしとミトンでいいかと思ってたのだが人差し指が使えるほうが、このままカメラ使えたりもするし便利かなぁと。まぁこの形の手袋使ったこtなかったので興味があったてのが一番かしら。

スタジオセッション-1353
素材はアウターシェルがハイドロブリーズ3レイヤー 甲70デニールナイロン・タフタ。手のひらが合成皮革。
甲は一般的なカッパなようなツルツルしたもの。で手のひらがゴムっぽいというか皮っぽいというか、そんな感じのちょっと硬めのもの。それなりの滑り止めにはなると思うよ。

スタジオセッション-1354
ちょっとわかりづらいが指の横部分は合成皮革。けっこう擦れて破れたりするところなんで硬い素材なのはありがたい。とこの構造がネオラップアラウンドフィンガーってモンベルでは言うそうな。「摩耗しやすい指先を合成皮革などで包み込むことで強度を高め、指のカーブに合わせて立体パターンで優れた指先感覚を実現」だそうな。
強度はありそうですが感覚が〜とかわからんw
あとサムガセットってのもわからん単語だったが、親指が動かしやすい縫製だってことみたい。これもよくわかりません。

スタジオセッション-1356-2
こちも指の横は合成皮革。そういえば重さはHPの仕様だと90g。自分で測ったら80gでした。両手分の重さね。
まぁ重いと思う人はいないはずですが。

スタジオセッション-1363-2
ひっくり返して中を。同じハイドロブリーズを使ってるからか前に買ったサンダーパスのパンツとほぼ同じ内側。ひんやりとしたりしませんし、蒸れなくていいのよ。

スタジオセッション-1362-2
手のひら側はこんな。表が合成皮革のところの内側は黒いところです。さらさらとした手触りですがそれなり丈夫そうな感じ。けどみてわかる通り縫い目にシールなどはしてないので水はたしか入ってきます。

スタジオセッション-1357-2
手袋裾にこんなものがついてます。

スタジオセッション-1358-2
でこういう風にがっちゃんこできます。はめやすいし外しやすい。つかってなくても邪魔になることもない。こうやってくっつけておけば片方だけどっかにいくこともない。いい機能です。まぁ俺の場合は片方だけでなく全部どっかになくすのでしょうが。

スタジオセッション-1359-2
裾を締めるドローコードも工夫されてます。ワンハンドアジャスターいうそうです。てことで片手でひっぱれば締まる。

スタジオセッション-1360-2
緩めるときはこの根元のビラビラをひっぱると緩まる。本当にワンハンド、片手でしめるゆるめるができるすぐれもの。

スタジオセッション-1361-2
締めるはいいとしてなんで片手でゆるむの?って話ですが、ビラビラの間によくあるバネ式のロック機構のものが入ってて、ビラビラを引っ張るとロックのボタンが押されロック解除になり自然に緩むってことに。よくわかんなーいって言われそうですが、構造わからなくてもかなり簡単に緩められますのでいいです。

スタジオセッション-1365
オーバーグローブってことで重ねて装着してみないとということで今年の冬使ってたやっすいグローブの上に装着してみましょう。見てわかるとおりかなり綿がはいった分厚いものです。

スタジオセッション-1366
まぁ問題なく重ねられました。手首のところにゴムがあるがそこがちょっときついというか入れるときに苦労するがそこ以外はぴったりな感じ。下のグローブのサイズはM。でオーバーグローブのサイズもM。Mのグローブつかっててその上にというならMのオーバーグローブで大丈夫よ。

DSC_8450
大事な防水性能をテスト。雨の中バイクのってくればいいんですが諸事情ありで濡れちゃいけないところあるもんで風呂で水ぶっかけてみましたw
とまず知っておかなきゃいけないのがこれは防水じゃなく防滴グローブ。そこまでの防水性能は本当は期待しちゃいけないのよなぁ。
と案の定浸水。縫い目から水が入ってきますねやっぱり。アッパー自体は濡れないんですけどね。実験してないのでわからんがバイクで雨ジャンジャンっていうのだとダメかもね。まぁ歩き用か冬用かなぁと。過剰に期待はしてなかったがやっぱりアカンかったかと。

スタジオセッション-1367
さてまとめ。オーバーグローブとしてサイズ感、使い勝手と文句なし。けど防滴グローブなんで防水性能はちょっとというところ。レイングローブとして使うには微妙なのかもです。
ただしこれはオーバーグローブ。インナーで自分の使用環境に合わせることは可能。ネオプレーン系の手袋でもして上にこれかぶせれば雨でも問題はないでしょう。ってそれおかしくない?ってことですがやすいネオプレーン手袋だと手首から侵入するしダサイのでねこれつけてごまかせるってことで。
まぁ使い方はいろいろってことで。バイクのレイングローブとして使うには防水性能が微妙ってことはよく理解しておいたほうがいいと思います。冬に寒いので今使ってるのに防風性能を追加ってのがバイク使用だと正しい使い方なのかもです。
2014/5