DSC_8564
バイクや自転車、チェーンによって力を駆動輪に伝えるものはどうしてもチェーンが伸びて規定よりたるむ。チェーンがたるみすぎると起きるデメリットは、加速やシフトの反応が悪くなり、燃費が悪くなり、どこかにチェーンが当たり音が出たり、最悪チェーンが外れ走行不可能に。ということでたるみすぎたらチェーンの調整をしないといけない。
今回の車種はカブ110(JA10)ですが、やりやすいかは別として他のバイクでも基本は同じ。てことでそういう感じに書いてます。あとはいつも書くことですが素人が書いてることですので間違いはあると思ってください。そしてマネするかたは自己責任で。

DSC_8575
まずはセンタースタンドがあるものならばセンスタでバイクを立てる。サイドしかない場合はメンテスタンドなど使ってどうにか後輪を浮かす。車体がナナメであっても後輪さえ浮いてるならチェーン調整は楽。後輪が浮かせられないならやめておいたほうがいいと思うよ。できなくはないが俺はやりたくないですね。メンテスタンドのようなものを買うか自作か、それが嫌なら素直にバイク屋さんのお世話になりましょう。

カブの場合はチェーンケースがついてるものがほとんどなのでそれを外す。外し方はこちらへ。ケースを外さなくても調整はできますが、やりやすいので外すの推奨。チェーンが伸びてきてるということはそれなりに使用してるものだと思いますので、全体的なチェーンの状態を見たり掃除をしたりもついでにしたほうがいいので。ケースもかなり汚れていると思いますし。

DSC_8567
まずはリアアクスルナットをゆるめる。緩め方はリアホイールの外し方って記事を見てください。ここでまず一つポイントが。アクスルナットを緩め過ぎないほうがあとあとやりやすい。理想はチェーンアジャスターのアジャストナットがレンチでギリギリ動くくらい。
なんでゆるめ過ぎないほうがいいかというと、チェーン調整が終わってアクスルナットを締めるときにアクスルシャフトが動いてチェーンの長さが変わってしまうことがあるんですよ。
これで俺は散々苦しめられましてね。調整してちょうどいいたるみ→アクスルナット締める→チェーンがビンビンに。ってのを繰り返して泣きそうに。シャフトが動く分を考えて多くゆるませたりという職人みたいなことやってやってたりしてました。
でナット締める量が少なければシャフトが動く可能性が低くなるってことで。けどアジャストナットが動くギリギリって難しいですよね。なんかいやって人は大きく緩めちゃってもOKです。対策はまだありますので。

DSC_8570
さて調整へ。写真のようにナットが二つ付いたものは上のロックナットを適当にゆるめ、下のアジャストナットを締めてチェーンを張っていきます。アジャストナットは締めれば締めるほどチェーンは張ります。ゆるめればチェーンもゆるまる。
でどういう長さに調整するかって話ですが、これも前に書いたチェーンの遊び量の記事へ。たるみの量は下側とか上側だけってことじゃなく上下の幅ってことをお忘れなく。

DSC_8572
チェーン側のアジャスターを調整したなら今度は逆側へ。逆側はアクスルナットのところにある目盛をみて同じところにする。でリアタイヤ回転させてだいたいまっすぐまわってるなら調整は終わりと。

DSC_8571
とマメ知識ってわけではないが目盛がくるってるて場合もよくあること。そういうときはアジャストボルトの出てる長さを測って両方同じにしたりします。写真みたいにノギス使うと楽です。あとあるのはボルトの山のを数える。山の数が同じなら長さ同じと。こういう方法もありますのでうまくいかない場合はやってみましょう。

DSC_8573
しっかり調整てきたなとなればロックナットを締めます。アジャスターの上のナットね。ロックナットを締める場合はアジャストナットをスパナで抑えて動かないようにして締めましょう。ロックナットはきっちりと締めましょうね。そうしないと走ってる間にチェーンが緩んだりしますし、俺みたいにナットが無くなりますので。ちなみにカブ110(JA10)の場合ロックナットはM6のピッチが1.0のものならはまります。なくしたらホームセンターでM6のナット買ってくるのが安上がり。

DSC_8574
で調整が終わったらアクスルナットを締めて完了というわけですが、ここでもさっき書いたナットを締めるとき発生するアクスルシャフトの移動の予防策を。
チェーンにウエスでも木片でもいいので噛ませてチェーンをピーンと張った状態にする。ピーンとチェーンが張ってればそれ以上シャフトが動くことがないのでナットを締めても問題がないってことです。
このチェーンに何か噛ませるとさっき書いたアクスルナットを緩め過ぎないってのをやればまずチェーン調整がナットを締めてずれるってことは無いはず。
スプロケをドライバーかなんかで固定って方法もあるみたいですが、ウエス噛ませるのが一番楽だと思うよ。

でリアブレーキもできればチェックしておきましょう。タイヤの位置は変わってるわけで効かなくなってる場合もありなので。
でカブならケースもどして終了。やれる場合はチェーンの清掃注油もしておくといいかもです。

これ終わり。基本的には簡単な作業といえるんですけど、アクスルナットを締めるときに生じるズレ対策ってのをやってないと変な汗をかくことになる場合があるのでそこらへん注意してやってみてください。
2014/6