スタジオセッション-1681
希望小売価格400円(税抜) 購入価格約350円
製品HP http://www.nikon-image.com/products/accessory/lenscap/lc-52/
なんてことはないレンズ買えば絶対ついてくるレンズキャップの52mmのやつ。ちょっと前にDX18-55VR買いましたが、いきなりレンズキャップを紛失w レンズキャップ失くした〜と思ってもいつもすぐ出てくるのですが今回はでてこず。家の敷地内でなくしてるのでてくるはずなのだが・・・。それいいとしてレンズキャップ無いとレンズの傷が怖いので使ってないレンズの使おうと思ったがレンズ新しいのにキャップ古いのもなと新しいの購入。地元電気店ですぐ買えるのでね。高くもないし。
こんなもんレビューしなくていいのですが基本的に購入したものはレビューするってことでまぁやるかとすぐ書けるネタもないので。

スタジオセッション-1684
レンズキャップの包装ってのも見たことない人っているかもなんで裏面の写真も。メイドインはタイです。ニコンならおなじみというか当たり前ってことか。

スタジオセッション-1685
ニコンユーザーなら見飽きたよって形のレンズキャップ。スプリング式のキャップのデザインは大きさ違っても全部これ。
ちなみに52mm 58mm 62mm 67mm 72mm 77mmというラインナップ。77mmだと1.500円もするようです。

スタジオセッション-1686
裏。2014/7に買ったものの裏はこんな感じ。ちょっと見づらいですが左の半円の溝の奥にメイドインタイランドとあります。
これのために古い52mmのキャップよくみたら裏は発売された時期によってちょっとづつ違うみたいね。それはあとで。
構造的には真ん中の四角のところありますがそこのところにバネがあるってもの。

スタジオセッション-1687
横。溝は三段でいいのかな。これをレンズの先端のネジ穴にひっかけるってのが今あるだいたいのレンズキャップ。

スタジオセッション-1688
でさきほど書いたように真ん中にバネがあるんこういう風に引っ込むのでそれでレンズ先端の溝にひっかけるってことですね。写真撮りやすいので端もってますが、溝の中に指入れても問題なし。というかレンズフードつけてると溝の中に指入れないとキャップ取れない。

スタジオセッション-1690
さっきいった裏がちょっと違うってものを。左から古くて、一番左は7年前くらいのもの。メイドインが書いてなかったりバリというかヒケというか穴の跡がなんか多い。
真ん中と右は真ん中のバネ部品があるものがつやありとつや消しなのよね。別にどうでもいいよってネタですね。まぁ気づいたので書いただけです。

スタジオセッション-1689
で7年以上使ってるキャップがこんな感じ。長年使えばどうしてもニコンの文字が削れてきますね。そしてホコリたまりすぎってね。レンズさえキレイならキャップが汚くなっても別にいいんでこんな扱いです。ってボディもレンズも汚いけどね〜。キャップがキレイな人はボディもなんでもキレイそう。

スタジオセッション-1691
52mmであるなら他社レンズにも問題なく装着可能。サードパーティ製のレンズのキャップがボディのメーカーのってのはけっこうよくあること?ニコンやキヤノンなんかのレンズキャップは入手しやすいのでこういうことにはよくなるってことで。
というかニコンのキャップに慣れちゃってるので他社のだとちょっと使いづらい。サイズがあるなら自分はニコンのキャップに変えちゃうかな。

スタジオセッション-1692
スタジオセッション-1693
2004年に今のキャップに変わったみたい?てことでその前のキャップはこんなの。今のより薄くていいんですが取り外しはものすごいしづらい。そして一応メイドインジャパンだったりします。

さてまとめ。自分はレンズの前玉保護はレンズキャップ最強と思ってます。そんなことでなくてはならないもの。紛失したとおもったらすぐに買いましょう。大型電気店ならだいたい扱ってるはずなので入手は楽ですしね。値段も通販が格段にやすいってこともなく高いくらいなので。キャップはダブっても困らないので無いと思ったら買うでいいと思いますよ。というかなくしちゃだめですね。反省します。
2014/7