スタジオセッション-1707
購入価格1.085円 
トランセンドの16GBのSDHCカードです。前にSDカード買ったのは約4年前で8GBのもの。容量が足りないってこともなく新しいの購入しなくてもよかったのですが、ちょいとがんばって写真撮らないといけないイベントがあるのと前買ったカードが不良品かな?ってくらい遅くて不満はあったので値段も安いしまぁ買うかで買ったと。
約4年前8GBで約1.500円。今(2014/8)で16GB1.000円か。時代は流れてるのぉとしみじみ。
速度比較とかそのてのめんどくさいことはまったくせずで適当レビューです。

スタジオセッション-1711
スタジオセッション-1715
まずパッケージ。フラストレーション・フリーと通常が選べます。通常のほうが高いのが普通だと思うのだが自分が買ったときは値段が一緒。どっちにしようかなとおもったがフラストレーション・フリーでいいかと。
でこんなパッケージできます。他のものと一緒にかったからダンボールに入ってきましたが、単体だとこれに送り状貼られてくるってことは無いようです。ダンボールかメール便の袋にいれられてくるみたいよ。

スタジオセッション-1710
中身は英語のカタログ2枚とカードとプラケースとwarranty cardという保証書ってもの。保証書となってるがこれに何か記入するようなところは無しで保証にたいする注意書きが乗ってるもの。これが無くても保証はうけられると思いますよたしか。これよりもアマゾンだったりなんだりのレシートのほう大事にとっておきましょう。

スタジオセッション-1708
カード裏。UHS-Iってなんやねんって人も多いのかしら。「UHS-I」はUltra High Speed-Iの略。従来のバスクロックやタイミングを引き上げて転送速度を向上させたSDHC/SDXCカードの物理的インターフェイス規格。てことになってます。最大速度のが従来の4倍の104MB/sまで向上してます。
といってもカメラのほうがUHS-Iに対応してないと普通のSDHCカード。速度的にはクラス10と同等ということになってます。
今のうちのメイン機はD90ですがUHS-Iには対応してないですが問題なく動いてます。

スタジオセッション-1709
横。まぁ普通のSDカードです。
さてまとめ。16GBは容量多いなってことですかな。D90のような1200万画素クラスであればRAWで撮っても1.000枚以上撮れます。2000万画素でもRAWで600枚くらいは撮れる計算に。静止画メインというならこの容量で不満が出る人ってのはそうそういないのではないでしょうかね。ちなみに動画でフルHD60Pの動画だと1時間ちょっと。4K動画なら20分くらい撮影できる容量。動画を本格的にというなら32GB以上ほしいですね。

速度に関してはD90の場合は前のクラス10カードが壊れ気味というのがあったからですが前のカードよりは全然速い。クラス10並みの速度はしっかりでてるんじゃないのかなぁと。
でUHS-Iに対応してるnikon1J2でもテスト。いろんなところのテストみると普通のSDカードより1.5倍くらい速くなってるのだが自分の場合は気持ち速くなったかな?程度な感じかなぁと。まぁそんなです。

このカードを購入するので迷うところはUHS-I対応機器を持ってないのにUHS-Iのカードを買うべきなのかってこと。まぁUHS-Iじゃないカードと値段は変わらないし一生UHS-Iに対応した機器を買わないとも限らないですし対応機器なくてもこれでいいと思いますがね。一眼系を使ってるや動画を撮ってるというなら今もってなくてもそのうち対応機器を絶対買うことになるのでUHS-Iカードのほうがいいと思います。もうSDカード系は高いものでもないので変に迷わず買いましょうってことでしょうか。
2014/8