スタジオセッション-1743
バイクのリアサスを交換するとして専用品だとやらないでいいことが多いがいろんな車種と共用品となると「カラー」というものを交換しないといけなくなることがあります。
カラー?となるかもだがサス根本についてる金属の筒状の軸受て感じのもの。ボディのサスを取り付けるところ、サスマウントでいいと思うが、そこの太さは各車それぞれ。でカラーを数個付属させそれを交換することによって各車に対応させると。
てことで今回買ったYSSのモンキー/カブ用リアサス。最初に穴の直径が10mmのカラーが取り付けてあるがカブ(JA10)だとサス上側のカラーを12mmに交換する必要が。とこのサスのレビューやYSSのサスへの交換のブログ記事などによく書かれてたのが「カラー交換が大変」てこと。自分では無理でショップでというかたもいましたね。
ということで一応交換の仕方を書いておきましょうという意図の記事。注意点としてはカラー交換が前提となってるリアサズの場合の記事であるってことと、カラーが交換できるサスでも同じ方法で交換できない場合もあるってこと。
そんなことで同じ方法で絶対できるってことではありませんのでご了承ください。そして毎度のことですがマネする場合はすべて自己責任でお願いいたします。

スタジオセッション-1744
写真のようにカラーが装着してあります。基本的にはサスの部品とまっすぐで飛び出てたりしてない、というか逆に中に入ってたりします。指で押してでればいいがそんなにゆるいことはまずない。
そんなら叩けばいいだろうと。ドライバーでもなんでもいいのでカラーに当てて上からハンマーで叩けばでるんじゃね?みたいな。
出ないことは無いでしょうが、いろいろと失敗する様子が目に浮かびますよね。失敗しないにしろサスが傷だらけになったり、最悪ゴムブッシュがちぎれたりしそうです。ゴムブッシュの替えがあるならそういう力技もいいんですが今回は無いので力技やると取り返しのつかないことになる可能性大。
いろいろカラーの取り外しかたは探しましたが、叩く以外で他にあったのがカラーとゴムブッシュの間を精密ドライバーなどでスキマをあけそこからシリコンスプレーを吹いて抜く。
最初はこれでやろうと思ったがこれもゴムブッシュ傷つきそうで嫌だねと。他になんかないものかと。

スタジオセッション-1745
で見つけたのがクランプとラチャットなどで使うソケットを使う方法。ちなみにクランプは100円ショップで買ってきた75mm幅のクランプで、ソケットは大昔に買った1000円の工具セットのもの。

スタジオセッション-1746
こんなのでどうやってやるの?ということですが、カラーと同じ直径のソケットでカラーを押し出すということ。ん?ならソケット一個でぶったたけばいいんじゃね?となりますが、叩くのは絶対失敗するので、押し出す力はクランプの挟み込む力を使おうってこと。クランプ以外でも万力でもなんでも挟む強い力が出せるものならOK。
もう一個のソケットは何よとなりますな。一個のソケットでクランプで挟んでもカラーが押し出される、逃げる場所が無い。ってことで写真のようにソケットの六角の穴の中にカラーを押し出すってわけさ。
なかなかおもしろい方法。昔からこんな方法はあるんでしょうね。最初に思いついたかたは偉いというか天才。道具はなんでも使いようですな。

スタジオセッション-1747
ということでソケットの選びかた。ソケットじゃなくても丈夫な筒状というか円柱というかそういうものなら使えます。
大きさはカラーを押し出すのでほぼ同じ直径のものを。大きすぎればゴムブッシュが邪魔してうまく押し出せませんし、小さすぎればカラーの穴に落ちてしまう。基本的には手持ちのものを写真のように現物合わせしましょう。自分は10mmのソケットでちょうどでしたが、これはソケットによってさまざまなんで誰しも10mmのでちょうどでは無いです。現物合わせが理想ですが最低でもノギスなどでしっかりと測って合わせましょう。
いいのが無ければたしか100円ショップでもソケット系は売ってるのでサイズを測って買ってきましょう。100円ショップになかったら俺みたいにいろいろ大量に工具が入って1000円みたいの買えば合うのは絶対入ってるはず。

スタジオセッション-1748
カラーが逃げる反対側は自分はゴムブッシュの直径に合わせました。ゴムブッシュからはみ出るものでもいいですがサス本体に傷がつく可能性があるのでゴムブッシュのサイズがいいんじゃないかな。
とカラーが中に入らないといけないので六角のほうの穴の大きさのチェックも忘れずに。こちらもソケットでなく硬い筒状のものならOK。このくらいの太さの鉄パイプとかでいいと思いますが。
そういえば長さも重要で、最低限カラーが半分以上は押し出せる、逃がせるという長さはあったほうがいいかと。まぁほんのちょっとでも出ればペンチなどで無理やりて方法もありはアリですが。そこらへんは手持ちの道具でいろいろ考えてください。

スタジオセッション-1749
さてカラー外していきましょう。てことでこんな感じでサスの外したいカラーをソケット2つで挟んでそれをまたクランプで挟みます。
クランプが無くてこれようで買う場合は、ソケット+カラー+ソケットの長さ以上のものが挟めるクランプを買わないとダメなんで、ソケット+カラー+ソケットの長さは測ってからクランプ買いに行きましょう。とクランプ買いに行く前に長さ計測して75mm。で100円ショップに売ってるクランプの最大が75mmでどうしようと思ったがなんとかできました。
ギリギリでもできるはできるができればクランプの挟む長さは余裕あったほうが楽。さきほど書きましたがクランプじゃなくても万力とかそういう感じのものでも大丈夫ですが、100円ショップでというならクランプしか無いかな使えるのは。でテープがソケットについてるの見えると思いますが、イライラしたくない場合はソケットとサスをテープで仮止めするのが楽。テープ固定しなくてもできますが、クランプで挟んで固定するまでにボロボロとソケットが落ちたりずれたりでへんな汗かきますというかかきましたw
がっちりじゃなくて本当に落ちない程度の仮止めって程度で問題はないです。

スタジオセッション-1750
であとはクランプを締めこんでいくだけ。締まるのこれ?と思ったが意外にすんなりと締まっていってくれました。ただしクランプ幅がギリギリなのもあってソケットがずれたりなんだりしました。
クランプはやっぱりすこしは余裕をもってソケットとの間は板かなんか挟むのがいいと思う。いいと思うでギリギリでも一応できました。カラーがナナメに押し出されたりなんだりするときもありますが、がんばってやってみてください。
でいくらやってもクランプが締まっていかないってときもあると思います。そういう時は無理はしないでやめましょう。

スタジオセッション-1751
でこんな感じで半分以上、2/3以上出ればあとは手で取れるはず。これでもきついっていうならこれくらいでればシリコンスプレーなどもふきやすいのでそういうの吹いてみるのもいいかと。ペンチ系で引き抜くのも悪くはないかもね。傷つけたくないって時はウエスかなんか噛ませるのお忘れなく。

スタジオセッション-1753
はぁ取れました。12mmカラーが入ってなくて問い合わせとかしてる間に予行練習とかしてたり、上だけ外せばいいのに下外してたりでけっこうな回数この写真撮るまでにカラー外したものでなんか疲れたw

DSC_8902
で取り外し記事じゃなくて交換記事なんで今度はカラーを入れます。取り外すと逆の手順でと書きたいところですが、交換するカラーにシリコンスプレー吹き付けたらスルっと手だけで入りました。カラー交換可能な製品ならスプレー吹けば大丈夫なことが多いみたいです。
スプレー拭いてもだめというならクランプつかって入れたり叩いたりしてみるといいはず。ナナメに入っちゃったりするんでそこらへん注意してうまくやってください。
あと注意点として滑りやすくするスプレーは、ゴムを傷めないものを。クレ556系とかはゴムに悪い場合もあるんでシリコンスプレー使うのが無難かと。というかゴム痛める以前に、手を触れることが多いので手についてもベタベタしたり汚れたりしないシリコンスプレーがいいです。

そんなことでカラー交換終了。最初に書きましたがこの方法が万能では無いです。カラー交換できる製品でもダメなときもあります。そういうときはプレス機なんかの強い力で挟める機械もってる友達がいるならそういう友達に手伝ってもらうか、バイク屋さんに頼みましょう。カラー交換だけというならそこまでの工賃は取られないはずですので。
そんなことでまぁがんばってみてください。
2014/9