DSC_8927
てことでリアサス交換のやりかたの記事。まぁリアサスの交換なんてただナット緩めて古いサスとって新しいのつけて締めれば終わりなんで説明なんていらないっちゃいらないんですが、毎度のごとくネチネチ?と書いていきます。
カブと書いたがリア2本サスのバイクならだいたい同じで、カブならどの形式も基本はほぼ同じ。「ほぼ」であってけっこう違う場合もあります。
毎度毎度書きますが、マネするかたは自己責任で。そしてプロでは無いので書いてあることがすべて正しいとは限りませんのでご了承ください。

DSC_8916
まずはどんなリアサス買えばいいの?ってのが迷うところですね。JA10 AA04のスーパーカブ用となると東京堂とキタコのが出てるようです。東京堂ので8000円くらいでKITACOので1万円くらい。よくわからない、なんかあったら怖いって人は専用品買いましょう。専用品であればボルトオンで簡単に取り付けられますので。
で今回俺が取りつけたのがYSSのモンキー/カブ用の340mmってリアサス。ケチだから少しでも安いものをってことでなく何回か書いてますがリアの車高下げたかったので専用品じゃどうにもならないんで。
こんなのつくの?ってことですが、JA10であれがサスの取り付けの穴が上が12mm、下が10mmであればどんなものでも取りつけるのは不可能じゃない。ただしサブタンクつきはどっか干渉する可能性あるし、あんまり短いとリアタイヤがフェンダーにする可能性も。一番の問題はチェーンケースとの干渉。対策を今回書いてますがこれでも足りない場合もあるかと。
保証はしませんがカブ用ってなってれば基本的にはつくと思っていいです。ただしボルトオンではつかない場合も多いよってことで。今回のサスはYSSのですがYSSだから絶対てことも無いです。専用品以外を取りつけるなら自己責任でどうなっても対処できる、最悪諦めるって人だけ購入してください。

DSC_8906
さて取り付けますか。ということことでまず古いリアサスを取り外す。上側のナットを緩める。JA10だとここは14mm。というかリアサスは上も下も14mmのレンチ。奥まってるのでスパナ形状のものよりラチェットとかソケットを使うものが楽。

DSC_8908
とナットだけ外せばとれるとおもってたのだがキャリアも外さないとだめなのね。キャリア外したことあるんだからわかるはずなんですが取り外してて「これキャリア外すさないとサス外せないじゃんプンスカ」と1人でイライラ。
キャリアの外し方は前に書いたのでそちらを参照してください。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1617953.html
て参照するほどでもなく12のレンチでナット外せばいいだけです。スパナでは外せないのでソケット系の工具は用意しましょう。

DSC_8909
上は終わりで下側。これも14のレンチで緩めるだけ。初めて緩めるところですがものすごいきついってことはなかったので、ナットなどが硬いといわれるJA10でも大丈夫のはず。
センスタ立ててやってると緩めるときに浮いてるタイヤが動きますがうまいことやって緩めてね。どうしてもダメっていうならタイヤのしたになんか置くといいかと。

BlogPaint
写真にモザイク入ってますがきもい黄色いTシャツのおっさん映り込んだので修正w
リアサス外すとこんな感じになります。上側の裏とかいつも掃除できないところなんでついでに掃除しておきましょう。
とリアサス交換ですが基本的には片方づつ取り外し取り付け。いまつけてるサスと長さがものすごい違うもの付けるということじゃなければこういうほうがやりやすいです。まぁ一辺に両方のサス外してもセンスタ立ててるんら問題はでないと思います。

DSC_8911
DSC_8912
サスの付け根、サスマウントはJA10だと上側12mm下側10mm。てことでサスのカラーのサイズが違う場合は交換してください。カラー交換のほうほうはこちら。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1630622.html
ワッシャーの穴も上側につけるのはM12、下側はM10のものってことになりますが、ナットは上も下もM10。そんな感じの仕様です。

DSC_8914
さて取り付けますか。リアサス交換というブログの記事を見るとサスマウントにはだいたいの人がグリスを塗ってるのですが、JA10の場合サービスマニュアルにグリス塗る指示は無しで見てわかるように最初からグリスも塗ってありません。どうしようかなっておもったがサビ防止になるかなと万能グリス塗っておきました。塗りたい場合は塗りましょう。塗ったからといって悪いことはたしか無いです。
一応このバイクでは塗る指示にはなってないってことは覚えておきましょう。

BlogPaint
ほい取りつけました。取り外したサスより短いのでそのままではちょっと入らず。どっち側からでもいいんですが自分は下からつけてひっぱり上げるようにして上を取りつけました。タイヤの下になにかおいてうまく調整するって方法でもいいですしうまいことやってください。
とこのときちょっと問題が発生。上側のカラーが飛び出してきちゃったのよね。シリコンスプレー塗ってカラーいれたので抜けやすくなってたようです。そういうときはワッシャーかませてナットしめて押し込むと楽です。

DSC_8917
下側のナットだけしめて干渉が無いか確認。専用品じゃない場合はしっかりチェックしましょう。まぁ問題ないようです。

DSC_8919
さて反対側のチェーンケース側。もともとチェーンケースに干渉するのはわかって買ってるのでどうなるかちょっとドキドキ。

DSC_8920
DSC_8921
予想通りそのままではチェーンケースにモロ干渉で下のボルトにスキマが。上ももちろんしっかりと装着できず。
さてどうるすかですね。

DSC_8926
てことでスキマを埋めるようにワッシャーをはさみました。最初もともとこのサスについてる厚さ2.5mmのワッシャーを2枚入れてナット側にも2.5mm一枚いれてナットしめたらボルトの頭がなめたというか削れたというかまぁうまいことナット締められず。
でM10の厚さ1.5mmのワッシャーを買ってきて2.5を1枚、1.5を1枚の4mmをケース側。でナット側に1.5mm一枚でびったりかな。ボルトの頭なめたので最悪スイングアーム買い直しと思ったががなんとかなったみたいです。
てことでワッシャーを挟むなら入れすぎるとボルトなめる可能性あるよと。ワッシャー入れられる限界は6mmくらいまでかなぁ。ナットも変えればもうちょっといけるかな?
6mmくらい入れちゃったらボルト締める時はご注意を。もっとワッシャー入れないとというならチェーンケースのほうをどうにかすること考えるしかないです。ちなみに上側はワッシャー入れておらず。ちょっと斜めにとりつけられちゃうので上にも同じようにワッシャーいれないとダメなんですけどね。今のところちょっとこれで様子見というかボルトなめたもんで怖くて上にワッシャー入れられなかったというのが本音ですが。
金属のワッシャーじゃなくてもゴムのでもいいのかな?ここらへんは自己責任で好きにやってみてください。
そういえば大事なこと書いてなかった。上側も下側もサスのナットの適正トルクは29N・m(3.0kgf・m)です。締め付けすぎていいところでもないのでできればトルクレンチ使いましょうとトルクレンチ使ってない俺に言われてもしゃーないわな・・・。

DSC_8925
取りつけ完了。専用品じゃないとこういう感じになります。ワッシャー入れて大丈夫なの?ってことですがいまんとこ問題は出てないです。専用品以外はチェーンケースとの干渉問題が出ますのでそこらへんをどうするかよくよく考えてやりましょう。無理すると俺みたいにボルト舐めますし最悪新しいスイングアーム買わないとなんてことにもなりますので怖いと思ったらやめましょう。
そんなことでこんな感じです。専用品だと本当簡単ですのでいろいろ考えたくない人は専用品を買いましょうね。
2014/9