スタジオセッション-1815
購入価格964円(税送料込) 製品HP http://ctlg.panasonic.com/jp/charge/rechargeable-evolta/hi-rechargeable-evolta-4/BK-4HLC4B.html
パナソニックのニッケル水素充電池のエネループとは別のブランドのエボルタのハイエンドモデルの単4x4パック。
単4充電池が4本必要になりましてどうしようかなと。普通のエネループのやアマゾンのでいいかなと思ったが容量が多いハイエンド系でも単4だと値段にそんなに差がなく、電気を食う機器に使うので容量はあるに越したことは無いとハイエンドモデルを物色でエネループプロに安いものがアマや楽天で売り切れでどうすっかなぁと思ったところでこのエボルタの発見。値段もエネループプロと変わりなくこっちのほうが容量多いのでこれに。そんなことでさらっと。

スタジオセッション-1816
容量が〜と書きましたがさらっと各社各ブランドの単四充電池の違いを書いてみましょう。

エボルタハイエンド   容量930mAh充電回数300回
エネループプロ     容量900mAh充電回数500回
Amazonベーシック(黒)容量800mAh充電回数500回
エボルタ         容量780mAh充電回数1800回
エネループ        容量750mAh充電回数2100回
Amazonベーシック(白)容量750mAh充電回数1000回

こんなですな。価格書いてませんが売り切れが激しくてちょっと安定してないで今は書くのやめときます。
基本的には上から下にいくごとに安くはなりますが、一番上と一番下の価格差が4本パックで自分が買ったときで200円ほど。
なが〜〜く使うというならこの容量差であるなら充電回数が多いものがコスパはいいんですが、今回買った黒エボルタの300回でもけっこう十分な回数。というか300回充電するのに何年かかるかわからない。
ということで一番容量あるエボルタハイエンドにしたってことでした。

スタジオセッション-1817
容量930mAh 平均電圧1.2V サイズ直径10.5x44.5(mm) 重量13g
サイズ的にはエネループと同じ。重さはエネループライトより2g重く、プロと通常と同じ。エボルタだと通常の緑のやつと重さ同じで eっていうオレンジのエネループでいうライトが12gで1g軽い。まぁ誤差ですがね数gなんて。
電圧は満充電だと1.5V。すこし高くなるかと思ったがそうでもなく普通でした。

スタジオセッション-1818
スタジオセッション-1819
ぐるっと写真を撮ってみました。当たり前ですが日本製です。

スタジオセッション-1820
スタジオセッション-1822
上と下撮って終了。
さてレビュー。ただでさえ容量が少ない単4。ってことで容量気にするならこのエボルタはいい選択だと思いますがね。充電回数気になるところですが普通の人なら300回で困る回数では無いかと。
通販の場合価格の変動がけっこうありますが安い時にぶつかったのならこれ買うのもいいんじゃないかなぁと。そんな感じです。
2014/9