スタジオセッション-1869
発売日2013/10/19 購入価格10.760円(税送料込) 製品HP http://www.sony.jp/walkman/products/NW-W270S_series/
ランニングで使ってたW263がぶっ壊れた(壊した?)ので購入。このタイプの携帯プレイヤーはこのシリーズしか無いというか安心して使えるのがこれしかないので迷いもなく。時期的に新商品がそろそろ出そうってのが一番の懸念でした。で2014/11にNW-WS615が発売に。青歯連携とかあればいいながごっそりついてるようですがまぁ高いし基本は変わらないので別にって感じですな。そんなことでまぁ適当に。

スタジオセッション-1872
サイズ約4x2x1(cm)四角い部分の片方だけの大きさだけ一応書きました。カナル部分は含んでません。重量29g。
サイズ的にはw263から一回り小さくなったって感じ。コードも短くなりました。重さは3g軽く。サイズ的にはそろそろ限界な感じ。もうちょっと薄くはできるかなと思うがこれ以上小さくなると操作に問題がでるような。今度でるW615みたいに操作リモコン別にっていうならもっと小型にできるだろうがリモコン操作だけってのは俺はありえないね。

スタジオセッション-1874
裏。270シリーズになってこれまでの製品からの一番の変更は充電の接点の変更。260シリーズまでは蓋開けてUSBでってのだったのですが金色の4本見えますがそこが充電の端子。前までは防水っていってもその充電USBを隠す蓋をしっかり締めてないとダメでそこから浸水する可能性があった。で俺は洗濯してそこから浸水して壊れたわけで。蓋閉めておけばってなるが何度も開け閉めするんでバカにはなってくるのよね。てことでこれならまちがって洗濯しても壊れなさそう。とまず洗濯機にまちがって入れるなってね。

スタジオセッション-1875
右側。263からだとここも大きな変更の電源ボタン。スライド式のがロックでその横のボタンが電源。数秒長押しすることによってオンオフができます。これがあまりよろしくないというか前までのスライド式がよかったのよね。ピーとか装着してれば音がでるのでオンオフはわかるがそうじゃないとオンオフが分かりづらい。ランプで一応しらせてはくれるがそれもわかりづらいのよね。ついでにこのボタンが押しづらいというか押してるのかなんだかよくわからない感触。慣れたは慣れたのでいいんですけどなんでスライトから変えたかなと。防水のため?って思ったらロックスイッチがスライドじゃねーかよとw 

スタジオセッション-1876
左側は何もなし。

スタジオセッション-1877
スタジオセッション-1878
操作は今までと同じように下側にボタンが。操作方法は前と変わらずなんでいいんですがこれも電源ボタンと同じようにボタンの感触がクソっていうか硬いっていうか。263のボタンの感触がよかっただけになんだこれは状態です。慣れれば操作に不便は無いのだがどうしてこうなったと本当言いたい。

スタジオセッション-1948
調整バンドってのも今回は付属。黒いゴムみたいなのね。大きい場合はこれで締めてってこと。いいねーって思ったら263よりバンドが短くなってて俺にはまったく必要がなかった。というかちょっとコード部分が短い気がするんだよね。調整バンドつけてくれるならもうちょっとコード長くてもよかったのではないのかしら。

スタジオセッション-1950
充電器はこんな。さっき書いたように接点がかわったので前は社外品のUSBでも充電できたのだが今回はこの充電器なくすと充電不可能に。

スタジオセッション-1951
こんな感じで本体を取りつけると充電器から接点が飛び出して接触して充電されると。昔の携帯電話の充電器ってこの方式多かったよね。

スタジオセッション-1952
装着するとこんな。充電するなら左側だけ装着すればOK。

スタジオセッション-1879
あと付属品はイヤーピースが通常の白いのが3組でこの黒いのは水泳用のイヤーピース。270シリーズはこの274の前に273があったのですが273で水泳して一回外すと水が本体に入るって苦情が多かったみたいでこれをつけて274として出したみたいです。ちなみにそのときに容量が8GBに増えました。

スタジオセッション-1880
と水泳して試したいところだが簡単にいけるプールが近くにないもので。一応黒いの装着して聞いてみました。通常と水泳用の違いは真ん中の穴が開いてるか開いてないか。水泳用は穴が開いてない。てことでスピーカーの前にゴムが一枚入ることになります。想像できると思いますが音質はすごく落ちます。微妙に耳の穴から離して聞いてるようなこもったというかシャカシャカというかそんな音に。水泳しててそこまで音にこだわるって人もいないだろうからこれでいいのかなぁ。水泳で使わないなら黒いのはつけるメリットないのでつけないようにしましょう。

さてレビューへ。最初戸惑ったのが操作性。ボタンが押しづらいというかクリック感が一切ないグニュっとしたもの。ただでさ液晶が無いのでどういう状況か把握できないのにボタン感触が悪いのは最悪といっていい。まぁ使っているうちに慣れたがどうにかしてほしいですね。
あとは最初についてるイヤピースつけて走ったのだが密着度がよすぎるからか足音がドンドンって耳に響いてひどいことに。これは小さいイヤーピースに変えて解消。カナル式はダイブつかってるしキツメのしてもそうなったことなかったんですがね。付属のイヤーピースの性能が良すぎるのだろうか。

あとは問題なくというか263からよくなったところばかりかな。わずかだが小型かと軽量化はけっこう効果ありで前でも邪魔じゃなかったがより一層邪魔じゃなく。装着感もよくなり263だと汗かいてくると耳からカナルが飛び出てクルンってなったのですがそれもなく、外れるてことはなくなりました。
音質も俺が聞く範囲でかなりよくなりました。263ではいわゆるドンシャリという低音が強めな設定でしたが274で完全なフラットと言えるものに。そして音が周囲から聞こえるというかそういう聞こえ方するようになりました。音質は個人差あるのでなんとも言えないが一般的にはこっちのほうがいいチューニングだと思われる。

てことでまぁこんな感じで使うのに問題は無かったです。まぁレビューしたところで防水でこの形のタイプで信頼できる品質のはソニーのこれしかないわけで。ちょっと不満があってもこれ使うしかないのよな。274が悪いてわけでは無いが違うメーカーの選択肢ってのもあればいいのだが。こればっかりはしょうがないしここに書くことじゃないなとへんな締めで終了。
2014/10