DSC_9109
購入価格1.996円(中古 税送料込) 製品HP http://www.captainstag.net/goods_UC-513.html
キャンプなんかで使う折りたたみ式のサイドテーブルってもの。キャンプなんか行ってた?てまったく行ってないですが前にブツ撮りセットについて書いてるのですが撮影ブースを置く台というのが適当なものでいまいちしっくりきておらずで、なにかいいものと長年探してたのですが、ふといつも見てるブログでキャンプ用のテーブルってのを見る。軽いし小さくできるし値段も手頃でいいなと思いいろいろ物色。で中古で安いのがあったこれを発見で購入。本来の使い方じゃないかもですがレビューしてみます。

DSC_9110
収納サイズ 幅600x奥行450x高さ40(mm)重さ2.3kg
まず折りたたんだ状態から。天板のサイズは60センチx45センチ。1人で使うテーブルとしては十分な大きさ。天板の素材は合成樹脂化粧甲板。よくあるコタツの天板の表面だけって感じ。重さは2.3キロで大人なら片手で軽々。

DSC_9111
裏はこんなで接続できる足が収納してあります。裏面は全部アルミ。表面加工はアルマイト処理してあるようです。

DSC_9112
DSC_9113
DSC_9114
横。さっき書いたように高さはこの状態で4センチ。持ち手もついてます。ちょっと大きく薄いアタッシュケースみたいな感じですなこの状態だと。

DSC_9115
組み立ててみますか。まず足を外す。片手で簡単にパチンパチンと外すことが可能。もとに戻すのも簡単。ホルダーの挟む力がかなりちょうどいい。

DSC_9116
DSC_9117
折りたたんである足は持ち上げて根本のロックを押して完了。これも固定力の感じが絶妙。軽いので持ち上げた状態で足を引き出すのも簡単。

DSC_9118
足を全部引き出すとこんな感じに。

DSC_9120
この状態だと高さは27センチ。地面に座るって状態で使うにはちょうどいい高さかな。

DSC_9122
延長する足を差し込み。ロック機構みたいなの見えますがただ差し込むだけ。取り外すのも抜くだけ。ちょっと固定力が不安かなぁと思ったりだが問題はなさそうなのでいいのかな。取り付け取り外しが簡単なのが一番です。

DSC_9124
不整地なんかで使うことが多いキャンプ用なので平にするための調整機構もついてます。足の底をくるくると回すだけ。

DSC_9125
DSC_9126
これで高さは60センチ。椅子で使うとちょっと低いと感じる人もいるかもだがまぁ十分。ただこの状態だとちょっと不安定というか頼りないというかすこしガタガタするかな。上に物おくと安定します。ちなみに耐荷重は30キロ。

DSC_9127
本来というか俺が使うのはこんな感じ。実際はこのブースに使うにはちょっと天板小さいんですがまぁ問題なく。高さ60も高くなく低くなく。これくらいの高さがなんだかんだ撮りやすい。

DSC_9107
DSC_9128
さてレビュー。こういうキャンプ用テーブルって初めてかったので比較ができないが軽いし組み立ても簡単でそれで必要十分な剛性。で実売がだいたい3000円。悪くないというかいいですな。たしかキャンプはしませんがバーベキューやったり外での作業なんかで机があればって時は多いわけで一個あると便利だなと。
不満ってわけでないがバイク用としてはでかいわな。あくまで持ち運ぶというなら車用ってことで。
で俺みたいな使い方は撮影用のテーブルにってことですが、片付けるの簡単ですし大きさ高さも悪くなく、値段も手頃なんでこういうものを撮影用に使うにはいいんじゃないでしょうかね。これ買って背景紙なんか買って背景紙を壁にくっつければ簡易的な撮影ブースとしては十分かと。
キャンプ用のテーブルはサイズがいろいろあるんで探してみてください。
2014/11