スタジオセッション-2266
※このレビューはThruNite様より商品の提供を受けて書いています。
発売日2014/12販売価格6.578円
製品HP(海外)http://www.thrunite.com/thrunite-tn4a-cw/
今回のスルーナイトのLED懐中電灯は単3x4で見てのとおりのずんぐりむっくりボディ。今までレビューしてきたスルーナイト製品はよくあるLED懐中電灯の形とも言える細身のものでしたのでちょっと新鮮な感じ。

スタジオセッション-2267
サイズ長さ111.5x直径45.5(mm)重さ218.6g(電池なし)耐衝撃2m防水性能IPX8
長さは単三x1モデルのArcher1AV2とほぼ同じ。太さは大きいなって個人的には思ってたT30S V2の最大値よりも10mmも太い。
自販機に売ってるリアルゴールドのちっちゃい缶あるじゃないですかあんな感じの大きさ。持ちづらそうって思いますが意外にそうじゃないっていう。
重さはエネループ4本いれて計測したところ約340g。かなりのずっしり感。人に投げたりしちゃ絶対ダメってだれでも感じられますw 

スタジオセッション-2268
ストラップ用の穴なんかは無しでボタンはサイドに一つというシンプルなもの。ボタン部分が平なんでずっと転がったりしないでボタン部分で止まります。

スタジオセッション-2271
底はまっタイラ。ずんぐりむっくりデザインなのもあり立たせるのは今まで一番やりやすい。

スタジオセッション-2269
LEDはCREE XP-L V6というもの。

スタジオセッション-2277
付属品はケースといつもの予備Oリングとボタンの交換用ラバーと思われるものもありました。

スタジオセッション-2272
電池はこんな感じでマガジン式って言えるような入れ方に。対応電圧が8Vまでなので14500電池x4って使用はできませんのでご注意を。
マガジン部分は問題ないのだがマガジンに電池を入れたり出したりがちょっとやりづらい。ここらへんは改良してほしいかな。

スタジオセッション-2275
サイドボタンはMoonlightモード以外でこのように青く発光します。前にあった光を貯めて光るってものでなくちゃんと発光してるようです。

操作方法
ボディ部のプッシュボタンで操作します。
プッシュボタンを押すと点灯します。
再度押すと消灯します。
Low、Mid、High(メモリー機能搭載!消灯時の明るさで、再点灯可能です)+Moon+Turboモード+Strobe
1) 点灯時から、プッシュボタンを長押しで(Low→Mid→High)の点灯切替ができます。
2)消灯時から、プッシュボタン長押しで、Moonモードになります。
3)プッシュボタンを早押しダブル・クリックでTurboモードになり、再度プッシュボタンを早押しダブル・クリックでStrobeモードになります。

操作方法はこんなでNeutron2AV2と同じタイプでモード切替は点灯させてからの長押し。ボタンを連打してしまうとターボモードかストロボになってしまうのでご注意を。一回使うとなれますので操作に問題でることは無いはず。

TN4A1
カメラ設定ISO800SS1/30F3.5。焦点距離28mm バイクまで距離約3m。
- Strobe:1150 ルーメン /150 分間
- Turboモード : 1150 ルーメン /56 分間
- High: 550 ルーメン / 150 分間
- Mid: 139 ルーメン / 14 時間
- Low: 15 ルーメン / 93 時間
- Moonlight:0.5 ルーメン/80 日
- Peak Beam Intensity: 26640cd
- Max beam distance: 326m

さていつもの照射テストへ。MAXルーメンは単三x4でも1150ルーメンと俺が使ったなかでは最高値。スペックはスルーナイトの18650系の懐中電灯と遜色ないというか優れてるといっていいですな。
配光はこのデザイン通りかなり広く照らしてくれます。いつもこの照射テストの写真だと光の端が見えることが多いのだが今回は見えずで見せたくないところまで照らされてしまってちょっと恥ずかしいです。
ルーメンはまぁ1000出てるのかなと思いますがね。タクティカル系より広く照らされるのですこし暗いと感じられる人もいるのかなぁとは思うけど。逆に広く照らされるのでルーメン以上に明るく感じる人もいるでしょう。

DSC_9229
さてレビューへ。第一印象は悪かったです。このずんぐりむっくりボディは使い安そうに思えなかったので。しかし使ってみるとそういうネガな印象は消え意外にいいじゃないと。太く見えますが持つとしっくりくるのよね。あと立たせやすいのも立てて使うことが多い俺にはいいところ。
明るさ配光ともに問題なしというか、これだけ光が広がるならLED懐中電灯使い慣れない人でも違和感は無いのかなと。電池も単三という日本では手に入れやすいものですし。
ちょっとと思うところは重いのと電池の入れづらさか。短時間なら問題ないがこれ持って長時間歩くってのは考えられないですね。
個人的には緊急用や短時間使用で何かいい懐中電灯無い?といわれたらこれを薦めるかな。入手しやすい単三仕様で明るさ、持続時間も問題なし。配光は広くだれでも使い安い。立てて反射光を利用してのランタンとしても便利と誰でも納得してくれるのではないのかなと。そんなことでLED懐中電灯としてちょっとという見た目ですがいろいろなことに使える一本でおすすめです。
2014/12
LED懐中電灯一覧へ