スタジオセッション-2365
※このレビューはThruNite様より商品の提供を受けて書いています。
発売日2015/1 販売価格2.998円 製品HP(海外)http://www.thrunite.com/thrunite-tis/
Ti3のバリエーションモデルって言っていいでしょうね。前に紹介したのはチタンのTiで今回はステンレス。
そんなことでさらりといきましょう。

スタジオセッション-2366
スタジオセッション-2367
スタジオセッション-2368
サイズ長さ70x直径14(mm)重さ25g(電池なし)耐衝撃1.2m 防水IPX8 素材ステンレス
デザインはTi3と同じ。重さはアルミのTi3が12g、チタンのTiが16gでステンレスのこれが25g。数字だけみると重さの印象がわかりづらいですがこのTiSは小さいながらもずっしりとした重さ。Ti3は軽いなぁ、点くのこれ?みたいな。でその中間のTi。同じ形ですが素材の違いだけで印象は大違い。カメラなんかもそうなんですが買う人は素材ってけっこう軽視しがちな気がするんですが商品の性格を決めるけっこう重要な要因であり、ブログなどでは伝わらない手に持ってもらわないわからないところなのよなぁ。そういうところちゃんと書かないとねなんて変なところで思ってみたり。

操作性に問題はなくオンオフは先端を回すタイプですがアルミ、チタンと同じくひっかりなどはなく。重さも気になるほどでは無いです。

スタジオセッション-2369
スタジオセッション-2373
LEDはCreeXP-G2 R5。Ti3と同じもので明るさも同じ。リフレターなどのつくりもTi3と同じはず。お尻も同じです。LEDのカラーはNaturalwhiteのTiSなんですがNaturalwhiteだとこんな風に黄色がけっこう強くみかんっぽく見える。CoolWhiteだとレモンみたいに見えますw


スタジオセッション-2374
単4x1仕様。ここらへんも同じってことで。

スタジオセッション-2375
付属品も変わりなく。説明書の折り方がものすごい曲がってました。ここらへんが海外製品って感じですな。

操作方法
ヘッド部の回転操作で締める(点灯)−緩める(消灯)
(消灯後2秒以内)ヘッド部を『締める』−『緩める』の操作を「Firefly→Low→High→Strobe」の点灯切り替えができます。
(消灯後2-10秒以内/メモリー機能)消灯時の明るさで再点灯できます。
(消灯後10秒以上)点灯後、Firefly モードに戻ります。
隠されたストロボモード
”モード調整”を6回繰り返すとストロボモード(120Lm,13Hz)に入ります。

操作方法もTi3から変更ありません。

TIS1
カメラ設定ISO800SS1/30F3.5焦点距離28mm 壁までの距離約3m
 High: 120ルーメン(0.5h)
Strobe:120ルーメン(1 hour)
Low: 12ルーメン(6.3h)
Firefly: 0.04ルーメン(115h) カッコ内は持続時間。

明るさ持続時間ともTi3と同じで同じような明るさと照射範囲の写真になってるように見えるはず。ちょっとこっちのほうが明るく見えるかな?たしか色温度の違いと雪のせいですw つーかなんで懐中電灯が届くとこのごろは吹雪いてひどいことになるんだろうか・・・

DSC_9353
右がTi3でCoolWhite。左がTiSでNaturalwhite。Ti3もTiSもLEDカラーは選べます。どっちがいいってのはなく好きなほうを選んだらいいさ。個人的にはCoolのほうがおなじみというか慣れてるというLED懐中電灯使ってるって気になるので好きかな。

スタジオセッション-2377
さてまとめ。TiSのレビューというより三兄弟どれがいいのかなんてことを最後に書いてみましょう。
上の写真は左からアルミTi3、ステンレスTiS、チタンTi。
使い勝手とコスパというならTi3。キーライトですし単4x1仕様のもので重要なのは軽さなんでね。価格も2000円以下なんで壊れてもいいかなんて気持ちになるんでハードに気兼ねなく使えますし。
所有欲も見たしながら使い勝手もというならチタンのTi。やっぱチタンのライトはいいんよねぇ。ステンレンスとは違う重めなテカリと軽いながらもしっかりした感触。ちょっとした優越感に浸れる。あとTiはLEDが他の2個と違い強力で配光もワイド。そういうこと考えると3500円でも高くは無い。
と今回のTiSはだめかいってことになるが、Tiとの価格差が500円くらいしかないのでね・・・。けどTiは限定品っぽいので数は少な目。TiがなくなってTi3じゃなんかイヤだもっと高級なのというのならいい選択。
重要なのは軽さと書いたが軽するぎるのが使いづらい場合もあるしね。あとパっと見ステンレスのはかなり高く見えるのよw チタンよりステレンスのほうがウケはいいのよなぁ。

そんなことで三者三様いいところ悪いところあるってことでよく考えて購入してみてください。一番いいのは三本全部買うことです!とひどいこと言ってるきがするが、材質による性格の違いってのを自分で感じたい場合はこういうほぼ同じモデルの材質違いってのはいい勉強というか今後の懐中電灯の選択のためにはいいのかもです。
2015/2
LED懐中電灯一覧へ