スタジオセッション-2425
購入価格1.699円(送料税込)
手持ちの有線イヤホンなどをブルートゥースでワイヤレスにするっていういわゆるBluetoothレシーバー
ナビのためにバイクのヘルメットにスピーカーをつけてますがワイヤレス化はしておらず。ワイヤレスにする技術的障害はなくただ単にBluetoothレシーバーつけるだけでよかったのですが「これ」っていうBluetoothレシーバーが無かった。一番の問題というか唯一の懸念事項がレシーバーのバッテリー持続時間。バッテリーの持ちはだいたいの製品が4時間くらい。一般生活で使うならそれで何ら問題ないのだが俺の用途はバイクナビ。最大で1日12時間は乗るんで片道持つか持たないかのバッテリー容量ではさすがに不安というか使い物にならない。モバイルバッテリーをつなげるって手もあるがそれはいろいろ本末転倒な気がするしそれなら有線でいいよと。
そんなこんなでレシーバーを買わずに月日は流れいつものようにふらふらアマゾン見てると電池がけっこう持つ製品発見でこれ購入って流れ。そいではいきますか。

スタジオセッション-2456
海外製品なんで説明書も英語。ついでにレビュー記事も少なく使い方がよくわからないてことも多そうなんで説明書を俺の適当翻訳で日本語化してお届け。適当なんでなんか違うってのもあるでしょうが見逃してください。ちょいちょいとあとで補足も入れます。

1.dooslのBluetoothレシーバーと3.5ミリメートルAUXケーブルを接続して、あなたのオーディオデバイスに3.5mmステレオインレットソケットにAUXケーブルを挿入します。(a)

2.▼ボタンを押してください。赤と緑のインジケータは、Bluetoothのマッチングを待つために順番に点滅します。(b)

3.お使いのデバイス上でdeser102検索とBluetoothのマッチングを行うブルートゥースが正常に一致したとき緑色のインジケータが点滅します。

5.首尾よく一致した後、このデバイスは次回から自動的にこれに切り替えるとbluetoothの一致を完了します。

6.マイクロUSBポート経由でdoosiのBluetoothレシーバーの充電。赤のインジケータが光っていれば充電されている。フル充電になったときに赤色のインジケータがオフになる。(c)

スタジオセッション-2457
トラブルシューティング
マッチング時に赤色のインジケータが点滅している場合は、デバイスでBluetoothを検索して、再び一致するようにdooselのBluetoothレシーバーまたはデバイスを再起動させる。

保証
保証は購入から18ヶ月。

DSC_9512
自分の使い方はこんな。ヘルメットにつけたスピーカーに接続。レシーバーはマジックテープでヘルメットに固定。
まずヘルメットをかぶってレシーバーのボタンを長押し。とピピピって音階が上がっていく音がしますのでそれで電源がオンの状態に。この時にマッチングができてれば▼ボタンの周りが緑点滅に。マッチングできてないときは赤と緑に点滅します。
基本的には点滅の確認はせず。マッチングの確認はスマホを見て確認。

DSC_9514
スマホを見てマッチングしてないとおもったら、設定に入ってタッチして接続。一回レシーバーを認識させてるなら簡単につながります。
で音楽アプリなど立ち上げ聞く。
バイクから離れるや音楽を切りたいときはレシーバーのボタンを短く押す。一時停止だけですがレシーバーから操作は可能。
で完全にバイク降りるときはボタン長押しでピピピと音階が下がる音がしますのでそれで電源オフ確認で終了。スマホのほうはさわらずです。

だいたいの操作のイメージはできたかなぁと思いますがどうでしょうか。ブルートゥース機器をスマホなどでマッチングしたことあるなら問題は無いと思いますが。

スタジオセッション-2430
サイズ約5.1x2.5x1(cm)重さ約20g バッテリー250mAh
ボタンと言えるのはこの真ん中の一個だけ。ボリュームやらなんやらついてるレシーバーもあるがこれは再生/一時停止ボタンだけ。電源オンオフは長押しです。
バイクナビで使う用なんで運転中操作ってこともするわけでなく、他の操作はスマホで直接やればいいだけなんでボタン一個でもなんの問題もなく。

スタジオセッション-2426
スタジオセッション-2427
サイズがイメージしやすいようになにか比較するものとおもって手元にあった100円ライター並べてみました。100円ライター短くしたようなサイズというか小さい100円ライターと同じくらいかな。小さすぎず大きすぎずって感じ。

スタジオセッション-2431
裏は何にもなし。何もないのでいろいろ自分でつけるとかやれるのだがクリップみたいなのあったほうがヘルメットにつけるんだと便利だなぁとは思う。

スタジオセッション-2432
スタジオセッション-2433
スタジオセッション-2434
サイドはこんな。3.5mmのミニプラグの穴とマイクロUSBの穴のみ。3.5mmミニプラグってのはよくあるイヤホンのやつ。マイクロUSBは普通のスマホと同じやつです。充電ケーブルはついてきますがアップル系以外のスマホ使ってる人は充電器は使いまわせるはず。
ちなみに充電時間は2Aの急速タイプのものを使って3時間半くらいでした。ちなみに充電しながらも使用可能。

スタジオセッション-2435
付属品。1mのマイクロUSBのケーブルと両雄の3.5mmミニプラグ。で説明書と保証書。

スタジオセッション-2436
一番気になってたバッテリーの持続時間をテスト。スマホで音楽流してそれをイヤホンから音量マックスでどれくらい持つかってやりました。ということで聞こえなくなるというか勝手に電源がオフになるまで約17時間。一応カタログ値通りってことですね。

DSC_9518
さてまとめ。駆動時間は期待通りで問題なく。ブルートゥースの接続距離はカタログ値は9Mくらいですが自分のテストでは約5mくらいでブツブツしまくってほぼ使い物にならず。ポケットにスマホ入れてヘルメットにレシーバー着けてという実戦テストしましたがたま〜にブツって感じなりました。連続で切れるわけでは無いので使用上問題なかったですが。
音質は有線との違いはとくに感じられず。音量は俺が使ってるスマホF-01Fで一割くらいマックスが落ちました。ペアリングも問題は無し。操作は再生と一時停止だけですがワンテンポ遅れますがちゃんと反応しました。

こんな感じでバイクナビで使用する上で困るて問題は無く。不満ってのとちょっと違うがさきほど書いたがクリップみたいなのが最初からついてるほうがヘルメットにつけるには楽かなと。両面テープつきマジックテープ使えば問題ないと思ってたのだがレシーバー取り外すときにテープごと剥がれちゃうことが多い。レシーバーのヘルメットへの取り付けは今まだ研究中。

バイクナビ用のヘルメットスピーカー用としては満足。一番は脅威の長さの連続稼働時間。正直いってバイクで使うなら長く動いて切れなきゃいいわけで。そこに満足なんでいい製品てことです。防水だったら本当完璧なんですがね。そこらへんは自分で対策できるんでいいですけど。
そんなことでレシーバーのバッテリーの持ちに不満があるかたはこんな製品いかがでしょうかと。

BlogPaint
レビュー終わってますし関係ないっちゃ無い話ですが配送でちょっとトラブルがあったんでそんな話をちょろっと。
こ れ注文したのは3/1。とアマゾンなのもありさらっと注文確定。半日すぎたあたりにお届け予定日みたら3/14〜3/20と。あ〜やっちまったと。この製 品アマゾンでしか取り扱ってないといっていいものなんですがそういうものだとたまにあるのが海外メーカーから直送。てことでオランダから送られてきまし た。とこれ気づいてアマゾンのページみたらアマゾン発送のが発売に・・・。キャンセルしてアマゾン発送の買いなおしたほうが絶対早く届くと思ったが注文し てから時間たってるのでキャンセルめんどくさくなりそうなんでいいかと。急いでないし。
と購入したの忘れてた3/22。マケプレなんでいつものアマからのメールがきて3/20までに商品受け取れましたか?などなどで評価してってものが。評価も何もまだ届いてないので☆1にして届いてないですって書いて送信。
次 の日に販売してるWaterproさんからメール。3/2に発送してるよ、トラッキングIDはこれだよと。トラッキング見たら3/18にオランダを出発w  返金するか再発送するかと聞かれ発送されてるから3月いっぱいは待ちますと返信。日本語が完全に翻訳ソフト使いましたって感じだったので細かいやり取り はストレスたまるだろうからやめたってのが本音ですが。
で3/25に商品到着。商品到着したのでもうどうでもよかったのだがなぜか1000円返金 されました。最初500円って書いてたのだがなぜか1000円に。いや俺ごねてもなんもいないよw さきほど書いたように細かいやりとりは意思疎通ができ そうにないのでやってないので。500円返金ってのもなんで?って感じだったので。

まぁ何が書きたいかっていうとこの製品買う場合にAmazon.co.jp発送以外はいろいろ手間かかったり時間かかったりする場合があるので気を付けてねと。注文確定する前に商品到着の予定はちゃんと確認しましょう。
ともしこんな風にトラブっても対応は丁寧で誠意あるものなので安心してくださいってことでもありますが。
2015/4