スクリーンショット (1181)
フレッツ光 光アクセスサービスへの移行(転用)のお手続きのページより https://flets.com/tenyou/
2015年初めから始まった光コラボレーションモデル、いわゆる光コラボ。これについての説明は省略しまして光コラボの回線と契約しようとすると「転用承諾番号」というものが必要になることがあります。現在ひかり電話を使っててその電話番号はそのままにして光コラボ回線に乗り換えって時に必要に。具体的には現在のプロバイダからそのプロバイダの光コラボに乗り換えるとして電話は今のまま。なんて人が対象。
光電話の請求書はNTTからきて回線のほうはプロバイダからって人はこんなことになると思われます。
で自分も今使ってるプロバイダの光コラボに変更しようと思ったわけですがそこでトラブルがというお話。トラブルいっても全部俺が悪いんですけどね・・・。こういうおバカなトラブルがありますよって書いておくと役立つひともたまにいますのでいつもの恥さらしですw

スクリーンショット (1182)
転用承諾番号の取得はインターネットの場合はhttps://flets.com/tenyou/#processここから取得でき、電話の場合は0120-140202(9時〜17時土日祝日可能)に電話することに。
ちなみに勧誘電話来てると思いますがその勧誘の電話をすすめていくとすべて教えてくれます。ちなみに俺の場合電話しながら「転用承諾番号」って検索させられ、上に出したページに行かせられて承諾番号取らされましたw 別にいいんですが電話しながら片手で検索とかやってられねーっての。

スクリーンショット (1185)
と承諾番号の受付のページはこんな。俺が入力したのはお客様ID 契約者名義 住所 支払い方法 メルアド。
お客様ID?って思う人もいるかもだが今使ってるプロバイダのところの光コラボだとIDは教えてくれます。わからない時は請求書に書いてあります。電話番号でもいけそうだからわからないならそっち書けばいいと思うが。
契約者は父親のはずなんで父親の名前を。で支払は口座振替で支店番号とか書かないといけないのですがそれもプロバイダの人が調べて教えてくれます。
でメルアドはヤフーメールw フリーメールでも問題は無いようです。
で入力完了で次へってボタン押すと問題なければ完了して承諾番号が発行されたページに行くんですが・・・なぜか発行完了にならず。あっれ〜って思いクレカ払いだった?とやってみたがこれでもだめ。なんでだろと悩むことに。
プロバイダの人がじゃ〜NTTに電話して取得してくださいと言われNTTに電話することに。

スクリーンショット (1191)
さてNTTに電話。と電話を進めていくと光回線の契約者の本人確認が取れないとダメてことで電話に本人がでないとダメだと。本人が話すすめなくても本人確認さえ取れればそのあとは俺が話てもOKってことで父親はいたので電話を代わって本人確認を。
とおやじの話だけ聞いてたが雲行きが怪しい・・・。なんかトラブってるなと。結論から言うとはうちの父親は契約者じゃないよと。なにそれ?って話ですw 
ネット回線系は俺が全部話進めてるというかやってるので俺が契約者?と思ったがそれも違っていた。としばし頭が混乱。で答えが分かる。

スクリーンショット (1190)
NTT東日本 名義変更 承継のページより https://web116.jp/shop/meigi1/mei1_02.html
オチは光回線の契約者は亡くなった祖父だったと。うちの父親は適当なところがあるもんで祖父が亡くなったあとも電話の名義は祖父のまま。それでなんら問題がなかったので変えないと〜とかいいながらそのままでした。で光回線にっていうかうちにネット引いた時に祖父はもう亡くなっていたし、契約したのは俺というか父親。今来てる請求書も父親名義だったので契約者は父親だとばっかり思い込んでいました。と回線契約したときの契約書みて契約者名みたらそこには祖父の名前がばっちりと・・・。最初の回線契約で祖父の名前書いた覚えは無いのだが電話番号の契約者は祖父だからそのまま祖父が契約者ってことになっていたようです。

てことでさきほど書きましたが承諾番号は契約者の本人確認ができないと発行できずで本人はもうこの世にいないので無理。こんな風にいろいろ問題がおきる場合もあるんで契約者の変更はしてくださいねとNTTのオペレーターに言われて終了。

ちなみに契約者変更はけっこうめんどくさいというかすぐにできるものでは無いです。契約者変更したときにまたブログにでも書きます。
ということで電話番号の契約者が亡くなっている場合は俺みたいなことが起きる場合があるよってことです。

BlogPaint
じゃー転用承諾番号取れなかったの?といわれると問題なく取れました。ネットで弾かれた原因が契約者名が違っていたからとわかったので祖父の名前入れて入力したら問題なく取得できてしまいました。ネットでの取得なら本人確認いらないので故人が契約者でも問題は無いって話です。

何が言いたいかというと光コラボにしようかなって人は一度回線の契約者がだれなのかってのは確認しておきましょう。でうちみたいに故人が契約者だったり、生きてる人だとしても今家に住んでなくて本人確認てのがすぐにできる人では無いってこともあるでしょう。
そういう場合はいい機会ですので契約者の変更はやって置いたほうがいいのかなと。今回はネットでの手続きで問題はなかったですが次回同じようなことがあってうまくいくかは不明ですから。

そんなことでこんなにバカな人はそうそういないと思いますがこんなこともありますのでお気をつけくださいと。
2015/4