DSC_9520
2年前くらいからバイクナビ関係のものをちょこちょこやってきてやっと完成というところまできたのでそれらのまとめ記事てもの。人によっていろいろとというか完成形は違ってくると思うが最低限こういうことをすれば「バイクナビ」といえるものは作れるよってことで。こうじゃないあーじゃないってところは多々あるでしょうが俺流のバイクナビはってことでお許しください。そしてづらづら書きたいこと全部書いてるので長く読みづらいですがこれもお許しください。

DSC_9527
最初は「ナビ」言ってるんだからナビをする機械の話。自分が今使ってるのはドコモの白ロムF-01F480円SIMて組み合わせ。
今現在、コスパ、性能、お手軽さ、システムの組みやすさなどトータルでバイクナビに向いてるのはスマホ。現在普通に使ってるスマホを使えるのもいいですし、新しく買うにしても個人に合わせて選択肢は豊富。ナビとしての使用頻度が少なくても使い道があり無駄にはならない。GPSにブルートゥース、防水と必要なものも完備ですしネットも格安SIMを使えばお金もかからない。オフラインでのナビもアプリによっては可能。取り付け器具も豊富ですし、電源の問題もいろいろと選べる。ナビアプリもたくさんあるので気に入ったものを使用可能。
そんなことでバイクナビの選択肢はまずスマホからってことですね。ここから不満があれば違うものへというほうが失敗は少ないかと。
スマホを使用するにあたり一部で言われてる問題は熱問題と画面が小さいのとアプリが本格ナビに比べるとだめとかなどなど。ここらへんは個人差と機種の差があるんでなんとも言えず。完璧では無いってことは頭に入れておいたほうがいいかとは思います。

次がiPadなどのタブレット端末。タブレットの一番の問題はどうやってどこに設置するのか。6インチくらいから使えるホルダーってのはまず売ってないですしあっても高い。つけられたとしても大きいのでスマホ以上に振動やら風圧やらの問題が。タンクバックに入れる方法もあるがタンクが前に無いうちのカブやスクーター系だとどうにもならなかったり。タンクバックをつかえたとしても場所的に見づらいとか問題が。
次にGPSと通信の問題。基本的にはGPSが無くwifiのみという製品が多い。そうするとタブレット単体ではナビとして機能しないものが多い。ポケットwifiやポータブルGPSもありますが機器が増えると問題も増える。GPS内蔵でSIMも使えるとなるとiPadみたいにものすごい値段があがったりする。けど旅先で地図みるっていうならタブくらいの大きさのほうが見やすいのも事実。

アプリの話も一応。通信ができてGPSがあればどのアプリでもナビとして最低限使える。GPSが無い場合もだいたいはできるが精度の高いナビは期待しないほうがいい。GPSだけだと俺がiPadで使ってたMapFanのような地図インストール型のものならば何の問題もなくナビ可能。しかし通信できないとルート検索、リルートができないなどの制限がかかります。オフラインナビの場合は制限項目は必ずチェックしましょう。
タブやスマホを使うナビはこんな感じに。

スマホ系を使わないとするとポータブルナビを使うということに。2万円も払えばけっこういろいろ選べます。メリットはナビするためにものなわけで基本的にはスマホ系のアプリなどより見やすいし精度もいい。ネットにつなげなくてもフル機能が使える。熱問題や画面の見づらさって問題も出づらい。
デメリットは地図が最新にしづらいか追加で料金がかかる。ブルートゥースなどスマホにあって当たり前のようなものが無いこともある。充電しながらの走行となるとつなぎ方がややこしい場合が。防水対策がしづらい場合も。バイクにマウントする器具に困ることも。使用頻度が少ないと他に使えないので無駄と思う場合も。
てことですな。問題なくストレスなく使うには下調べがけっこう重要。安いものと思うとハズレ引く可能性もたかいし、いろいろやってるうちにスマホよりも割高になる可能性も。
けど本格ナビですらからね。使用頻度多いならスマホよりもいいことはあるのかなぁと。

DSC_9531
次はヘルメットスピーカー。バイクナビで重要なのは音声ナビというか音声なしで画面だけ見てという方法はバイクではきつい。逆に音声だけあればいいとも言える。
それはいいとしてヘルメットをかぶってるのもあるしバイクのエンジン音などでナビ機器についてるスピーカーの音声を聞くというのはほぼ不可能。でヘルメット内にスピーカーを仕込むってことになります。イヤホンつければいいんじゃない?てことですそこらへんは前に書いたヘルメットスピーカーは違反?っての読んでいただければいろいろわかるかと。
違反以前にイヤホンしてヘルメットてかぶりづらいしイヤホン+ヘルメットは完全無音状態みたいになって本当に怖いし危ないのでおすすめしないです。
と半ヘルの人はスピーカーどこにつけるの?と思う人もいるのかしら。ヘルメットスピーカー使いたきゃ素直にジェットかフルフェイスなど耳まで隠れてるの使ってください。

DSC_9534
ここまでが最低限バイクでナビっぽいことをするのに必要なもの。大きい道路ずっと走っていくっていうならナビの音声だけ聞ければほぼ迷わず行けますので現在スマホ持ってるというならヘルメットにスピーカーつけて有線でつないでスマホはポケットにでも入れておけばOK。地図みなきゃわからないってときはちょっと脇に止めてスマホ取り出し地図を見る。電池も画面ださないでナビだけっていうならほぼ減らないので電源問題もなし。今まで紙の地図でいろいろなところ行ってたような人はこれだけでかなり快適に。
バイクにナビでいろいろ迷っているならまずはここらへんから始めてみるといいと思います。で画面見えたほうがいいのかどうなのかとかわかってくると思いますので。

DSC_9521
次はBluetoothレシーバー。俺が使ってるのはDooslのDSER102てもの。この上で有線でスピーカーにつないでと書いたがスマホなどをバイクにマウントするとなると有線はけっこう邪魔。線が邪魔になっても運転に問題は無いですがもし転んだときにちょっと怖いなと。それよりバイク離れるときにコードを抜くのがクソめんどくせーのよ。でまた刺すのもめんどくさい。線が邪魔ってのよりブルートゥース化は使い勝手の向上に一番効果があります。
スマホ系であればBluetoothがほぼついてるのでレシーバーを購入してスピーカーの端子にレシーバーくっつければBluetooth化は簡単に終了。ナビの機器にBluetoothがついてない場合はBluetoothの送信機を買ってつければできます。けどさっきも書いたが機器が増えるほどトラブルは増えるて思ってください。
で俺が使ってるレシーバーのレビューで書いたがレジーバーの持続時間てのがけっこう問題に。俺の買った製品は長いがほとんどの製品が4時間くらい。バイクで高速使わないとして4時間となるとだいたい200キロくらいかしら。けっこう微妙な持続時間よね。
てことでレシーバー予備を持つか充電方法を考えるということに。レシーバーはだいたいの物が充電しながら使えるのでモバイルバッテリーをつなぐてことに。けどバッテリーつなぐとなるとそれをどこに置くのということになるんよなぁ。そう考えると2.3個レシーバーもってるほうが楽なのかも。そこらへんはどれがいいのかよく考えましょう。
でもう一個の問題はレシーバーをどこにつけるのか。コードダラ〜ンでポケットにレシーバーでもいいんだけどコードが邪魔と感じる場合も。で定番はヘルメットのどこかにつける。100円ショップの両面テープついてるマジックテープ使えばヘルメットに取り付けるのは簡単。しかし俺みたいな場所につけると雨が降ったりすると濡れてしまう心配が。ここらへんはいろいろと工夫してください。

DSC_9535
次はスマホをバイクにマウントするもの。俺が使ってるのがナンカイ マルチホルダー ミラーパイプクランプデイトナ スマホホルダー リジットタイプ
バイクに多く使われてるのはパイプハンドル。で追加のメーターなどはそのパイプの空いてる場所につける。でナビもそのパイプにつくホルダーを使ってバイクに取り付けるのが一般的で手軽。で問題になるのがパイプハンドルじゃない場合。うちのカブであったり一部のスクーター、SSのようなセパハンって呼ばれるもの。こういう場合は俺が使ってるようなミラーのネジの間に挟みこむマルチホルダーを使ったりします。セパハンの場合はセパハン延長パイプなんかもあります。
これ以外の方法はカブだとスクリーンつける人が多いのでスクリーンに取りつけたり、ボディぶった切って無理やりなんて方法も。
パイプハンドルじゃないとけっこう大変なのよなぁ。ここらへんのこと考えててうーんってなっちゃってカブ買うにしてもプレスやクロスカブ買っとけばよかったなんて後悔してたりです。
バイクによってかなり大変な作業になる場合や思い通りなマウントにならない場合がありますががんばってやってみてください。

あと大事なのがスマホホルダー。サイズが合わないうんぬんありますのでよく見て買ってくださいね。あと安いものはそれなり、だけど高いからいいってわけでもないってことも多い。ここらへんはレビューが数多くあるのでよく探してみてください。

でスマホ以外、ポータブルナビなんかの場合は一般的なスマホホルダーみたいなのが使えない場合があり専用のマウントはうまく取りつけられないってことも。スマホ以外の場合よくよく確認してください。

DSC_9536
最後がシガーソケット。レシーバーの電池がと書いたがそれよりスマホなどのナビする機器のほうの電池のほうが大問題。バイクにマウントして常時画面がついてるとなると電池は数時間もかからず無くなってしまうでしょう。ということで常時充電しながら走れば問題ないってことで車にあるようなシガーソケットをバイクにつけてUSB変換ソケットをつけてコードとつなげればガソリンがある限りエンジンが回る限り電池が無くなることは無い。
モバイルバッテリーでいいんじゃない?って思う人もいるかもだがモバイルバッテリーを取りつける場所を今度は考えないといけないしモバイルバッテリーもいつかは切れる。絶対だめとは言わないがバイクナビを使いたいのならばシガーソケットのようなバイクから電源を取れる装備をつけたほうがいろいろ楽だし安心できる。

シガーソケットの問題点は取りつけ。バイクの改造の中では簡単な部類ではあるが誰でもできるとは言えない。シガーソケットの取り付け方法で書いたが無理と少しでも思うならバイク屋さんに素直に頼んでくださいね。

とこんな感じがバイクナビに必要なもの。バイクによって他にも必要なもの出てくるかな?そういう場合はごめんなさいってことで。
乗ってるバイク、その人のライフスタイルや予算や好みでその人にあったバイクナビのシステムはいろいろ。自分にあったバイクナビシステムの参考になれば幸いです。
2015/4