スタジオセッション-2563
希望小売価格3.800円+税 購入価格3.582円(税送料込)製品HP http://products.mizuno.jp/c/item/K1GA150002/022005020
ミズノの一番安いランニングシューズ。初心者用や安いランニングシューズといわれるとアシックスのロードジョクかこれかってよく言われてたりなんだり。
普段のランニングというかウォーキングというかそんな感じのことに使うシューズはアシックスのロードジョグとライトレーサーを交互にローテという使い方なんですがライトレーサーが寿命に。一足体制は問題が多々出るので新しく買わねばで前々から言ってるGT1000買えばいいのだが、このごろはかなり走る速度が遅いのでそこまでの靴いらないかとロードジョグ持ってると気になるのがマキシマイザーってことでブログネタ的に比較記事も書けるしいろいろいいなとこれに。
とロードジョグとの本格的な比較はまた別で書いて今回はこの靴の話に集中。

スタジオセッション-2551
マキシマイザー17は今のところ(2015/5)最新モデル。今は一年サイクルくらいでその年の終わりくらいに新モデルがでてるのかな?ちょっとよくわからず。カラーは6色でレディース専用でプラス2色。ロードジョグのように真っ白真っ黒といった学校や職場で使い安い色があるのも特徴で、マキシマイザーは一色はけっこう派手なものがあるのも特徴。
てことで一番派手だと思われる赤黒を購入。なんちゃってブルズカラーってことで。この配色ならランニング用の服以外でもなんとか合わせられるかなぁみたいな。まぁランニング以外でたしか使わないが。

デザインは昔ながらのミズノのランニングシューズてもの。最近のランニングシューズはド派手系デザインが多いというかミズノは特に派手目なデザインが多いのでそういうところに抵抗がある人にもいい靴なのかもね。

スタジオセッション-2552
サイドの内側。全体の大半はメッシュ。光ってる素材は人工皮革。低価格製品にしてはアッパー素材は薄めで涼しそうです。ソールはカカト部分で約3.5cm、つま先付近で約1.5cm。高くも無く低くもなくって感じかしら。

スタジオセッション-2553
つま先はそこま上がってる感じは無く。幅は3Eとちょっと広めのものですが見た目はそこまで広く見えず。ソールの幅もロードジョグみたいな極端に広いってこともなく普通。

スタジオセッション-2554
カカト。ソールのカカトの端の外側が大きく削れた形になってるようです。これがどういう影響がでるかしら。
ヒールカウンターはけっこうデカメで硬いものががっちり入ってます。低価格ですがこういうところはしっかりしてるようです。

スタジオセッション-2556
ソール。16までは接地面は2色でゴム部分があったのですが17から1色になり全面X10っていう耐摩耗ソールに。従来に比べて80%耐久性が向上と書いてあるんだが前のX10から80%上がってるのか16のソール全体から80%上がってるのかよーわからず。
ソール自体はかなり硬い。ゴムというよりちょっとしたプラスチックみたいな感触に俺は感じられる。耐久性はよさそうだがなんか滑りそう。マキシマイザーのレビューみると耐久性が〜とよく書かれているのでそこらへんの強化を優先したってことなんでしょう。溝のパターンは16から大幅には変わらず。けど16ではカカトのところにVS-1て黄色のクッション材が見えてたのですが17は見えずというか無くなったのかな?16を履いてないのでわからないが17でもカカトのクッション性は問題は無いと感じました。

スタジオセッション-2555
上から。紐の通しかたはアンダーラップで2段ハトメでしっかりと。上から見てもスラっとしたデザイン。この色だからってのがあるがベロの赤いロゴが見づらいので赤成分が足りないw このテカテカの部分全部赤でもよかったのになぁ。

スタジオセッション-2557
紐取ってみました。右足から左足に変わってるのは気にしないで〜。まぁ特別語ることも無く。

スタジオセッション-2558
ベロの厚みは普通かな。厚くもなく薄くもなく。硬さはかなり柔らかいです。

スタジオセッション-2560
ベロを持ち上げ中を。そういえばこの靴はメイドインインドネシア。作りは問題なしです。けっこう大事なことなんですが中敷きが外れません。16から外れなくなったんだっけか。外れないでも個人的には問題ないんですが、どんな靴でも中敷きは変えてって人もいるでしょうからそういう人はちょっと困る仕様だよと。

スタジオセッション-2562
ミズノマークというかランバードマークというかその部分は写真のように完全にメッシュで通気性は最高。裸足で履いて風が強い時だと風が感じられるくらいです。

スタジオセッション-2565
重さは27.5で約260g(片足) 仕様に27.0で260gってことで仕様通りってことでしょうか。前バージョンの16は仕様に書いてあるのは280g。ミズノだとウェーブライダー、ウェーブインスパイヤー、あとちょっと上のモデルと同じような重さ。レーシングモデルのような履いてないような軽さってのではないが十分軽いと感じるレベル。

スタジオセッション-2545
さてレビュー。第一印象は「普通のランニングシューズ」。靴買うとネット通販に限らず家でちゃんと手にするとなんかしら思うところがでるんですがそれがこの靴には一切なく。ふっつうやなとw いい意味で言えばそれだけテンプレ的に作られた靴で安心感があり違和感が出づらい。
履いてみた感じもまぁ普通ですw 低価格帯にしては軽いですし通気性も良好で蒸れや圧迫感もなし、屈曲性もよく足の曲げ伸ばしに抵抗感も皆無。クッション性はつま先側はかなり弱いがカカトは十分。懸念してたソールのグリップ力も必要最低限はあるかなと。ウォーキングやスロージョグ、キロ6分台前後の遅めのランニングなら問題は無いかなと。それ以上の速度となると靴の軽さとスリムさ、ちょっとカカト上がりのソールとよい屈曲性をいかした反発力で速度は出しやすいが、つま先部分のクッション性能の低さとちょっと滑りやすいソールがすこし心配に。
まぁこれは運動不足のおっさん視点の話で中高生だったりしっかりと体ができてる人なら問題ないとも言えます。

低価格でありながら守備範囲が広くいろんな用途につかえるいい靴。しかしそのオールマイティ差が用途を絞ると不満点というか帯に短しなんとやらってことに。
俺みたいに気分や体調次第でころころと走り方変えたりする人にはもってこいの靴とも言えるし学校で履くにはけっこういいなと。
外で走るか歩くかしてみたいが現状の自分の能力を測り切れておらずどういうペースでってのが決まっていないなら最初に買う靴としては悪い選択ではないのかなと。
逆に言えば自分の能力は十分に理解していてペースも決まっているのならば他に選ぶ靴があるとも言えます。がこれでいいならこれで十分ってことにと、書いてることが堂々巡りになってきたのでここでやめw

サイズについては自分はアシックスで27.5でこれも27.5。脚入れがすこしやりづらいかなと思ったが入れてみると幅できついとは感じず先はアシックスより余る。幅狭い狭いといわれるがアシックスの2E程度と思うけどね。いつもの書くことですがサイズが心配なら試着するところで買うか通販なら返品できるところで買いましょう。

でバージョンの問題ですがマキシマイザーは一個下のバージョンでもあんまり安くならない感じ。その下のバージョンって手もあるんだが2世代前ってのはススメづらいね。ロードジョグでも書いたが基本は最新バージョン狙いですごい安くない限りは前のバージョンを買うことはしないでもいいんでないかな。

ロードジョグとの比較をあえてあまり書きませんでしたがこっちを数か月くらいがっちり履いて評価がかたまりしだい書く予定。であいかわらず予定は未定で。
2015/5