スタジオセッション-2592
タイトルが何言ってんだか分んねーよってね。無い頭ひねってもこんなタイトルにしかならずですいません。この箱はXM24。この箱はサイドにジッパーのようなものがありそれを引っ張ると箱が開きそのまま箱が展開して平になり捨てやすいって箱。XMの20番台以降だとこの構造の箱なのかしら?うちに来たのだと他にXM33がこのタイプ。
このタイプの箱のメリットは開けやすく商品取り出しやすく片付けやすい。デメリットは箱の形状を保てないので収納などの再利用ができないってこと。
となんかいろいろ見てたらこれ系を開け方工夫すれば箱の形状を保ったままにして収納に使えるよと。あ〜そうやんのねとは思ったがダンボールなかったので書けずでXM24が来たのでやってみたよって話です。

スタジオセッション-2593
これですなサイドのジッパーってのは。これをビリビリをオープン方向にひっぱれば箱が開くってやつです。

DSC_9663
でこんな風に展開しちゃうと。今気づいたがジッパー開けてそれ以上開けなきゃ箱の形状は確保できるか。それでもいいがミシン目が2か所になるんでちょっと怖いので違う開け方を。

スタジオセッション-2594
サイドのミシン目から開けるってことですな。手でもやれますがカッターをミシン目のスキマいれて切ったほうがキレイに仕上がるかと。ミシン目切らなくてもノリでくっついてるのを剥がすって手も。けどキレイに剥がすのは難しいかなぁ。お好きなほうでどうぞ。

スタジオセッション-2595
はい切れましたで開きました。とこの状態だとまだ商品取り出してない。商品どうやって取り出すのってことですが中に手つっこんで台紙を持ち上げノリをはがし引っ張りだす。アマゾン得意のきっちりラップでスルっと商品でてきます。
基本的には箱の余裕をかなりつけて商品を入れてあるのでこの出し方で商品が傷つくってことは無いと思うが危ないなって思う時はやめましょう。商品傷つけたらもともこもないので。

スタジオセッション-2596
てことで完成。かなりがっちりした細めのいい感じの箱になりました。蓋も押し込めば一応閉まります。

スタジオセッション-2597
何に使うのよってことですが、このXM24ならA4より一回りくらい大きいサイズなんで書類入れなんかにはぴったり。適当にぶち込んで箱に日付でも貼っとけばあとあと楽。あとは写真みたいな本の梱包にもいいですし簡易的なカバーがわりにも。それなりの剛性があるんでそのまま積み上げてもいいですし棚に立てて保存もOK。
他にもいろいろと考えつくかと思われます。
こんな風にジッパータイプで展開してしまうタイプのアマダンボールは開け方工夫するとけっこういろいろ使えるよと。普通じゃあまり入手できないタイプのダンボール箱になるんでいいなって思う人も多くいるかもですね。
このタイプの箱で送られてきた場合こんな開け方していい感じの再利用してみてください。
2015/5