スタジオセッション-2643
※このレビューはThruNite様より商品の提供を受けています。
発売日2015/5 販売価格3.596円 製品HP http://www.thrunite.com/ti-4-cw-penlight/
スルーナイトの単4x2のペン型ライト。LED懐中電灯ではよくあるペンライトタイプですがスルーナイトではたしかいままでラインナップには無し。

スタジオセッション-2642
サイズ132.9x14.2(mm)重さ22.3g(電池なし)防水IPX-8 耐衝撃2m 素材アルミ
ちょっと太目のボールペン、細めのマジックって感じの大きさ。重さは電池入れるとかなり高級な万年筆みたいなそんな感じです。あいかわらずたとえが分かりづらい・・・。
LEDのペンライトは各社ありますが滑り止めをつけたりで懐中電灯らしさってのを残したものが多いんですがこれは完全に懐中電灯には見えなくするって方向性のデザインみたい。
ちょっとわかりづらいですが先のほうにいくにしたがって太くなっていってます。こういう形状なんでスベリ止めなくてもけっこう持ちやすい。

スタジオセッション-2640
裏側かしら?表面は軽い梨地のようなツヤ消し加工。指紋が目立たなくていいですし高級感はあります。
とクリップがお尻についてますが、お尻のネジを緩めることによって角度は変えられます。クリップを外すことも一応可能。ただし取るときにゴムパッキンがあるんでそれ無くさないように。
ためしに外したらパッキンがどこかへ・・・、スルーナイト製品の場合予備パッキンあるんで助かりました・・・。てことでご注意を。

スタジオセッション-2628
操作方法
★テール・スイッチで点灯-消灯
★点灯中に、ヘッド部を『緩める』-『締める』の操作を素早くすることでFirefly→Low→High→Firefly→Low→High→ストロボの点灯切り替えができます。
★点灯中に、テールスイッチを半押してFirefly→Low→High→Firefly→Low→High→ストロボの点灯切り替えができます。
★(消灯後1秒以内)点灯中に、テールスイッチを素早くダブル・クリックするとFirefly→Low→High→Firefly→Low→High→ストロボの点灯切り替えができます。
(消灯後1-10秒以内/メモリー機能)消灯時の明るさで再点灯できます。
(消灯後10秒以上)点灯後、Firefly モードに戻ります。

操作方法は今までのスルーナイト製品のテールスイッチのみでよく使われてた連打でモードを切り替えるってもの。先を回すことでもモード切替は可能。10秒以上消灯で一番暗いモードになるってのは覚えておいたほうがいいかしら。
スイッチの感触やストロークはボールペンなどとほぼ同じ。そんなことで誰にでも違和感なく押しやすいってのはあるが、懐中電灯を操作してる感じがしないっても感じるかも。

スタジオセッション-2629
LEDはCree XP-G2。同じ単四を使うTi3なんかと同じLEDでいいのかな?Ti3だとR5ってつくのよな。まぁ同じ系統てことで。

スタジオセッション-2630
電池は単4x2。電池の挿入方向はライトのほうがプラス。対応電圧が3Vまでなんで10400のようなリチウムイオン充電池は使えません。まぁ単四リチウムイオンは持ってる人少ないので大丈夫だと思いますが。

t1i4
カメラ設定ISO800SS1/30F3.5焦点距離28mm 壁までの距離約3m。
Firefly(0.3 ルーメン, 137時間),
Low (24 ルーメン, 12時間),
High (252 ルーメン, 51分間),
Strobe (252 ルーメン, 90 分間) 【Ni-MH/900mAh】

いつもの感じでテスト照射。Fireflyもいつものように写真に写らないので省略。今までのレビューでのテストの結果から比較すると252ルーメンくらいはちゃんとでてる感じ。照射範囲はTi3とほぼ同じくらいかな。狭いわけでも広いわけでもなく普通。普通ってことで普通に使うのに問題は無いってことです。
書きわすれてましたがこれは色はCW(coolWhite)。

スタジオセッション-2631
さてレビュー。質感がよく高級感があり所有欲はかなり満たせる。明るさも単4x2ペン型としてはかなり明るい。デザインも普通のペンと変わらないので筆箱に入れても大丈夫!てそんな人あんまりいないか。けどライトっぽいって感じを持ちたくないというかスーツなんかで持つひといるかわからないがそういうファッションでも違和感ないのはいいのかも。
もうちょっとというところは相変わらずスルーナイトはモードの明るさの幅が広すぎる。Midで100ルーメンくらいあればいいんですがね。あとは値段が高いてことか。他より明るいし丈夫でIPX-8の防水だし質もいいがペンライトの主流は1000円前後。誰にでもいいよとはいいづらい価格。製品HPだと25ドルなんで1ドル100円で2500円くらいならすすめやすいんですがね。けどスルーナイト製品はあとあと安くなることもあるんで安くなってたらいいのかもです。
そんなことで高級ペンライトお探しでしたらこんなものもありますよと。
2015/5
LED懐中電灯一覧へ