スタジオセッション-2644
※このレビューはThorfire様より商品の提供を受けています。
販売価格1.699円 製品HPはこちらへ
このメーカーは中国のEachineていうトイクアッドコプターっていう厳密には違うが小さいドローンみたいなのを売ってるメーカー。でその中のLED懐中電灯ブランドみたいです。
で最近日本でもアマゾンのマケプレで売り始めたと。でアマゾンのレビュアーさんに商品提供してレビューしてもらってたみたいですがうちにも話が来たので引き受けたって流れです。そんなことでいつもの感じでレビュ−。

スタジオセッション-2645
サイズ97.5x21(mm)重さ50g(電池なし)防水性能不明 素材アルミ
よくある感じの単三x1のLED懐中電灯てデザイン。滑り止めっぽくなってますがけっこう滑る。そして単三x1モデルとして若干太め。若干太めのボディとすべる表面で微妙に持ちづらいというか手にしっくりこない。
質感というか作りはかなり良い。重さもしっかりありかなり丈夫そう。この価格の製品とは思えないですね。

スタジオセッション-2646
裏かな。最初からストラップついてたのですが外しました。というか最初からストラップ通してある製品てたしか初めてでびっくり。

スタジオセッション-2651
LEDはCREE XP-G2 R5。色はCWのはず。

スタジオセッション-2647
テールスイッチ。これを押してオンオフ、モード切替てタイプ。
モードは高照度(high)→中照度(mid)→低照度(Low)→ストロボ→ SOS。
操作方法は押せばオンで上の順番で連打か半押しでモードが切替。で2秒以上そのモードで使えば次にオンしたときにそのモードで光るらしい。スイッチは連打するとなんかへんなクセというかしっかりカチって戻ってからもう一回おしたほうがいいみたい。モード切替は半押しのほうがいいかな。

スタジオセッション-2652
分解はこんな感じで簡単に。

スタジオセッション-2653
電池は単三と14500が使えます。14500を使うと全体的に明るさアップ。電池室はエネループが問題無く入るので入らない電池ってのは無いと思う。プラスはLED側です。

スタジオセッション-2654
ここのメーカーの特徴的なところは付属品が多いこと。予備Oリングは今までもありましたが、ボタンが3種類のスイッチの基盤、で先端のレンズとLEDの周りリング?の予備まで付属。使うかはわからないがいっぱいついてくるのはなんかうれしい。

スタジオセッション-2655
てスイッチ予備とかあっても分解できるの?と思う人もいるかしら。写真はスイッチの裏かな。ここに金色のリングのところにくぼみが二つありますよね。ここにスナップリングフライヤーみたいなのつっこんで反時計回りに回すと外れます。

スタジオセッション-2656
とスナップリングフライヤーなんて持ってませんしラジオペンチでいいと思ったら俺の手持ちでは太くてだめ。とピンセットが入るやとやってみたらまわりました。

スタジオセッション-2657
でこんな風に分解できると。ピンセットはどうかと思うが先がかなり細いラジオペンチが100円ショップにあるんでそういうものでやれるはず。スナップリングフライヤーがあるならそれでいいですが。

g51
カメラ設定ISO800 SS1/30 F3.5 焦点距離28mm 壁までの距離約3m
High263.97ルーメン(98.7ルーメン)
Mid71.6ルーメン(29.4ルーメン)
Low19.66ルーメン(8.22ルーメン)
※()内は単三電池使用時

いつもの照射テスト。単三と14500でかなり差があるので二つ並べて貼りました。今までのテスト結果からスペック通りの明るさは出てると思われます。
照射範囲は単三x1モデルとしては広くも無く狭くも無く。普通ですね。
で明るさの話。電池の違いでHighだけ変わるのかと思ったら全体的に変わるんだなと。単三Highが14500のMidとほぼ同じで14500にすることによって一段階明るさが上がるって感じですな。
このごろルーメンについては麻痺してるので単三x1だとしても100ルーメン以下はちょっと物足りないし14500使っての約270ルーメンも正直物足りない。が価格が安い製品なんで十分って言えば十分。
ランタイムが仕様に乗ってなかったので単三だけテストしました。14500でもやろうとしたがHighで短時間でかなり熱を持ったのでやめました。
単三エネループ1900mAhでHighで点灯しづつけて約1時間でかなり暗くなりオフにしたら電源はつかなくなりました。単三でHighで一時間ってことですな。
他は時間なくてテストしておらず。すいません。

スタジオセッション-2659
付属品は他にもケースとストラップ。ケースしわくちゃですが俺が踏んだじゃないよw もともとこんなでした。

さてレビュー。1700円で270ルーメンと考えれば格安。そしてボディの質はいいですし豊富な付属品で価格以上の満足感はあるかと。

と問題点はいろいろ。14500持ちならいいが単三しか持ってないんだと魅力は半減。ここらへんの製品買う人はマニアか初めてのLED懐中電灯って人が多いはず。マニアはいいが初めてって人に14500を買えってのは酷な話。電池だけならいいが充電器含めると確実にこの本体より高くなりますのでね。で値段は高くなるが単三x1でこれの14500より明るいモデルもあるわけで。初心者が安さだけで選ぶとなんか違うことになる気がする。
日本で売るというんだと単三でもうちょっとルーメンがでてほしいですね。
14500での使用ですがHighだと本体がかなり熱くなる。あったかいではなく熱くなります。14500でHighでの長時間使用はちょっとどうかな。

次は防水関連、Oリングもついてるし作りもしっかりしてるから生活防水以上は確実にあると思うが仕様に記載は何もなし。電池とは言え電気扱うものなんでなんかしら記載がないとちょっと怖い。水あるところで使うなってことになるがそうなるとこんなゴツイLED懐中電灯じゃなくていいわけで。
スイッチ部分のクセってのもちょっと気になりましたね。誤作動というかうまくオンオフできない時が。耐久性もちょっと不安。だからのスイッチの予備なのかしら。

あとは入ってた箱はつぶれてるしというかもともと箱がしっかり閉まってなかったていう。そしてくしゃくしゃというか明らかにぶっつれた跡のようなケース。説明書の折りたたみかたも雑。どうでもいいところのようですが正直ここらへんは気になってしょうがない。

で最後は配達までの時間。アマゾンで販売してますが発送は中国から郵便で。最短でも1週間はかかります。アマゾンだと注文した翌日にだいたい届くわけで1週間もかかると頼んでたこと忘れそうになるんだよなぁ。中国から直送だから安いてこともあるんでなんとも言えないところでもありますが。

まぁこんな感じ。よくある中華クオリティってところが各所に出てしまっていますね。製品のつくりはいいのでちょっとしたことがかなりもったいなく感じられる。まだ日本で販売始めたばかりだと思うので改善していってほしいところ。
安い製品なんで初心者におすすめって書きたいところだがマニア向けというかそれなりにLED懐中電灯買ってる人向けかなと。付属パーツがたくさんあってけっこう楽しいのよな。そんなことでちょっとLED懐中電灯で遊びたいなって人はいいんじゃないかしら。
2015/5
LED懐中電灯一覧へ