スタジオセッション-2813
購入価格1.260円(税込送料別 楽天)
6〜7速用のリア変速機ってやつっすな。ターニーっていうシマノの最低グレードのものでこれはMTB用のディレラーらしい。うちの自転車の変速がおかしくなってチェーンだけ変えれば直るはずなんですが、いろいろ調べていくうちにこのクラスならリアディレイラーってすごい安いってのを知りスプロケみたいについでだから交換しちゃおうぜ〜と。いい勉強にもなるしね。もともと使ってたRDはRD-TY18のたしかSS。そこからの交換です。

スクリーンショット (1228)
スクリーンショット (1230)
シマノ パーツ互換性のPDFより http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index/customer_center/gokan_chart.html
スプロケのところで貼った互換表みたいなもの。自分がこれにたどり着いた流れは、ついてたディレイラーみても型番などがなくてどのディレイラーか不明だったので「シマノ6速ディレイラー」と検索して画像などからTY18と判明で、次は「TY18 交換」のようなフレーズで検索してこのTX55に交換してるブログなどをみてめぼしをつけ。
次はシマノの互換表からどれつけられるのかなぁと探して、候補はTY21 TZ50 TX55 TX35かなぁと。値段は全部ほぼかわらなかったので一番かっこよさげなこれにしたと。
基本的に交換できるディレイラーは互換表見て今使ってるか使う予定のスプロケとつながってれば使えるってことになってます。ちょっと古いものでもさかのぼってつなげていけばわかるてことに。ここで俺は気づいてないことがあるんだよなぁ。まぁそれはあとで。

DSC_0239
次に大事なのがブラケットの種類。正爪 逆爪 直付とリアディレイラーのブラケットには三種類あります。TX55の場合3種類ありますが2種類や1種類の場合もあります。ブラケットの種類が違うと基本的には装着できませんし取り付けできても変速がうまくできない可能性が。正爪であれば正爪のを買うってことですな。
もともとついてるブラケット見ればわかるって話ですがそれでも逆と正は迷うは迷うわけで。で迷ったらどこを見ればいいかというと自転車のフレームのタイヤの取り付け部分を見ろってことですな。正確にはエンドタイプを見ろてことに。エンドタイプによってタイヤの外す方向が変わってくる。
写真はうちので電動アシスト自転車ですがリアタイヤは写真左側の自転車後方に抜けるタイプですよね。このエンドタイプの場合は正爪。俺みたいな電動アシストだったりママチャリみたいなのだとエンドタイプは正爪がほとんど。
で前のほうにシャフト抜くようなのが逆爪で、ロードバイクみたいに下に抜くタイプは直付。そんな感じで見分けてください。
こういうのを変換するアダプターみたいなものもあるはあるんですが入手が今は困難なのもありますしうまくいかないことも多そうですし、なによりこれくらいのグレードのものだとその変換ブラケットのほうがディレイラーより高いってことに。お遊びでやるならいいですがおすすめはしないってことで。

ちなみに上の写真のディレイラーがRD-TY18です。

スタジオセッション-2819
スタジオセッション-2818
スタジオセッション-2820
スタジオセッション-2821
スタジオセッション-2817
適当に写真を。チェーンついてないとこんな風に縮まった状態になるんですよね。付属品は説明書だけ。

スクリーンショット (1232)
RD-TX55説明書PDFより http://si.shimano.com/#models/1659
TY18と大きな違いの一つがBテンションの調整ができること。ディレイラーの下についてる歯車のガイドプーリーとスプロケの間を調整するボルト。これを調整することによって変速のレスポンスがよくなったりするみたいです。
あとの詳しい調整方法は説明書見てください。

DSC_0303
てことでいきなり装着写真。取り付けはなんの問題もなかったんですが見落としてたのがゲージ長。ディレイラーの下にでてる歯車がついた長い金具ですな。
シマノの場合ゲージの長さは3種類あって短いのからSS GS SGSとなります。ゲージが長いほど基本的にキャパシティという使えるギアの歯数が増え、ゲージが短いほど変速の反応は速くなる。それはどうでもいいんだがうちの自転車のタイヤは20インチ。見てわかるとおりかなり地面にギリギリに。本当はもう2リンクチェーン伸ばさないとだめなはずなんだけどね。ちなみにこれは一番重いギヤになってます。

DSC_0307
下も問題だが横もやばい。これは一番かるいギヤですがこんな風にだいぶタイヤに近づく。

DSC_0304
これは一番軽いギヤにしたときのディレイラーの状態。うちの自転車のようなミニベロみたいなというか20インチ以下のタイヤの場合はSGSはやめておいたほうが無難ってことです。というかもとがSSのディレイラーならGSで抑えるのが無難てことです。ちなみにチェーン長はTY18の時より2リンク増やしましたが一番軽いギヤには入りづらいので適正は前より4リンク増。地面への接地の問題がでそうなのと一番軽いの使わないので2リンク増やしでごまかしました。

さてレビュー。安いし質感もいいしかっこいいしBテンションも調整できるしよいディレイラーだが小径車に使うのはやめましょうってことですね。そんなことでディレイラーを違うのに交換しようか迷い中だったりです。
検索すると20インチくらいの自転車でもつけてる人はいらっしゃいますがいじり慣れてない人はやめといたほうが無難よ。
2015/9