DSC_0464
練習とテストのため玄関に手すりを設置。基本的にコンクリというかブロックというかモルタルというかそういう家なもんでコンクリプラグを使って手すりを取り付け。手すりを付けたいところはここじゃないのだがまだ絶対いるってわけじゃないのでうちのカベの穴のあけやすさ、固定力、耐久性を見るために やりやすい玄関でテスト。
最初縦だけつけたのだが横もあったほうがいい感じとおもって横も。同じ手すりつけようと思ったがこのタイプもつけてみたいなってことで違うものに。同じ手すりじゃないとなんか気持ち悪いし横の棒の長さがそろってないののなによってな。横の棒のでかたがそろってないのは位置調整のためってことで。どこがいいのかよくわからんかったもので。あとは手すりがそろえるって問題以前に家がボロいのでどうでもいいのよ。
まぁ穴あけがけっこう大変でしたね。何が大変って位置を揃えるのが大変てことで。ドリルを4mmであけてから6mmってやったのだがけっこうずれる。最初のドリルをもっと細いものから始めたほうがいいみたい。それかドリルガイドを使うか。そこらへんはよく考えないといけないようです。
けどコンクリ壁めんどくせーって思ったがどこでも穴あけられるし最悪ミスっても穴うめて色塗れば元通りなんでね逆に楽かなって思えたのはいいことか。
で耐久性テストってことでいつ設置したか忘れるのでブログ書いておいたってだけ。手すりの取り付け方法書けばいいじゃんてことだがいろいろありましてやめました。まぁ察してくださいw  5年くらいはもってほしいね。