スタジオセッション-3053
製品HP http://www.mizunoshop.net/f/dsg-538782 
レーシンググローブといっても車は関係なくて陸上のレース用の手袋ってことね。自分で購入したものでなくてウエーブスペーサースノー3買ったショップがおまけてつけてくれたもの。定価は1.404円でアマゾンだと約1000円。
一応冬用グローブなのかな?とか思ったが基本的に手袋つけて走るって冬しかしないから陸上用グローブってだけで冬物なんですねといまさっき理解したり。

スタジオセッション-3054
色は現在(2015/11)で6色。これはブラックxチャイニーズレッドxホワイトってもの。選べる色のなかにピンク系がありますがこのグローブはメンズってことでなくレディースもこれでユニセックスって製品。
ユニセックス製品で問題となるのがサイズ。男のほうからの目線でみると普通のメンズ製品のMとかLよりサイズが小さいのよね。サイズについてはあとで。

スタジオセッション-3056
素材はポリエスル100%。汗かいても濡れても洗濯してもすぐ乾きそうです。何かを握るための手袋では無いので手のひら側はこのように何もなし。何かをつかむための手袋では無いので作業なんかで使えばすぐ破れる可能性が。

スタジオセッション-3055
スタジオセッション-3057
白と赤のところはメッシュのような生地に。とくに白のところは通気性がよくなってます。これがけっこういい構造で手を振れば振るほど風が良く入ってきて涼しいのよな。人差し指のところだけなぜメッシュなんて思ったがそういうことになってるんですねと。逆に真冬っていうとこの構造のおかげで寒く感じる可能性も。

スタジオセッション-3058
スタジオセッション-3060
スタジオセッション-3059
スタジオセッション-3061
ひっくり返しました。一応裏起毛になってます。しかし起毛といってもかなり薄いもので防寒性能を期待してはいけないレベル。肌触りはよいです。

スタジオセッション-3063
サイズについて。
S(手囲い21〜22cm)、M(手囲い23〜24cm)、L(手囲い25〜26cm)
※手囲いとは、親指の第一関節とほぼ同位置にある生命線の始点と、小指の付け根と手首を結んだ線の、手首から3分の1の距離を結んだ手の平の周りの長さです。
とメーカーだとこういうサイズの測り方。手囲いの説明がわかりづらいですが手囲いで検索すると画像でますのでそれみて測ってみてください。
ちなみに自分の手囲い測ってみたら約24cm。けどこのLサイズのでジャストサイズ。自分は普段買う手袋のサイズはMでちょうどかちょっと大きいものが多い。
絶対では無いが男性であればいつものサイズのワンサイズアップがいいのかなと。じゃいつもLなら?ってことになりますな。LLが無いのであきらめるしかないってことです。ほぼ伸びがない素材なんで無理やり入れるってこともできません。手が大きい人はほかを探すしかないですな。

そんなことでレビュー。気温10度前後が一番あってる気温かなぁと。それ以下になってくるとジョギングペースくらいでは寒いと感じるはず。レーシンググローブなんでレースというくらい本気であれば5度以下もいけると思う。
正直暖かさだけを求めるなら100均の毛糸の手袋のほうが上。しかし薄手て軽くて着け心地もよく通気性がよくて熱くなりすぎず寒くなり過ぎずで快適感はくらべものにならないくらい上。
日常のランニングであれば春の初め、秋の終わり、初冬くらいで手がなんか寒いが手袋つけると暑いしなんて時にいいグローブてことかな。
ちょっと値段が高いと思う人もいるかもだが寒くなりはじめあたりは服装に困るというか体温調整に困るわけで。そういう時期にもうすこし暖かくしたい特に手をどうにかしたいって悩みがあるならいい製品かもね。
2015/11