BlogPaint
普通の人であればキャッシュバックだったり商品の返金だったりで目にすることがあるのが振替払出証書。
郵便為替と何が違うの?って思ったりするんですが一番大きな違いはこちらは振替口座からお金が出てくるってことでしょうかね。支払う側は振替口座を作る必要はあるが手数料はたしか為替より安いのよね。そんなことでキャッシュバックなんかに使われることが多いと。
まぁ換金するほうとしては為替とそこまで変わらないんですけど。てことでさらっと換金までの流れを。

BlogPaint
払出証書は10万円以下なら普通郵便でそれ以上なら簡易書留で送られてくる。今回は8000円ですので普通郵便で送られてきました
普通郵便てことでそのままポストに投函されるので家にだれかいなくても大丈夫。為替の場合普通郵便でも送れるのですが大体が簡易書留なんだよね。で受け取りが手渡しになる。

DSC_0373
封筒裏も。

BlogPaint
中身はこんな。こちら側は換金に必要ないので切り取ってしまってOKです。

BlogPaint
でこっちが大事てことで。下に名前など書くところがありますがここに名前と住所書いて判子押して終わり。収入印紙については個人で3万円?以下の場合はいりません。制度が変わって金額が5万って話もあるんよね。
まぁ3万以上の場合は一度郵便局で聞いてください印紙がいるかどうか。間違って貼ってしまうと手続きがめんどくさくなるんで絶対に聞いてね。って調べろよ聞いてこいよって話だが換金のときにそのことが頭になかったもので・・・。

DSC_0377
裏側。委任欄がありますね。証書にかかれた名前以外の人が換金する場合はここに記入が必要に。本人が受け取る場合はここは何も書かなくてOK。
代理人が受け取る場合は表側に代理人の名前と住所と判子。で裏側に代理人の名前と委任者の住所と名前と判子ってことになります。ちょっと間違えそうですがよくよくみて間違わないように記入しましょう。

DSC_0386
で郵便局かゆうちょ銀行にいって証書出してお金受け取って終わり。領収書のようなものはなくお金出されて金額の確認してくださいっていわれて受け取って終わりでした。
免許証などの本人確認書類が必要と言われてたのですが今回自分は一切出さないで終わりました。しかし絶対確認されないってことでは無いので免許証や保険証など本人確認ができるものは何かもっていきましょう。
あと判子も家で押していけばいらないんですが訂正がある場合必要なんでこれも一応もっていきましょう。
代理人も同じで判子と身分証明書はもっていきましょうね。
町の小さな簡易郵便局でも取り扱いできるの?ってことですが貯金業務をやってるところなら大丈夫。大体のところでやってるので簡易郵便局もOKてことに。

そんなことでこんなです。額が小さくて個人で本人であれば換金は楽々。記入した証書をトレイに出して数分まてば終了です。
こういうの苦手な人もいるかもですががんばってやってください。でわからないことがあれば直接郵便局で聞きましょう。
2016/2