DSC_0451
購入価格4.500円(税送料込 楽天)製品HP http://panasonic.jp/teeth/products/EW-DJ10.html 
いわゆるウォーターピックなんて言われる水に強い水圧をかけその威力で歯の間のカスなんかを飛ばす口腔洗浄器。ちなみにウォーターピックってのはメーカー名であり商品名なんでパナのこれはウォーターピックではないです。
歯並びがあまりよくなく歯の間に食べカスはよく詰まり昔からの懸念事項。糸ようじのようなフロス系を使おうにも歯のスキマが狭くて無理。電動ハブラシを使うようになっていろいろ改善された感はあったのだが歯医者で表面はキレイなんで今度はやけに歯の間について注意され、そういう処理を毎回行われることに。そういう時は口腔洗浄器。同じパナのドルツEW-DJ61がいいなと思ってたのだが置き場所とコンセントそして価格がネックで購入に踏み切れず。
と月日は流れここ最近今まで以上に奥歯にカスが挟まるように。いろいろやっても取れず血だらけになる始末。歯医者いけばいいんですがそういえば口腔洗浄器ってあったなぁと。と何気なくみてたらこの携帯用で単三仕様っていう俺好みのやつがあるのを知る。価格もまぁまぁで試しで買うにはなんとか許容範囲てことでポチっとしたってことです。そんなことで行きますか。

DSC_0452
DSC_0453
まずは携帯用ってことで収納状態を。サイズは高さ142x幅51x奥行68(mm)重さ204g(電池なし)。水が165ml入るものなんで収納時っていってもけっこうなでかさ。自分は持ち歩くことはまずしないですけど、持ち歩くならかなり躊躇するサイズ。電池も入るとかなりずっしりしますし。持ち歩くというならいろいろと考えなくてはいけないのかなと。家で使うにもちょっと置き場所は考えないといけないレベル。

DSC_0454
DSC_0455
上と下。上の蓋っぽいところに電池が入り、穴あいてますがここにノズル刺します。

DSC_0456
電池の蓋は説明書だと鍵の頭などを使いって書いてあるが十円玉がちょうどのサイズ。なんかしら硬貨でいいとおもいますがね。上の上の画像見てもらうとわかるが蓋にOPENとCLOSEってあってその間に丸が・・・と撮った写真の蓋が逆w まぁちゃんとついてたとして本体にポッチが二つ。そのもう片方のポッチのほうに回すと蓋が開くってもの。完全防水だからですがけっこう特殊な蓋。正直開けやすいとは言えないです。最後にも書くがここらへんはなんとかしてほしいところ。

DSC_0457
で開けて電池を入れると。パナソニック製のアルカリかニッケル水素電池が推奨だそうです。電池はけっこう減るのでエネループの使用をおすすめします。けどアルカリのほうが水流は強くなる気もします。

DSC_0459
電池が詰まったとか書いてる人のも見たがパナのエネループ入れてみたところ余裕はあんまりないが詰まることは無し。エネループが電池としてはかなり太い部類なんでどんな電池でも大丈夫だと思うが、電池に撒いてあるカバーやシールが粗悪なものだと引っかかる可能性は否定できないのであんまり安い電池はつかわないほうがいいかも。ちなみに奧がプラス。

DSC_0461
さて使用状態へ。タンク部分を下に引っ張って伸ばします。この時大事なのが給水用フタを開けて伸ばすてことって写真で蓋開いてませんがw タンクとボディの間にゴムパッキンが入ってて密閉率が高く空気の出入りがないので蓋しめたままだと伸ばすのに力がいるのと伸ばし切ってもちょっと戻ったりするんよね。注射器みたいなそんな感じです。なので空気の出入りがあるように蓋あけるということ。
かといって蓋あけなくても伸ばすことは可能。でボディに線があるのでそこまできっちり伸ばしましょう。
あとボディにノズルを収納するスペースがあってこうやって伸ばすとノズルがでてくるようになってます。きっちり固定はされておらず本当に入れておくだけって感じに。
ちなみに最初はここにノズルが入ってないので自分で入れることになります。

DSC_0462
でもってノズルをカチっと音がするまで刺して一応完成。この状態でノズルなしで高さ218mm。ノズル合わせると30cmこえます。本当でかいです。だいたいの人が想像よりでかいと思うはず。ここに水160mlいれるわけでそうなると重さも500g近くに。大人はいいがお子さんだとけっこうつらいこともあるかもです。

DSC_0463
DSC_0464
DSC_0465
DSC_0466
各方面の写真を。ノズルは好きな方向に回転させることが可能。スイッチはスライド式でソフトとノーマルの強さが選べます。仕様に書いてないが完全防水らしい。まぁ風呂に入れたりしてますが問題は出てないので大丈夫でしょう。

DSC_0467
給水蓋はこんな。ここにもしっかりパッキンついてるので水が漏れることは無し。けどもうちょっと穴大きいといいんですがね。

DSC_0468
タンクの中これ絶対カビるよね?って思ってたら取り外しが可能でした。取り外しは力づくで引っ張るってものw 説明書にもそう書いてあるのでしょうがない。どっかでタンクの端を押しながらとか書いてるの見かけたがそういうのあんまり効果なし。この力づくてのがかなり力がいる。子供だと無理じゃね?って気が。力がないって女の人もきついかもね。これももうちょいなんとかならんかなぁってことで。
というかタンクがこうやって分解できるって知らなかったて人がけっこういるのに驚いたり。説明書最低限見ましょうねみなさん。
で本体からホースが伸びててホース先にフィルターがついてます。このフィルターにゴミがついて吸い上げ効率が悪くなることがあるんでたまにチェックしましょう。

DSC_0469
ノズルの先はこんな。替えノズル売ってるがこれってダメになるの?と思ってたが長くつかってると削れてくるようです。でそうなると水圧がよわくなったりなんだりと不具合が。説明書によると大体6ヶ月で交換てことだそうです。
交換ノズルの型番はEW0995 で2本入りで定価630円(税込)。ノズルは他のジェットウォッシャーのがあって数種類あり他の機種のはつかないので間違って買わないようにしましょう。

スクリーンショット (1265)
説明書PDFより
使い方ってのを簡単に説明。まずタンクに水入れるわけですが最初はぬるま湯というかお風呂でちょうどいいくらいの40度くらいのお湯がいい。個人差あるだろうが真冬の水道水でやるともうね死ぬほど痛い。知覚過敏とかそういうレベルではなく歯茎にクギ刺されるみたいな悶絶するくらいの痛みに。これがまた長引く時があるのよね・・・ロキソニン飲んじゃいましたよ。試しに〜って水ですぐやりたくなりますがお湯でやってね。といってお湯といっても熱いのだめよ。説明書では50度以上はだめとなってますのでそこは注意しましょう。お湯だと最初でも気持ちいと感じる人が多いはず。
次に大事なのが口の中に入れてからスイッチをオンにするってこと。お風呂でやるんだといいがそういうところじゃないところで口に入れてないでオンにすると一気に水浸しに。ものすごく水が飛ぶので本当注意してね。
ということで最初の最初はお風呂場で全裸でやるのおすすめ。まぁ風呂入りながらってのが一番かと思います。
であとは図のように口半開きでだら〜ってたらしながら洗浄。数回やると慣れますのでがんばって練習してください。
最初のうちは歯の表から裏のように洗浄場所大きく変更するときはスイッチオフがおすすめ。 オンのまま移動すると喉奧に水がささってひどいことになる場合があるもんで。できれば最初の最初は鏡見ながらってのも大事かしら。
あとは最初は洗面器とかそういので口からでるもの受け止めるのおすすめ。いろいろ出ますので効果がよくわかるので。
そして大体の人が血だらけになるはずです。説明書によると2週間くらいは出るってことらしい。まぁ血の味するくらいですしほとんどの人でるもんなんで気になさらず。
あとはやりすぎないというか最悪銀歯とかいろいろ取れる可能性が。あんまりないけど可能性はあるってのは頭に入れて最悪歯医者に行くかもってのは頭に入れてください。

DSC_0478
水圧の強さについて。ノーマルで約530KPa。ソフトで350KPa。て数字でだされてもわからんてな。なんか具体例だそうとおもったがいいのなかったのでやめ。
まぁノーマルで手に噴射すると普通に痛いって感じるくらいの圧力があります。動画出してる人もいますが紙コップくらいなら吹っ飛ぶレベルの強さ。ソフトはそうでもなく数字以上に弱く感じられます。
正直こんな威力のもの歯茎にあてていいの?と思ってしまうレベル。自分は最初の最初だけでしたね強いって思ったのは。今はもっと強さをくれくらいの勢い。ただしこれも個人差あるのでダメなときはソフトでもダメらしいです。無理して使うことはしないようにしましょう。
あとよく書かれてるのがEW-DJ61というパナの最高機種との強さの比較。数字的にはEW-DJ61の最高水圧は580KPaと50ほど強い。まぁ一割くらいこっちが弱いってことですな。あとこっちの場合は電池の消耗でも弱くなる。強めにって人は電池管理しっかりやりましょう。

音についてですが静かではなく電気カミソリレベルの音はします。個人的にはうるさいと思うことはなくこんなもんでしょって感じですな。

DSC_0479
写真が上手くとれなくて見づらいですが4日目くらいのこれやったあとの口からでた水がこんな。なんかしらゴミっぽいのもがあるなって分かってもらえれば幸い。
電動歯ブラシで歯磨きしたあとにこれを使ってこんくらいカスは取れる。ちなみに2日目までは血もけっこうでて桶の中がすごい色に。3日目からはまだ口の中で血の味はしますが水の色が分かるほど変わることは無くなりました。
そして奥歯、とくに親不知がまだあるところを洗浄すると最初にムワっとドブのような臭いが。これがけっこう衝撃的w そして終わったあとは口の中はさっぱりというかさっぱりしすぎて違和感があるくらいです。歯医者で洗浄してもらった以上に違和感でるのよな。ちなみにそういう違和感も数日でほぼなくなったというか慣れたというか気にならくなりました。

DSC_0485
さてレビューへ。ほぼ想像通りの効果というか結果がでたかなと。食べカスがしっかり取れましたしいろいろやって取れなかった挟まったものも取れました。挟まるからこれは食べたくないとかあったのですが取れるとわかると思い切って食べられる。電動歯ブラシもでしたがキレイになったという感じが強くでるのがいいですね。これは目でみてゴミが出たってのもわかるし掃除しがいがある。ただし歯表面の洗浄能力は弱い。歯垢除去ってほどの強さは無い。もともと歯垢除去能力があるとは言っていないのでそこは勘違いしないください。表面は電動歯ブラシで締めにこれってのが最強。

ちょっとなってところもいろいろ書きましょう。まずスイッチ。このスライドがちょっと硬いのと表面が滑るのでオンオフがけっこうしづらい。ついでに手が濡れるのでもっとやりづらく。廉価版といえる機種だからしょうがないのだが上位機種のようにボタン式だといいのだが。
スイッチと関係もあるかもだが正直いってデカくて持ちづらい。もうちょっと長くなってもいいので細ければと。これも上位機種買えよと言われればおしまいですが。
あとは電池の蓋の開け閉めのしずらさ。電池の持ちも気になるところ。約20分持つということだが1分以上はやることになるんだよねどうしても。で水流の強さを維持となると1日一回の使用でも1週間は持たない。蓋が開けやすいんだと電池持たなくてもいいのだが。
あとはタンク容量と水の入れづらさか。タンクは満タンで40秒持つと説明書でなってるが自分が測ったのでは30秒くらい(ノーマルで)。これでも慣れれば全部洗浄することは可能ですがやっぱり少なく感じる。とくに最初使うときはあっという間になくなる感じになります。けどこれ以上タンクでかくなると重くなっちゃうしねしょうがないのかな。
と上に写真があるようにちょっとした改造でタンク容量は好きに増やすことが可能に。これについてはこちらの記事をどうぞ。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1685948.html
こういうことできるんでタンク容量はどうでもよかったり。
あとはメンテ系か。カビさせないってことを考えるとタンクは毎回外して干すという行為が望ましいがめんどくさいのと置きづらくなるのがね。これも改造で改善できるはできるのですがそれもねと。

こんな感じです。文句書きすぎってことですがこれで分かる通り廉価版らしい微妙に完成度の低いものに。コストを抑えてるって感じもあるが「あえて」という感じもあるのがね。ただしちょっと問題があるだけで使用する上で慣れでカバーできる範囲。そして洗浄効果は絶大。4000円で買えるのでなこのくらいはガマンしましょうと。そんなことで口腔洗浄器の入門用としてはコスパは絶大。試してみたいって人にはいい機種だと思います。携帯用としても単三使えるのはいいですしね。
けど一番のデメリットはこれを使うともうこれなしではダメな感じになってしまうのよね。そして歯がスッキリしすぎて何か食べるとなんか詰まってると感じてやらずにはいられない禁断症状がw 洗いたくないから食べたくないやくらいの気持ちにさえなったり。こういう気持ちは数日でなれますけどそんなことにもなりますのでご注意?を。
お子さんいるかたにはぜひお子様ように使ってほしいですな。電動歯ブラシもですがそれよりこっちのほうが子供のころにあればと思ってしまうのよね。
2016/2