DSC_0607
購入価格6.350円(税送料込 楽天)発売日2009/6 製品HP http://www.sony.jp/radio/products/ICF-801/index.html 
ソニーのホームラジオっていう基本的には家で使うラジオ。ソニーのラジオは前にICF-R353て名刺サイズラジオ買ってるのですが、使用者がかなり使ってるものでけっこうボロボロに。新しいの買うかぁと思ったがほぼ持ち運ばないんだからホームラジオで良くね?ってことでよさげなのを探す。値段は高くてもいいので操作と機能がシンプルで感度がいいもの。そして電池以外にもコンセントから電源を取れるもの。てことで評判のいいこれに。あとで書くことだが正真正銘のメイドインジャパンってのも決め手ではありましたが。
 
DSC_0611
サイズ約228.7×138×63.7mm 重さ約970g(電池あり)
触らずとも見ただけでどんな操作するかわかるほどのシンプルなラジオ。スピーカーは10.2cmで出力500mA。音はこういうラジオとしてはかなりいい。とくにAMの音がいい。うちの車よりAMの音がいいのはなんなんだろうかw
音量はそれなりで普通の部屋の大きさならうるさいってほどの音量にはできます。

DSC_0608
箱裏が説明にちょうどよかったので撮りました。細かいことの徐々に説明。

DSC_0609
DSC_0610
サイズはまぁこんなです。なぜボンカレーかはただ近くにあって合わせたら大きさ似てたので。まぁiPadminiくらいの大きさでそれを厚さ約6cmにするとこのラジオのサイズになります。
持ち運ぶには若干大きく、家に据え置きというならすこし小さい。卓上っていうんだとベストサイズなのかな.

DSC_0613
裏。何もないといっていいですな。穴いっぱいは放熱とかそういうためのものだと思う。

DSC_0625
電池は単2x3。中途半端な単二の上に数までハンパな三本てのがまた。これはコンセントでも動くラジオですがコンセントに刺さってると電池はたしか減らない仕様のはず。なので電池は基本いれっぱなしで非常時だけ電池みたいな使い方になるかと。マンガン電池で約70時間、アルカリ電池で約170時間持続するそうです。これくらいもつなら単二スペーサーを使って単三で運用というのもいいのかなと。半分か1/3くらいの持続時間になるでしょうがそれでも丸1日は持つのであとは本数勝負でってのもいい方法かと。
ちなみに単2x3はテスト用として付属はしてます。

DSC_0615
最初に書いたようにメイドインジャパン。上にTOWADA Aとありますが十和田オーディオ製ってことです。十和田オーディオはソニー子会社とかそういうわけでなくソニーのラジオの設計製造をしてるってだけ。
現在ソニーのラジオで日本製と言えば十和田で作ってるのだけ。現在で4種か3種だけでこれがその一個ということになってます。
ラジオといえば日本製ってイメージもあったんですが日本製はソニーだけでそれももう残りわずかの絶滅危惧種に。前もどっかで書いたが日本人が日本製を探すていう本当へんな感じです。日本製なら絶対とは思ってないのだが、買えるうちにラジオくらい日本製はもっておきたいって思うのもしょうがないのかな。

DSC_0617
DSC_0616
上と底。上に電源スイッチとライトスイッチ。でFM用のロッドアンテナ。

DSC_0619
ロッドアンテナは最長90cmくらいかな〜。持ち手はカチっとしまった時と上げたときにしっかり止まるもの。これがけっこう気持ちいい感触に仕上がってる。こういうわけのわからんところのこだわりというかできの良さが日本製って感じがする。

DSC_0612
上が選局つまみで下が音量調整。選局つまみは大きくて回しやすく重さも適度で微妙な調整がしやすい。完璧な選局するには感度がいいからか微妙な調整が必要なんですが回しやすいので苦がないというかけっこう楽しい。かなり忘れてたアナログの感触いいですな。

DSC_0614
上はイヤホン端子。3.5mm端子のやつです。ちなみにモノラルでした。ステレオイヤホンさしても片方からしか音はでません。
下が電源コード差し込み口。ちなみに消費電力は2W。電源OFFで1.1W。2Wて電気代いくらよってことですが1日つけっぱなしとして約1.2円。1か月つっけぱなしで約37円で一年で約450円。これはずーとつけっぱなしってことで実際はこれの3分の1も行く人はいないんでしょうねヘビーユーザーでも。
マンガン電池3本で丸三日持続するんだから電気代としたらこんなものなのよな。これでも今売ってるソニーのホームラジオの中では消費電力は高めだったり。スピーカーが大きいのでしょうがないですな。
そしてつけて2Wだと待機電力の1Wがやけに電気無駄にしてる感じがw テレビも液晶になってかなり消費電力下がりましたがラジオには全然敵わないてことですね。

DSC_0623
右がこれに付属の電源ケーブルで左がいろんな充電器だったりテレビだったりでよく使われる2ピンのメガネ型ケーブルって言われるもの。見てわかるとおり根本のカバーの太さが全然違うので互換性なさそうですがよくよくみるとピンの間隔なんかは同じに見える。

DSC_0624
てことで刺してみたら問題なく動きました。見てわかり通りスキマが多いので刺すのがちょっとめんどくさいというかちょっとへんにさすとピンが曲がる可能性があるので気を付けてください。
もしこれの電源ケーブルなくしてもメガネ型のケーブルあればたしか代用可能ってことで。ただの電源ケーブルなんで不具合はまず起きないはずですし消費電力がすくないのでコードの発熱なども問題ないはず。しかし絶対できるとも言えません。俺はできたってだけでもしマネするかたは自己責任でお願いします。

DSC_0620
この流れで付属品。電源ケーブルは2mくらい。でモノラルイヤホンが付属。これの長さは約1m。で単2x3が付属。ソニーって書いてあるとなんかよさげにみえる。ちなみに電池は中国製w 

DSC_0630
ライトを点灯させるとこんな感じってもっと明るいですが。一回押すと30秒ずっと点灯してます。選局するくらいなら問題ない明るさです。

さてレビュー。 まず感度か。FMは普通な感じだがAMはよく入る気がするね過去いろいろと使ったものと比べると。ばっちり合うとかなりクリアにFMじゃねこれ?くらいの勢いでキレイに聞こえます。しかし感度がよすぎるのか時間帯によってはいろいろ入りすぎてどこがどこやらってことにも。ついでにPCのノイズをよくひろう気が。FMはPCノイズは問題ないようです。
気になったのはこれくらいであとは何も問題なし。音はいいですといってもスピーカーでの音。イヤホンで聞くと他とあまりかわらず。大きいつまみで選局もしやすい。がデジタル選局というか数字でって感じ慣れてるとイライラはするかも。
そしてやっぱり日本製の安心感かしら。けっして安いラジオではないがソニーでメイドインジャパンと言われるとなぜか納得してしまうというね。よくよく触って使うとなんとも懐かしいというか安心するというか昔の日本の家電らしさがあるんよね。みなさんが高評価をなぜかしてしまうのが分かる気がします。
ラジオをよく聞くというかたはこんな製品もどうですかと。年配のかたへのプレゼントとしてもいいんじゃないでしょうかね。
2016/3