スタジオセッション-108-2
購入価格291円(アマゾン) 製品HP http://www.vessel.co.jp/handtools/html/handtools/info/cushiongrip/ 
No2のプラス、No1のプラスと買ってきて次が5.5mmのマイナスです。アマの2000円送料無料の影響で思ったより早くここまでそろってしまった。
No.220のベッセルのマイナスドライバーは先が5.5mmと6mmがあるんでどっちにしようかなぁと悩んだが、どっちか一本と言えば5.5mmって書いてるところ多かったので5.5に。マイナスは大は小をというより小は大を兼ねるって感じが多いし、スキマに入れてこじってみたいな使い方が多くなるので細くて小さいほうが便利なんで5.5mmでいいのかなと。

スタジオセッション-118-2
注意点としては、先が5.5mmだとグリップの直径が32mmの小さいのになるってこと。6mmだと太い42mmに。なんか小さいよって思わないようにしましょう。あとオレンジがマイナスってのは覚えておきましょうって使えば嫌でも覚えるが。

スタジオセッション-109-2
先はこのようにちゃんと5.5mm。

スタジオセッション-110-2
先端の厚さは0.8mmってことだそうです。6mmのは厚さ0.9mm。先はしっかり硬くてそうそう曲がったりはしないはず。

スタジオセッション-115-2
そんなことでレビュー。300円以下でこれならいいと思いますがね。マイナスのネジって意外になかったりするんですがたま〜にあるし、それ以外に最初書いたがなんか蓋あけたりスキマつくったりと重宝するので持ってないって人はこういうの一本買っておきましょう。
2016/6