DSC_1847
購入価格390円(ヨドバシ)製品HP http://www.nikon-image.com/products/accessory/lens_closeup/standard_reflector_18/ 
白地に黒文字の印刷物などコントラストが高い被写体の複写等で、カメラのTTL測光で適正露出が得られない場合に使用し露出を決定します(ホワイトバランスのプリセット用には適しません)※ニコン製品HPの説明そのまま。
いわゆるグレーカードってものです。グレーカードっていうと今はホワイトバランス設定用のものが多いというかほとんどなきがしますが、この製品は正確な発売日がわからなかったがかる〜く10年以上前からあるもの。そういうことフィルムカメラ用の製品なんだよね本当は。フィルムのWBを設定するってのはできないというかまぁ普通はやらないので露出決定用に適したというかそれ用に作ったものなので、WBプリセットに適さないなんて注意が書いてある。
しかしWBプリセットにもちゃんと使えるってレビューが多数というかほとんど。なので俺もWBプリセット用に買ってみたと。前からグレーカードはほしかったのよけど高いのよね専用のは。これは安いというか安すぎるのでお試しでも買いやすいので。
今回は商品の紹介がメインでどうやって使うかってのは細かくは書いてないです。それはそのうち暇なときに。

BlogPaint
これを買うにして一番安いと思われるのはヨドバシ。定価は税込540円でヨドバシは送料込み390円。今回はポイントが300円くらいあったので90円くらいしか払ってないっていう。
それはいいとして他の通販だと1000円近くになってしまうのよね。店舗でもおいてるところ少ない気が。まぁ素直にヨドバシで買うのが一番。
とヨドバシで配送方法が選べてメール便で送れそうだったので受け取りめんどいのでメール便にしたら、あとでメールがきてメール便で送れないので普通に送ると。そんなでかいんだっけ?と疑問におもったらこんなでかい箱に入ってきました。

DSC_1892
底に見えるのが台紙じゃなくてこの製品ね。で大量のエアクッション。こんなにエアクッションがつながって入ってきたのはじめて。パッケージのサイズがA3以上くらいのサイズがあるんでこんなことになるんだよね。まぁでかい箱きてもビビんないでってことか。
というか実質90円しか払ってないのにこんなでかい箱送ってもらってなんか悪いというか儲かるの?とかなり心配だったり。

 DSC_1846
パッケージはこんな。ただのダンボールに製品名のシールがはってあるだけです。

 DSC_1845
出すと黒いビニール袋が。いろんな国の警告って文字がわかりやすいですw

DSC_1847
 で製品です。サイズは425x300くらいかな。枠書いてありますが一番外がA3(297x420)なんでA3よりほんのちょっとでかいってことです。
なんでこんな枠書いてあるの?ってことですが複写に便利だからってことだそうな。ちなみにど真ん中はいわゆるフルサイズってもの。倍率とかみるのに便利よねこれあると。

DSC_1848
 裏もありましてこっちはBサイズの用紙の枠が。用紙サイズ測るのに便利よねこれ。たま〜にこの用紙のサイズ何?ってなるんでってそうそうならんか。

DSC_1849
厚みは約1.5mm。まぁふっつうのボール紙よ。材質も紙。雨だったりで外で使うのは厳しいかもね。まぁ安いので使い捨てみたいに使うのもいいが。

DSC_1894
使い方ってのを軽く書きますが、ホワイトバランス設定のプリセットマニュアルってので写す光のところにこれおいて撮ってプリセットに登録してそのWBで撮るってだけ。細かいやりかた書かないとなんだがまぁまたあとで。なれるとすごい簡単です。

画像2
ということでテスト試写。光源をフラッシュと部屋の蛍光灯と窓からの太陽光といういわゆるミックス光ってのにしましてあえて色かぶりしやすい状況で撮影。
で左がAUTOのWBで右がこの板おいてプリセットしたWBでの撮影。
どっちもいいんじゃない?ともいえるですが左は厳密には赤かぶりして全体的に赤っぽくなってます。で右は赤かぶりがなくすっきりと白が白としてちゃんと写ってる。はずw
まぁこういう風にかぶりやすい環境でも簡単に安定した色は出せるってことかな。もっとわかりやすいテストにすればいいのに。ってことですがあんまり思いつかず。D7200自体がAWBの性能わるいわけちゃうのでなかなか難しいのよ。

BlogPaint
そんなことでレビュー。個人的な見解ではWBプリセットにも問題なく使えると思います。のでこの価格で正確なグレーカードが手に入るなら超お得というかニコン製ですしねそこらへんも含めコスパは高い。
でかすぎるってよく書かれてますが、上の写真みたいに簡単な背景紙として使えるのでこれくらいでかいほうが俺は便利。
ででかいなら切ればいいわけで。ケチるような値段のものでもないのででかいならザクザク切りましょう。おれももう数枚くらい買っておこうかなとそんな予定です。
露出合わせのやりかたは書いてないがその本来の使い方でも重宝するかと。写真の腕のステップアップてのを考えているならこんなもの手だしてみるのもいいのかもです。余裕があればこんなものもどうぞ。
2016/7