DSC_2402
購入価格2.080円(送料込 ヤフー)製品HP http://www.citizen-systems.co.jp/electronic/health/cte707.html 
シチズンのいわゆる予測式で15秒で体温が測れる温度計。取り扱い店限定モデルって書いてあるんだよな。CTE709と同じだと思うのだがそこらへんよくわからず。
期間限定Tポイントが2000円くらいあって期限が近かった。期間限定Tポイントは ヤフー系のサービスしか使えず期間もものすごい短いというやっかいなもの。どうしようこれって思って思いついたのが体温計でした。うちにあるはあるんだが予測式は持ってなかったので。
売れてるテルモやオムロンのと思ってたが安すぎたり高すぎたりでうーんで、ちょうど2000円くらいのこれ発見。シチズン製ってのも気に入ったが他にもいろいろいいかな?て思えるポイントあったんでこれに。
 
DSC_2403
予測式?ってことですが今15秒とか30秒で体温測れるものがほとんどですがそれらはすべて予測式ってものを使ってます。名前通り体温の上がり方をちょっと測ってそのカーブから体温を予測するってもの。
そういうことなんで100%ちゃんとした体温を計測できるってわけじゃない。しかし大幅にってズレもそうそうなかったりもするんだよね。
でしっかりとした体温計測も10分刺したままにすればこの製品ならできる。熱があるかないかをサっと計測して、なんか高いなとか信用できねーなてときは10分かけて計測みたいな使い方になりますな。

DSC_2404
DSC_2405
DSC_2406
さて製品説明に。まずはちゃんとケース付。だけどケースに入れてオフとか出してオンなんてことにはなりません。ケースはとくになんの問題もなく。

DSC_2409
本体へ。約22(幅)×139.5(長さ)×11(厚さ)mm 約15g(電池含む)
標準的な体温計のサイズです。防水はIPX7なんで完全に水につけて洗うってことが可能。

DSC_2414
液晶も大きく見やすい。ライトとかはつきません。

DSC_2410
裏。右のほうに見えるのが電池蓋。電池はLR41。寿命は予測計測で2800回使えるそうな。体温計は電池交換簡単だけど自分でやっちゃダメって製品が多いがこれは自分で交換してもいいよってなってるもの。コインで回せば簡単に蓋が取れます。

DSC_2411
横から。一応ボタンがすこし凹んでて誤作動しないようになってるそうな。ボタンは押しやすかったです。

DSC_2407
DSC_2408
でこの製品最大の特徴の先端が曲がるてもの。ぐにゃぐにゃってわけでなく力いれるとそれなりに曲がる感じで不安感は無いですし耐久性も問題ないはず。素材はウレタン系なのかな?脇にフィットしやすくってことなんだが使ってみたがその恩恵がいまいちよくわからずw 一番の恩恵はプラでも脇にいれるとヒヤっとするときありますがそれがないってことかも。

DSC_2415
軽く使い方を。液晶にLってでたら使えます。連続で使用するとこのLがでないことがあるんでそういう場合はすこしさましてつかいましょう。

DSC_2416
 でこんな感じに脇に挟む。脇の中心にさして体温計は下のほう向けるのが正確な測り方なんだねってこれみて初めて知ったていうね。脇に挟めってしか教わってないのでな。よくよく考えればこういう測り方よね。

 DSC_2417
そんなことでレビュー。だいたい予測式でレビューでかかれるのが実測と予測の体温差。こればっかりは個人差とかあるんで絶対じゃないのでなんとも言えないんだけど、何回か俺がやってみた限りはおお外しは無し。けど0.2くらい高くでる傾向があるかなぁとは感じました。
あとは製品としては問題なく。電子音も大きくて聞きやすいですし液晶も見やすい。質感も悪くなく、恩恵がよくわからなかったが先端曲がるってのもおもしろくていいかなと。
体温計選んでてわかったのは決めてがけっこうないのよな。そういう意味でちょっと変わった製品がいいかなって思う人にこの先端が曲がるってのはいい決め手になるのかも?
ってキワモノではないので普通に使えますのでそこはお間違えなく。
2016/9