名称未設定-0001-8
購入価格3.500円(アマゾン)
砥石ですな。包丁のシャープナーを買わな買わなと思って放置してて何気に包丁みたらものすごい刃こぼれ。やっちまったなぁと。ここまでいっちゃうとシャープナーじゃどうにもならんので砥石でやるかと。 
けどステンレス系の包丁研げるというか刃こぼれ直せるくらいの砥石ってあるの?っていろいろ調べて出てきたのが砥石じゃ有名なシャプトンの1000番。これ一個でいいって言ってる人もいるし刃こぼれも実際直してる人もいたんでこれでいいかと。
3500円もするならそれで包丁買ったほうがいいんじゃねーの?って話でもあるが今後も考えて砥石での手入れ覚えようかなと。ネタにもなるしね。
 
名称未設定-0019-6
砥石で刃物手入れってのは家に砥石が転がってたので昔挑戦したこともあったのだが不器用なもので角度維持して研ぐってのが超苦手でね。もうなんかすごいことにしかならんかったのでそこから砥石アレルギーだったりもしたんですが、スーパートゲールのような角度維持がやりやすいホルダーが今はあるんだねって昔もあったかもだが、こういうのあればなんとか行けるかなと。
これがないんだとたしかやってない。スーパートゲールについてはまた別記事で。

名称未設定-0014-6
使用上の注意ってのを。砥石は水につけてから使うってものなんですがシャプトンのは長く水につけてはだめ。一応使用前10分くらいはつけたほうがいいみたいですが水かけながらやれば問題はないらしい。俺も今回は水かけながらやってました。あとは終わったらしっかり乾燥させるってことくらいでしょうか。

 名称未設定-0003-7
名称未設定-0005-7
名称未設定-0006-7
こういう風なケースに入ってます。あとで書くが台座にもなるケースです。底はゴム足っぽいものがついて水切りもできるようになってます。
滑り止めにはなってるが滑るは滑るのでちゃんとやるならなんか固定するような台はあるといい。

名称未設定-0007-7
名称未設定-0008-6
開けると砥石が。中にスチロールみたいなものが一枚。これは捨ててもいいんだと思うが。たしか輸送で壊れないようにする緩衝材だと思うので。

名称未設定-0010-6
名称未設定-0012-6
名称未設定-0013-6
砥石本体。サイズは210×70×15(mm)値段の割には薄いかもね。けどこれ一応セラミックなのよ。なのでこの薄さでもそれなりに持つはず。セラミックなのでステンレス包丁でも問題なく使えるってことでもあります。
きっちりと日本製。シャプトンなんてメーカー名なんで海外の?って思ったりしますが栃木の会社の製品のようです。よくよく考えればシャプトンって和製英語っぽいよね。
表があると書いてあるのを見たが表も裏もどっちもたしか同じだと思われます。基本は文字書いてあるほうを使うみたいです。
文字は当たり前ですが使うと消えていきます。

名称未設定-0009-6
でこのように台座になると。これでも滑るは滑るので下に布巾のようなもの何枚かしくか固定できるような台を使うかってことになります。

名称未設定-0006-6
名称未設定-0004-6
研ぐ包丁はツヴィリングの4000円くらいのステンレス包丁。約1年使用でほぼ手入れなし。写真はクリックで大きく見てもらえればよくわかりますがけっこうな刃こぼれ。アップで撮ったものもありますがほんとがっつり凹んでます。
一年でこんなにこぼれるのは初めてなきがするんだがな。切れ味がいいだけに刃こぼれもしやすいのかな。ってまぁそれはいいですな。これを直します。

名称未設定-0003-8
名称未設定-0007-8
いきなり終了。本当は動画撮るかなって予定だったがそれはあとでやれるときに追加で。本当不器用だな俺・・・。かなり形がいびつに。上のほうがなかなか「かえり」が出なくてやりすぎちゃったのよな。それはいいとして刃こぼれがなくなったのはよくわかるかと。
これでたしか20分くらいかな研いでたのは。いろいろ遊んでたので研いでる時間はもっと少ないはず。俺がど下手なのは置いといて、1000番でステンレス包丁でもこれくらいの時間でこれくらい研ぐ力はあるよと。刃こぼれ直しもできますよってのがわかってくれればOKです。
仕上がりも思ってた以上にはなめらかかな。もっとギザギザになると思ったが一般家庭の三徳ならこんくらいで問題なし。切れ味もそういう感じくらいにはなりました、刺身とか切るならもっと番手あげていったりいろいろやったほうがいいのかなとは思うけど。

名称未設定-0013-7
さてレビュー。想像通りというか評判通りというか、研ぐ能力はこれ一本あれば家庭用なら問題ないってものでしたね。
ちゃんと使った砥石がこれが初めてといってもいいので普通のとどう違うこう違うってのがまったく言えないですけど、初心者が想像通りに何も考えずできて想像通りの結果が得られるってのはある意味すごいことで。そういう意味で優れた砥石なんじゃないのかなと思ったりです。
仕上げ用の砥石があったほうがいいのかとか迷う人もいるでしょうし俺も迷いましたがまずはこれ一個でいいと思いますよ。で使いこなせたくらいで5000番あたり買えばいいんじゃないかなぁ。
仕上げ用買うよりは修正砥石買ったほうがいい気がしますがね。修正砥石ってのは削れた砥石をまっすぐに修正するものね。おれも来月くらいには修正砥石買う予定です。
そしてあとは腕次第ってね・・・。ホルダー使ったのでもうちょっとマシにできると思ったのだがね想像以上に不器用だなと再認識。月一回くらい今後は研いでいくのでがんばって練習していきましょう。

て話ずれた気がするが、砥石一本でいきたいならいい砥石だと思いますのでちょっと高い気はするが損した気分にはならないと思いますのでがんばって買ってみましょう。
2016/9