DSC_2690
購入価格3.546円(yahoo)
18歳以上対象のエアガンでM4R.I.SとColt1911っぽい2丁セットです。値段からわかるように電動とかガスとかでなくエアーコッキングっていう一発撃つたびに引っ張っててやつ。
 ここは俺の趣味全開のブログですがこういう趣向になった原点は物心つくくらいからのミリタリー好きから。そんなことでエアガンは大好き。で次世代電動ガン欲しいって今の時代なら思うわけで。でやっぱM4でしょってなるわけで。買う買わない?なんてのを次世代電動ガンが話題なってから定期的に考えることに。けど買ってない。買えないわけじゃない。がサバゲーしてるわけでもなく一人でお座敷シューティングは速攻飽きるのは過去の経験でわかってる。そして部屋に微妙にちらばるBB弾にイラっともしたくない。そんなもんに下手したら二桁万も出せない。そういう思考の中、20mmレールがあるライフルでちょっと遊びたいってのがありましてやっすくて中華でもなんでもいいから20mmレールがついた形だけの安いのないかな?って探してたら出てきたのがこれ。
情報少なすぎてかなり不安だったがTポイントけっこうあって自腹ほぼ切らずに買えるのでいいかでこれを。まぁそんなです。
ちなみにトップの写真はかなりキツメに画像補正してますのでこんなにできがいい銃ではないです。

DSC_2660
箱。この値段ですが箱はかなり立派。サイズは75x27x7(cm)もあります。が軽いですけどw ベルソスってところが輸入してて箱は日本用に作ってるみたい。けどもともとは怪しい中国製ってことで、ベルソスの以外でも同じものは売ってたりします。でたしか中身は同じ。そういうことでベルソスって書いてなくてもこのM4とコルトのセットだと同じ製品て思っていいはず。

DSC_2662
セット内容
本体(M4モデル)、マガジン(M4モデル)、銃床、グリップ、ライト、本体(コルトモデル)、マガジン(コルトモデル)、ペーパーターゲット、6mmBB弾、取扱説明書。
ということだそうな。基本的にはマガジンにBB弾入れれば撃てます。

DSC_2663
いろいろ説明めんどくさいので説明書まるっと写真で撮りました。エアガン使ったことあれば使えると思いますが、一応セーフティーがついてるってのと、銃床、いわゆるストックの外し方がちょとわかりづらいので使用前に確認はしましょう。
あと最初に書きましたが一応これは18歳以上対象製品。年齢がどうたらはまぁいいとして18歳以上用なんでそれなりに威力があります。まぁ危ないってことよね。子供にプレゼントしました〜ってレビューとか見ましたが小学生や中学生には与えたくないね。安いからといってもそういうものってのはよくよくご理解ください。
そういう使用上の注意もがっつり説明書に書いてあるよと。エアガンに慣れてる人はいいが初めてって人も買うかもな製品ですのでね。ちょっと口うるさく書いてみました。

 DSC_2665
まずは本命というかこれ買う人はほとんどがこれ目当てだと思うM4の説明に。ストックとマガジンは外れてる状態ですので箱からだしてはめましょう。ストックはいいがマガジンはちょっときついというか設計が悪いというかかなり強めに押し込まないとハマらないかも。外すのきつかったりします。ここらへんがこの値段のものよねって感じです。

DSC_2669
完成するとこんな。軽くM4の説明を。今世界で主流のアサルトライフルというかアサルトカービンがこのM4。カービンってのは小銃みたいな意味で全長がちょっと短く取り回しがしやすい。アサルトライフルっていうとM16を思い出す人もいるかもですがその後継ともいえるのがこのM4で映画なんかでM16見なくなってこっちをよく見るようになったと思います。
でRISって何よってな。RIS=レールインターフェイスシステムてことになっててこの銃だとマガジンの前のハンドガードの階段みたいになってところありますよね。そこがRISでピカティニー・レールって言われるもの。ここの規格は決まっていて他社製品でもこの規格にさえあえばいろいろ取り付け可能で好みのカスタマイズができると。
そういう実銃の規格がエアガンでも使われてて、レールに対応してるいろんな製品がでててそれを好きにつけて自分好みのオリジナルライフルが簡単に作れてしまう。
なんともエアガンにあったシステムというかエアガンの一つの楽しみにカスタマイズってのはあるわけで、それが容易に楽しめるM4はエアガンでも人気てね。
そういうところで俺もちょっと遊ぼうかなってことでのこれの購入というわけ。その遊びについてはそのうち書ければ。

DSC_2670
反対側、ど真ん中にメイドインチャイナって書いてあったりします。写真でもわかるとおりオールプラ製。重量わずか600g。実物は本当おもちゃ。けど持つと意外にいいかも?って思ったりやっぱりおもちゃだって思ったりなんか評価がなかなか定まらないw けど遠くからみたらよくできてるように見えます。

DSC_2685
DSC_2686
サイズの話がでたのでそっちに。一応フルサイズ、1/1のサイズのはず。ストックを最長に延ばせば全長90cmくらいになります。1.5リットルコーラと比較してもこのでかさ。
本当サイズだけはいっちょ前w でかすぎて撃ちづらいんだよね。そういうことで見た目だけほしいなら本当いい製品ですし、いろいろ自分でプラモ改造するかのようにいじりたいというなら最高の素材とも言えます。

DSC_2672
DSC_2673
DSC_2676
銃口や縦?でいいのかなそういうところの写真を。一番アラがよく見えるところですな。二つのパーツただ挟んでくっつけただけのものでつなぎ目の処理もしてませんのでどうしてもそうなります。
けど個人的には思ったよりはひどくなく。スキマあいてたり一発でわかるくらい曲がってたりってのを考えてたのでねそういうのがないだけマシ。

DSC_2708
DSC_2709
サイトが可動式で高いのと低いの選べるようになってたり。なんでこんなところは凝ってるのだろうかw

DSC_2707
アイアインサイトだったりキャリングハンドルだったりと言われる取っ手みたいな部分ですな。M4ならこれは外れるのが本当なんですがこれは外れないです。ここがこのM4の最大の欠点。ここが外れないとカスタムの幅がぐっと狭まるので。これが外れるかなくてレールだけだったら完璧だったんだが。

DSC_2693
レールの話。20mmレールのはずですが約20.5〜21mmって幅ですね。

スタジオセッション-474
てことで他社の20mmレール用マウントってのを買ってみました。これはあとで別記事で。一応取り付けできました。

スタジオセッション-479
ただしこんな感じでギリというかなんというか。幅よりも厚いのかなそんな感じがします。けどこういう挟んでネジで締めるタイプのレールオプションなら取り付けはできます。ただしたまに取りづらくなってへんな汗かきます。スムーズな取り付け取り外しというならヤスリで削るとか考えたほうがいいのかも。

DSC_2679
DSC_2680
DSC_2682
オプションのグリップとライトを取り付けるとこんな。グリップはスライドさせてカチっとなってはまるものでライトはネジで挟むもの。ライトスイッチはテールにあります。ハンドルがちょっと取りづらい以外は取り付け取りはずしは問題なし。

DSC_2684
レールの4面ならどこでもライトもハンドルも取り付け可能。といっても下ハンドルの左ライト以外おかしなつけ方になっちゃうんだけどね。

DSC_2658
カメラ設定 ISO800 SS1/30F3.5 WB5000K固定 焦点距離28mm 壁までの距離約3m

一応のLED懐中電灯なんでいつもの設定で照射テスト。見てわかるとおり青いLED。ルーメンの記載はないが今までの懐中電灯と比べると10〜20ルーメンってところでしょうか。
配光はタクティカルっぽい狭目のものですが写真みてわかる通り中心光がグニョングニョン。LEDの前にプラのレンズつけてるようですがそれの精度がひどいのでこんなことに。まぁただ見た目でつけましたってだけのライトなんでこんなもんよ。
ちなみに電池はボタン電池のLR44x3。電池は付属してます。どれくらいもつかは不明。

DSC_2694
おまけ?ともいえるコルト1911っぽいものも紹介。20mmレールっぽいものがついたコルト。コルトのレイルガンってのがあるんですがそれなのかな?と思ったがそれともなんか違うのよね。海外向けのコルトっぽいエアガンをマネて適当に作ったみたいな感じかな。
これもフルプラ製。けどけどグリップに重りがあるんでそれなりの重量はあります。マガジンは入れやすくて取り出しもボタン押すとスっと落ちてくれていいです。

DSC_2695
DSC_2696
DSC_2699
DSC_2700
わかりやすい安いやつってクオリティ。M4より小さいからかこちらのほうがアラが目立つ。サイズはこれもフルサイズあると思うのでそれなりに迫力はあります。

DSC_2703
レイル幅は21.5〜22くらいはあります。しかも貫通してるはずの溝が貫通してなくて真ん中盛り上がってたりもします。
挟みこむタイプのもものはいいが前から入れるだけってのは厳しいかも。

スタジオセッション-476
ということでこれも一応他社の20mmレールマウント取り付け。ダメだと思ったんですがなんとかできました。しっかし安物ハンドガンでもライト一個付くだけですごい高級品に見えます。

スタジオセッション-477
これもM4と同様ギリギリというかこっちのほうがギリギリ。取り付けてるというより引っかかってるというのが正しい表現。しかしこれでもけっこうガッチリ固定されてます。こういう感じなんで前から差し込むような20mmレール用のはたしか無理。これも最悪削ればいいんだけどね。

DSC_2704
さてレビュー。触れてなかった射撃能力あたりのことをまず。まずコッキングはけっこう重い。M4はそれでも引きやすいからいいがコルトのほう滑りやすいのもあってかなりつらい。小学生くらいだときついだろうし大人でも女性はダメかも。
威力距離はそれなりに。20Mはいくんでないかな。そしてうるさい。そのうるささとバネの力から軽く反動もあったり。トリガープルも重め。そんな荒めな銃です。
質は低いが想像してたものよりは全然いいっすね。アイアンサイトが外れない以外に不満無し。M4の形しててレイル遊びができればよかったのでそれが達成できたので満足。できないとおもってたコルトのほうでもレイル遊びできそうなのもよかったです。
そういう俺みたいな用途の人がいるならいい商品だと思います。エアガンとして撃って遊ぶというならマルイの10歳以上の2000円くらいのハンドガン買ったほうがいいです。

そんなことで商品としてはいいんだがこれ買っちゃうとやっぱり火がついちゃうね・・・。やばいね次世代買っちゃいそう。そういうことになるんでこれで我慢しようって買い方はおすすめしません。
2016/10