スタジオセッション-496
販売価格999円(amazon)
 ZITRADESからレビュー依頼受けた商品です。低価格のLEDヘッドライトってもの。まぁ謎の中国産ライトですね。ZITRADES独自ノライトてわけでなく同じ形のはamazon内にチラホラ。そういう感じのものなんでちょっと心配だったりしてます。
 
スタジオセッション-509
箱。必要最低限という小さい箱。見てわかる通りのメーカー名など何もなし。付属品も何もないです。最低限英語でもいいので説明書はほしいよね。

スタジオセッション-503
サイズ:約5.6 x 4 x 3.4cm重量:約 56g材質:ABS+PC IPX5
防水性能はIPX5なんで水の中に入れるのはだめだが水ぶっかけてもいいってもの。素材はプラ。そういえばオールプラのLEDライトって初めてだね。頭につけるものなんで軽いほうがいいのでプラでもいいが正直やすっぽくは見えますよね。

スタジオセッション-505
スタジオセッション-506
横から。バンドの最長は伸ばさないで約65cm。伸ばして80cmちょっとかな。帽子なし帽子の上からならいいと思うが、ヘルメットの上からというとちょっと短いって可能性が。自分はヘルメットの上から使うことは無いのでこれでいいがそういう使用前提の人はご注意を。

 スタジオセッション-510
上から。スイッチはこれだけで操作方法は押すとオンでハイ→ロー→赤点灯→赤点滅→オフということに。
ここがこの商品で一番気に入らないところ。オンしてハイで使っててオフにしようとすると4回も押さないとオフにならない。ついでに赤いが間に入るのが本当俺はダメ。
他のライトレビューで書いてますがオフに手間取るライトは好きじゃないし、ついでにあまり使わない赤を経由というのが本当ダメ。
赤がないならまだよかったんだがね。赤入れるなら赤は長押しでとかそれかオフが長押しでできればよかったんだが。コストダウンのためここらへん簡略化してるのだろうがライトはスイッチ関連をコストダウンしちゃだめ。

スタジオセッション-507
角度調整はしたに60度ほどできるようです。ガリガリって感じの動き方します。必要十分な角度ではあるがせめて真下まで向いてほしいね。以外に使うのでね真下って。

 スタジオセッション-508
電池は単四x3。奇数電池は管理めんどくさくなるのでいやですね。

 スタジオセッション-517
LEDはこんな。どのLEDを使ってるかの表記は無いのでわかりません。LEDハいいんだがこのレンズの中にゴミがあるのがすごい気になる。

スタジオセッション-514
 赤点灯はこんな。仮面ライターみたいに見えます。

画像1-1
カメラ設定 ISO800 SS1/30F3.5 WB5000K固定 焦点距離28mm 壁までの距離約3m
ハイ122ルーメン30時間
ロー 120時間

いつもの照射テスト。ルーメンは大体仕様通り120くらいはあるかな。ローは書いてないが30〜40ルーメンくらいかな。必要十分ですね。
かなり色が白いのが特徴ですな。白いの苦手って人は注意しましょう。配光自体は広くて段差もなく一般的に使いやすいと思われます。

DSC_2718
頭の上につけたライトで手元照らすとこんな。ちょうどいい配光と明るさ。明るすぎても手元はアカンのでね。

スタジオセッション-512
さてレビュー。この値段にしては明るさもしっかりあり手元照らすにもいい感じ。重くもなく夜の作業灯としては問題ないですね。
けど問題も多数。質感というか商品の質が値段なり。角度調整ももっと下までほしいですし、バンドも短め。単4x3は電池管理がめんどくさくなるし、一番の問題は電源オフの方法。最大でボタン4回押さないとダメなのはいただけないし赤を経由しないといけないのはもっとだめ。ついでにこの赤がついてるかついてないかたまにわからないのよね。で消えたと思ったら赤がずっとついてたなんてことにも。
これの後継機があるのならば長押しでオフを入れるかそれダメなら赤は入れない赤は別ボタンやら長押しでなどなんかしてほしいです。
配光がいいんだがなぁ。この操作方法ではおすすめはできませんね俺は。
2016/11