スタジオセッション-662
購入価格516円(ケーヨーD2)製品HP http://www.ichiguchi-diy.jp/products/prod_bs/6kaku_wheel/bs_6kaku_wheel.html#6kaku_wh_series 
電動ドリルやインパクトドライバーなどで使える六角軸がついた磨きの仕上げに使うフェルトホイルってやつです。
ここ最近「磨く」ってのに凝ってまして、で人力での限界を感じたというかサンダーみたいなの使うとどれくらい違うかなぁと。あんたサンダー持ってるだろってことだが今磨いてるのが小物系なものであれだとちょっと怖い。でリューターみたいなの買おうとしたがそれなりにするのでなかなか踏み切れず。
いろいろ見てるとそういえば電ドリとかに使えるのもあるんだよなと。前からそれは知ってるのだが「間に合わせ」みたいな電動道具はちょっと抵抗があってねやめてたのよな。
でフラっとD2によって六角軸のフェルトの見たら500円であったので試しならいいかで買いました。
 
スクリーンショット (11)
製品HPより。
どの素材に適してるとかどれを何に使うかみたいな表がこんな。フェルトホイルは金属系に適しててサビや塗装面にもっとも適してると。で木や樹脂はちょっと微妙よと。あとの素材は使えないてことになってます。
樹脂についてはあとで書きますが注意して使えば使えます。
ここのHPかなり丁寧にいろいろ書いてあるのでよくわからない人はいろんなページよく見てみましょう。

スタジオセッション-663
サイズ直径50x幅8(mm)。ちょっと細いがなんにでも使えそうな大きさ。最初に試しにっていうならいいサイズな気がします。
シール剥がすと樹脂で穴埋めたみたいなのがでてきます。そこがけっこう出っ張ってるので、この写真に写ってる面を押し付けてという使い方はできません。これは基本的にはサイドで磨くタイプのフェルト。

最大回転数が3000てなってますがインパクトドライバーや電動ドリル系は大体最大回転数は2000ちょっとってのが多いです。なのでそういうもので使うなら全開で回しても問題はほぼないです。けど自分の使ってる機材の最大回転数は一応確認してくださいね。
ちなみにインパクトでも全開で回して磨くのはけっこう怖いのでそういう意味でもあんまり回転数気にしないでもいいかもです。

スタジオセッション-664
横。こんなフェルトの幅ですな。で六角軸。太さは6.3mm。一番流通してる太さなんで手に入れやすいインパクトドライバーなどなら問題なく取り付けられるはずです。チャック式のドリルなんかでも問題なく取り付けられます。

スタジオセッション-665
裏も一応。フェルトの取り外しも無理してやればできるはずだが、替えのが売ってるわけでもないので軸ごと使い捨てになると思います。

スタジオセッション-666
インパクトにつけるとこんな。電動ドライバ系だといい感じのバランスなきがします。

スタジオセッション-671
どれくらいの効果がってのを見せるのにどうしたらいいか悩んだがこんな写真を撮りました。
サビさびの包丁をピカールで手動とこのフェルトつけたインパクトドライバーで磨きましたってもの。包丁先の写真左が手で。右がインパクトドライバーで。真ん中は一切手を付けてません。
肉眼で見たときはあんまり違いなくてわかりづらいなって思ったが写真で見るとかなり違ってますね。
人力でけっこう頑張ったのでキレイにはなってるがほぼ傷は消えず汚れが落ちただけですね。で磨きやすいという力が入れやすい真ん中付近が一番きれいに。
インパクトのほうは下地作りを一切してないので鏡面にまではいかないまでもかなりいい仕上がりです。傷もかなり消えてますね。
ピカールは大体3000番くらいの粒子と言われてます。3000番だけで人力でここまでやるのは無理。そして端まで全面キレイに磨けてますな。
 
スタジオセッション-682
先ほど書いた樹脂うんぬんてお話を。写真はアクリルブロックてもの。これの仕上げのためにこれ買ったんですよ実際は。
おーキレイキレイって調子ぶっこいてやってたらなんかこげくせーなと。で見たら写真のように穴というかくぼみが。
あったり前ですがフェルトだろうと高回転で擦れば熱がでるんですよ。で調子乗ってたのでドライバー全開にして磨いたのよね。そしたらこれですw
木材や樹脂が三角ってなってましたが、このように熱によって溶けたり焦がしたりってことが起きるから。回転数あんまりあげなければそういうことにはなりませんので樹脂や木材というなら丁寧にゆっくりやってねと。

溶けたところ以外を見てくれればこんなのでかなりキレイになってるのはわかるかと。これはヤスリで完全に下地つくってやってるのでキレイになってます。
なのにくぼんじゃった・・・。これどうすんだよ・・・リカバリするの大変。って俺みたいにならないように樹脂系にやるときは気を付けてください。

スタジオセッション-667
一時間くらい遊んだフェルトがこんな状態。金属系をやると絶対このように黒くなります。これは洗わないでOK。それなりにというか小物だけというならそうそうなくならないかなとは思います。

さてレビュー。使い方さえ間違わなければ十分な効果が発揮できますな。と間違わないでほしいのが俺はピカール使いましたが何かしらコンパウンドのようなものをつけないと磨けません。フェルトだけでやったところで素材が熱くなるだけです。適してたコンパンドは固形のもの。まぁ青棒とか白棒とかありますがあれ買いましょう。ピカールでも悪くないんだが液体なんで回すと飛び散るのよね。いくら丁寧にやっても微妙に飛び散る。飛び散ってもいいならいいですけど室内だとロクなことにならんのでお勧めしません。

俺みたいに数百回転とか1000回転くらいじゃ意味ねーだろって思う人もいるでしょうが、インパクトドライバーをゆるく握った数百回転でも人力でやる数百倍楽ですし早いですし仕上がりもキレイ。
個人レベルで小物というならこれで本当十分。危なくないしね。かな〜り小さいものってことじゃないなら新規でリューター買うよりインパクトとこれ買ったほうがいいような気さえします。
インパクトなどが手元にもうあるというならこれ買えばいいってね。そういうことでおすすめというかこんなんでも仕上げの磨きだけに使うってんなら十分すぎですので試したいって人はどうぞ。
201611